アニメっぽい炎の描き方 その2【3DCG(Blender)で日本のアニメ的な表現をする方法まとめ】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

アニメっぽい炎の描き方 その2【3DCG(Blender)で日本のアニメ的な表現をする方法まとめ】

2015-10-01 20:10
    前回の記事の続きですが、PCのハードディスクが壊れてしまい、
    バックアップしていない最近のファイルが消えてしまいました。
    新しく作ったものなので、前回のものとちょっと違います。


    最初にパーティクルのマテリアルを設定します。新規に作成した後、「陰影なし」なしにチェックを入れ、ディフューズの色を白にします。


    【ワールド > 水平色】を黒にします。


    レンダリングすると、こんな画像が出来上がります。
    これを加工して炎らしくしています。


    画面をノードエディターに変更し、ノードを使用にチェックを入れます。


    ぼかしノードを追加し、レンダーレイヤーとコンポジットの間に設定します。
    値は[X:14,Y:7]に設定します。



    ぼかしの後に拡張/侵食ノードを設定します。
    モードをフェザーに変更し、距離を-46に変更します。



    侵食の後にカラーランプを設定し、「一定」に設定を変更します。
    黄色と赤を設定します。こうするだけで炎っぽく見えてきます。



    輪郭線を設定したい場合は、赤の左にさらに黒を追加し、その左を白にします。



    背景を透明にしたい場合は、白のアルファ値を下げます。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。