クロス縫合スプリングの使い方【Blenderの便利な機能を超簡単に紹介】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

クロス縫合スプリングの使い方【Blenderの便利な機能を超簡単に紹介】

2014-10-20 21:37
  • 2
クロス縫合スプリングは、型紙から服等を作る機能です。
メッシュ同士を縫い合わせたように、接続してくれます。


使い方を説明するためオブジェクトを用意します。
【追加 > メッシュ > グリッド】からグリッドを呼び出し、
[Shift+D]キーでメッシュを複製します。


【物理演算タブ > クロス】でクロスシミュレーションをセットします。


【接続部分を選択 > [Ctrl+E]キー > 辺ループのブリッジ】で面を作った後、
【[X]キー > 面だけ】で辺で接続部分を繋ぎます。


接続部分に頂点グループをセットし、
【物理演算タブ > クロス縫合スプリング】にチェックを入れ、
【クロス縫合スプリング > 収縮】に頂点グループを設定します。
再生させると、繋がります。
頂点グループを設定しないと、面のない辺全てが縫合されます。


頂点グループを設定し、【物理演算タブ > ピン止め】にチェックを入れると、
その部分が固定されます。

広告
×
おお!
Blenderにこんな機能があったとは知らなかった
これなら、洋服作りが捗りそう!
勉強になりました。GJ!
55ヶ月前
×
>>1
コメントありがとうございます。
洋服作りなら、マーベラスデザイナーというソフトを使ったほうが楽かもしれません。
お金に余裕があればですが。
55ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。