インバースキネマティクス(IK) その2 とおまけ【Blenderの便利な機能を超簡単に紹介】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

インバースキネマティクス(IK) その2 とおまけ【Blenderの便利な機能を超簡単に紹介】

2014-05-04 21:22
  • 3
前回の続きです。

何も考えずIKを設定するとこのように肩などの関節が曲がりすぎてしまいます。
今回は曲がりすぎないようにする方法を紹介します。


曲がってほしくないボーンを右クリックで選択後、【ボーンタブ > インバースキネマティクス(IK) > 制限】にチェックを入れることで不自然に曲がることはなくなります。


制限する角度は設定できます。可動範囲が赤と青のラインで出てくるので、簡単に設定できます。


「Copy Attributes Menu」を使用すると、設定した角度を他のボーンにコピーすることができます。左肩を設定した後、右肩に同じ設定をコピーしたい場合などに便利です。


関係ないのですが、私がアニメーションの実験としてよく使うモデルの髪型をちょっと変えてみました。


自然に動く髪の毛の実験をしている最中です。
実験結果をニコニコ静画に上げてみました。再生を押すと自然に動く感じがわかると思います。そのうちこれも記事にします。

広告
×
らせんさん、こんにちは。
いつもこのブログにお世話になっている初心者モデラーです。
私は今、モデルの肩のに苦戦しています。インバースキネマティクスで制限にチェックをいれても、依然あらぬところまで曲がります。可動範囲の赤と青の線も出てきません。そもそも”インバースキネマティクス”という項目自体がボーンを選択しても文字が灰色のままで、使えないようなのです。もう何日もここでつまずいてます。どうしたらいいのでしょう?
49ヶ月前
×
>>1
灰色になっているということは、ボーンコンストレイントのインバースキネマティクスを
設定していないという事じゃないでしょうか。
これの一つ前の記事に方法を書いた記憶があります。
http://ch.nicovideo.jp/Arasen/blomaga/ar521403
49ヶ月前
×
>>2
ありがとうございます!さっそくみてきます!
49ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。