プレイステーションの、やるドラを久々にプレイとPS4 Proの2TB 11/21発売
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

プレイステーションの、やるドラを久々にプレイとPS4 Proの2TB 11/21発売

2018-11-01 20:12
    PS1のやるドラ4作品を配信でプレイしています。


    このやるドラシリーズは各季節が存在してまして
    あえて発売順に書きますが
     ダブルキャスト 
    春 季節を抱きしめて 
    秋 サンパギータ
    冬 雪割りの花
    となっております。
    なぜ、夏春秋冬なのかと言うと、あくまでも憶測ですが、
    シリーズとして売り出すならば最初の作品を「ダブルキャスト」にしたほうが
    プレイヤーに与えるインパクトが大きいと思うんですよね。
    ただ、作品としては季節を抱きしめてのほうが良く出来ていると思います。

    ダブルキャスト



    大学生の青年が記憶喪失の女性と会い、出会ったその日から同居する。
    青年が所属している映画研究部の作品に、その女性が主演として参加するようになるが
    次々と事件が起こっていくというストーリー
    ハッとする展開が多く作品に引き込まれます。





    主人公が通う大学の帰り道、倒れている記憶喪失のJKと出会い、
    記憶を取り戻す手伝いをするストーリー。
    あ、落武者はあまりストーリーに絡みません。
    ちなみに、拙者は「季節を抱きしめて」は初見プレイでして
    あまりギャルゲーは好きではないので、絵だけで判断し敬遠してたんですね。
    プレイしたら予想以上に話は面白く、幼馴染の女の子のENDを目指していたのですが、
    そっちかよ!というビックリするような展開もありました。

    全作品、記憶喪失の女性が登場するという設定なんですかね?

    どの作品も3回目からはヒントが出るのでGOODENDへ確実に行けますが、
    各作品エンディングは20種類以上ありますので、
    GOODENDもいくつかのGOODENDの中の1つという扱いになります。
    普通にプレイしてしまうと1~2時間で終わってしまいますが、
    他のエンディングが気になって何回かプレイしてしまいますね。

    次は放送で「サンパギータ」をプレイします。
    サンパギータはやったような記憶がありますが、覚えていません。
    【ゲーム実況&競馬放送】co3720571

    話は全く変わりますが、
    先日新価格版が発売になったPS4 Proの2TBモデルが今日発表されました。
    PlayStation BLOG

    価格は税別で44.980円ですから、1TBと3500円しか価格差がありませんね。
    SSD化しないのであれば2TB買った方が良いですね。
    ただ、お金に余裕があるのならば絶対にSSD化した方が良いので1TBで良いと思います。

    それはそうと、新型の排気音をレビューやブログに書いている人が居ないんですよ。
    旧型と比べて
    どうなのか個人的に超知りたいです。


    ツイッター: とうらん @sakaigawatwitch




    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。