けものフレンズ3 ~1周年を迎えて~
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

けものフレンズ3 ~1周年を迎えて~

2020-09-24 02:48
  • 2
初めての方は初めまして!けもフレ3隊長では「焔のミドラーシュ」と言いますです。
本日はけものフレンズ3の1周年特別ストーリーの小説を見ていただきありがとうございます!今話は妄想垂れ流しでお送りしたいと思います。けもフレ3のメインストーリー見てない人にも伝わる隊長さんの脳内妄想を垂れ流していこうと思ってますので、ネタバレは無いのでけもフレ3のメインストーリーや、サブストーリーが気になる方はDMMゲームやけものフレンズ3(アプリ版)よりしっかりとご確認ください、では焔のミドラーシュが考える、1周年記念ストーリー!始まります!!!
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
      ――――――――――――――――――――――――――――――
          ――――――――――――――――――――――
探検隊駐屯所
焔のミドラーシュ「集合!!!みんなぁ!探検隊活動記録がついに一周年だよ!」
僕の名前は焔のミドラーシュ。みんなからは流星って呼ばれてる。なんでだろう。まぁいいか。そうそう、ついにセントラルから通達がさっき会ったんだ、それは活動実績が1年を迎えることができたって事らしい。まぁ僕は3か月前に赴任したばっかりだから1周年っていう実感はないんだけど、そんなこと言ったらミライさんに「何言ってんの!」って言われそうだから黙っておこうって考えたんだ。
ドール『わぁい!すごいですぅ!!ターイチョウサーン!!!こっちでっすっよー!!!』
向こうでドールちゃんが喋っている。あ、向こうに集合のようだ。
焔のミドラーシュ「うぅん!!すぐ行く!さぁ、誰の部屋から行こうかな。」
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃       scene select!!           ┃
┃→ほかのフレンズのところに行ってみる。     ┃
┃→このまま一人で閉じこもる。          ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
さぁ、どれにしようかな。先ずは呼ばれたところから行ってみますか。
焔のミドラーシュ「あ、ドールちゃんにミーアさん、マイルカちゃん、お待たせ、うわぁ、フォト一杯広げて何見てるの??」
僕はまずドールちゃんたちの声のした方に集まる。そこにはフォトを机の上に大量に並べてみてるドールちゃんたちがいた。
ドール『隊長さん!みてください、このフォト!懐かしいですね!はなまるフレンズ!あのライブ、楽しかったですね!また一緒に歌いたいです!』
ミーア『ほんと、ですわね。私たちのフォトもいっぱい集まりました、この1年、もとい3か月の活動実績は目覚ましいものですわね。あ、このフォト、初めてドールが隊長さんと撮ろうとして失敗したやつでしたわね。』
ドール『むぅ、ミーア先生だって!この前のお料理教室では失敗してたじゃないですか!にんじんはそのまま突っ込むだけだし!隊長さんに聞いて恥ずかしかったんですからね!』
ミーア『其れは言わない約束ですわ!』
ドール『だったら私のも言わないでください!』
ドールちゃんとミーア先生はガミガミと言い合っている、完全に入るタイミングを失ってしまった。僕はとりあえずマイルカちゃんに話しかけてみるとしよう。
焔のミドラーシュ「マイルカちゃんは懐かしいなって思うのどれかな??教えて?」
僕はマイルカちゃんの隣に立って覗き込んでみる。
マイルカ『このマイルカの楽園のフォト、懐かしいなぁって思って!!見て見て!私たちが超音波で話しながら泳いでるの!このフォトを見てるとね、隊長に出会わないっていう選択もあったのかなって思うの。でも私たちは出会った、セルリアンを倒すっていう同じ目標を見つけて、出会わずに過ごしてたらどうなってたのかなって、不安になるんだけど、どんなに出会い続けない選択をし続けたとしても、私は最終的には探検隊に入ってたのかなって。思うな、隊長さんはどう?私たちと出会ってよかったって思ってくれてるのかな??』
マイルカちゃんは少し小難しい話で僕に聞いてくる。そのまなざしは真剣で、はぐらかす理由はなかった。しっかり伝えないとね。
焔のミドラーシュ「もちろん、仮に君が海の中で過ごし続けたとしてもきっと海の中のセルリアンを倒すために僕たちは君の力を借りたと思う。遅くなったとしても海底火山をどうにかしたいって、君の力を借りたかもしれない。僕一人の力ではこのセルリアンたちをどうすることもできないから、結局は、君の力が必要だって、力を貸してほしいって、僕の方から頼みに行ったと思う。いや、きっと僕のことだから泳いででもマイルカちゃんの力を貸してって言いに行ったはずだよ。」
僕はしっかりと目を見てお話をする。
マイルカ『そっか、そうだよね。もし仮にの世界があったとしても結局は私たちの道は、何れ交わるものなのかもしれないね。ありがとう!隊長さん!これからも、どうか、私たちのこと、よろしくお願いね!』
マイルカちゃんは少し涙をためながら言ってくる。この涙は前に向かうための涙だ、しっかりしないとね。
ドール『私も、隊長さんと!一緒に探検隊を始められてよかったから!これからも、どうか、よろしくお願いします!』
ミーア『みんなしっかり言えたのではなまる三つです!、隊長?私のことも、しっかり覚えておいてくださいね!』
ドール・ミーア・マイルカ『隊長さん!1周年!おめでとうございます!!!』


広告
×
こんにちは 今までのエピソードやフォトをうまく絡めてあって読んでて楽しかったです。 他の分岐も見てみたいなぁ。
4週間前
×
今鋭意作成中なので今日中には全部アップできるように頑張りますねw
4週間前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。