本当に忍者ブームなのか?
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

本当に忍者ブームなのか?

2016-05-18 10:13
    【久々の投稿です】
     約3か月ぶりに再開します。
     この間、調査依頼やコンテンツ制作、先日起こった地震などの影響でこっちに取られる時間がありませんでした。
     地震の影響で大きなところでは熊本・大分。九州で考えても建物の崩壊は無かったところでも経済的な打撃が大きい状況です。
     まぁ、しばらくはこの打撃からの速やかな回復が図れる様、研究した忍術を元にWalker plusでの情報発信や組織間の情報交換のお手伝いなどに時間を割く状況が続くと思います。


    【『忍者の歴史』が発刊されました】
     先日、忍者学の第1人者である三重大学の山田雄司先生による『忍者の歴史』が発刊されました。
     まだ途中までしか読んでいないのですが、忍者を観光や地域振興に取り入れようと考えている方には必携の書となっています。

     とかく眉唾物の情報が多い忍者界隈。歴史認識が滅茶苦茶になっているところや、内容が幼稚でもう保母さん主体でやらせてターゲットを幼児に据えた方が良いのでは?と思えるところがあります。
     
     この本はしっかりとした歴史認識に基づき、学問的分野として忍びの歴史・文化を解説しています。
     本来するべきであった忍者振興の方向性が示された本と言って良いかもしれません。
     南九州に関しても、鹿児島県から年2冊のペースで出ている鹿児島県史料集を元に紹介されているエピソードもあります。
     この本で紹介される歴史・文化の見方が全国に普及してれば、忍者文化がもっと知的で高等な文化として一般に迎え入れられてたかもしれませんね。


    【もう少し教養のある文化にならないものか?】
     少し前の話になるのですが、「くのいち」の語源で「女」という字を崩したところからではなく、「穴が男性よりひとつ多いから」という説が本当だとする話が最もらしく語られている時期がありました。
     万川集海にあたれば「くのいち」に対する「たぢから(田+力)」の話が出てくるので、その説の信憑性は薄いと判ります。
     忍者関連に関わる方の多くが「基礎となる書物から学んでいない」事と、「他の方が知らない知識を好むという風潮」がある為、未だに眉唾な文化として捉えられる事が多いのではと考えます。

     少し前、忍者の本場で出版業をしている方と話をする機会があったのですが、開口一番「学者の話って面白くないじゃないですか!」と言われたのには驚きました。
     その話を一般の方にも楽しく読んで貰う工夫を考えるのが編集の仕事だと思うのですが、完全に投げてしまっているんですよね。
     
     忍者文化はもっと工夫をすれば(今まで光の当たらなかった歴史や文化にスポットを当てる手段になり得る)高等な教養として全国的な拡がり作る事が可能ですし、自然科学の分野にも良い影響を与えられると思います。
     
     こちらとしても、もっと高度な文化内容を発表したくても一般の印象が低い為、新しいくくりを作って発表した方が良いのかな?と考えているところでもあります。


    【本当は忍者ブームでは無いでしょ?】
     観光系の方々が勘違いしているのは「忍者ブームが来ている」と考えている事。
     実際忍者イベントをやって成功しているところは全国でどれくらいあるでしょう?
     本当に人気があるのは勘違いの元になっているアニメやゲームなどの人気であり、忍者ブームとは言えないのではないでしょうか?
     ですから、忍者イベントを開催するよりはそのアニメやゲームなどの企画展類を行った方が集客が出てきます。

     状況把握がしっかりしていないと無駄な時間と予算を取られがちです。
     本当に人気があるのは何なのか?本当の歴史・文化はどれなのか?これから向かわなければならない方向性はどちらなのか?という事をしっかりと見極めた上で行動をしていく必要があるのではないでしょうか?


     
     
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。