簡単に写真合成ができるアドオン「BLAM - the camera calibration toolkit」【Blenderの便利なアドオンを超簡単に紹介】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

簡単に写真合成ができるアドオン「BLAM - the camera calibration toolkit」【Blenderの便利なアドオンを超簡単に紹介】

2014-04-24 22:25
    「BLAM - the camera calibration toolkit」というアドオンを紹介します。
    グリースペンシルの情報を元に消失点と視野角を自動的にセットしてくれるアドオンです。
    リンクした動画の内容を見れば使い方は分かるのですが、ここにも簡単にまとめておきます。

    まず動画クリップエディターに画面を変更します。


    画像を読み込みます。ドラックして読み込むのが一番簡単でしょう。


    グリースペンシルを2つ設定します。ここでは赤と青を設定しました。


    画像を元にグリースペンシルで縦と横に線を書いていきます。
    [Ctrl+D]キーで直線が引けます。


    画面左側のプロパティの「Line set 2・・・」という設定を「z axis」に変え、
    「Calibrate active camera」を押しますこれでカメラが設定されます。


    3Dviewに戻るとカメラが設定されています。
    背景に画像を設定しレンダリングすれば、写真と3DCGモデルを合成することができます。





    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。