Blender2.74の新機能でちょっと遊んでみる【ちょっとしたメモ】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Blender2.74の新機能でちょっと遊んでみる【ちょっとしたメモ】

2015-03-22 23:27
    Blender 2.74のRC版が公開され始めたので、新しい機能でちょっと遊んでいます。
    カスタム法線については前回説明したので、それ以外で気になったものを試してみます。

    まず3DView上でSSAOという画面効果が使えるようになりました。
    アンビエントオクルージョンは昔からありましたが、あくまでレンダリング後の効果なので
    レンダリングしてみるまで、どんな感じかわかりませんでした。
    SSAOを使えば、正確ではないが大体どうなるかがわかります。


    こういう草むらのような、板ポリオブジェクトにも使えます。


    被写界深度も使えるようになってます。
    カメラの被写界深度と同じ設定を使います。


    パーティクルヘアーをオブジェクトを使って切れるようになりました。
    【パーティクル編集 > 形状オブジェクト】にオブジェクトをセットして
    シェイプカットを押すと髪の毛が切れます。


    Nゴンの多角形ポリゴンを三角形ポリゴンに分割してくれます。
    【編集モード > 選択 >メッシュ > クリーンアップ > 非平面を分割】で分割します。


    パーティクルヘアーの子の効果に、らせんという設定が加わっています。
    設定すると毛先が丸まった毛になります。



    テクスチャペイントで、凹んでいるところだけを塗れるようになりました。
    逆に設定すると、凹んでないところ以外を塗ることもできます。


    プラモデルのスミ入れのようなことをして、ディティール感をアップさせる事ができます。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。