アニメっぽいモーションブラー(ジャギーブラー)のやり方【3DCG(Blender)で日本のアニメ的な表現をする方法まとめ】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

アニメっぽいモーションブラー(ジャギーブラー)のやり方【3DCG(Blender)で日本のアニメ的な表現をする方法まとめ】

2014-04-03 20:00
  • 4
アニメっぽいモーションブラー(ジャギーブラー)とは下の動画のように、動きの途中をぐにゃっと曲げた表現のことです。



ワープを使って表現しています。今回はこのブラーのやり方を紹介します。


【追加 > メッシュ > 立方体】から立方体オブジェクトを追加します。
これにモーションブラーをかけます。


振り子のように回転させるため、メッシュを原点より上の方に移動させます。


ワープに設定するためのエンプティを2つ作ります。


ワープモディファイアを追加し、エンプティを設定します。


ワープにテクスチャを設定します。ここでは細かいサイズのクラウドを設定しています。
このテクスチャで歪み具合が決まります。


このままでも結構いい感じで歪んでくれるのですが、ポリゴン数が少ないのでざっくりとした歪み方になっています。


ワープモディファイア細分割曲面で囲むと複雑な変形をしてくれるようになります。


アニメーションを作ります。
まず[Ctrl+P]でエンプティ2つを立方体の子にします。


立方体を動かして、振り子のようなアニメーションを作ります。


エンプティ2つのアクションをベイクします。「親子関係をクリア」「ビジュアルキーイング」にチェックを入れてください。


ドープシートなどを使ってエンプティのアニメーションを少しずらします。このずらした分だけ歪みます。


これでアニメっぽいモーションブラー(ジャギーブラー)は完成です。


広告
×
ワープってこういう使い方もあるんですね!遅れて動かすならオブジェクトのスローペアレントでもいけそうです。
79ヶ月前
×
>>1
スローペアレント!!
そうだそれがありました。なんかもっといい方法があったような気がしてモヤモヤしてました。
情報ありがとうございます。
79ヶ月前
×
どうも過去の記事の表示がバグってるみたいなんですがどうにかならないでしょうか?
47ヶ月前
×
画像が消えているようです
39ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。