くのいちの語源を考える その2(捏造された望月千代女像)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

くのいちの語源を考える その2(捏造された望月千代女像)

2015-01-18 22:17
    先日、2014年度三重大学伊賀連携フィールド「忍者・忍術学講座」の講義として吉丸雄哉先生による講演が行われました。
    タイトルは「くのいちとは何か」

    https://www.youtube.com/watch?v=2hQ1kC0UrbY

    その中で、くのいちとは元は「女」を表す隠語であり、万川集海では女の忍者を指すものではなく女性を使う忍術として紹介されていると説明がありました。

    なお歴史上の女忍者として伝えられる望月千代女にも言及。
    巫女頭としての伝承は正しいが、忍者としての伝承については最近作られた全くの捏造であるという事を解説をしております。

    忍者の歴史に関しては鵜呑みにせず、必ず証拠となる資料を確かめる事が重要ですね。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。