甑島で忍術を伝える古武術『鞍馬楊心流』
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

甑島で忍術を伝える古武術『鞍馬楊心流』

2015-03-20 22:54
    2015年3月10日。甑島が国定公園に認定された。
    甑島が国定公園に指定されたので…(Walkerplusより)

    天正 12 年( 1585 年)まで上甑島の島地頭だった塩田家。
    1780年に上甑・里の塩田甚太夫が鞍馬楊心流を島に伝え、全盛期には甑島を中心として今の鹿児島・熊本・長崎に支部があった模様。
    いろんな話が残っているが、県外で言えば長崎西彼杵郡の昔話「たんたん岩の杢太郎」に流派が語られている。

    5代目の時にお家騒動があり、現在は鹿児島市にある分家と甑島にある本家が存在している。

    歴史や伝統・情報量では本家だが、鹿児島の古武道関係者の話では技の上手さでは分家が勝っているという。
    甑島の方では文化保存の為に若い層が訓練をしているので、これからの頑張り次第では本家が盛り返す可能性があるだろう。

    本家の所在地については次の記事を見ていただきたい。
    忍者伝説!古武道宗家がもてなす民宿!(Walkerplus)

    さて、この鞍馬楊心流については幕末に面白いエピソードがある。
    甑島で生活をしていた当時の塩田宗家。
    内陸部から来た役人達の態度が悪い為、闇討ちで役人達を海に投げ込んだところ、藩の応援部隊により捕えられ奄美大島へ送られるという事件が起こった。

    この時ちょうど西郷隆盛も島流しにされており、愛加那との結婚時は仲人を務めたという話がある様だ。

    鞍馬楊心流の柔についてはノックアウト強盗的な技法も多く、忍術と組み合わせれば一人で多くの人間に対処する事も可能であろう。

    初期の鹿児島県警逮捕術では鞍馬楊心流の技法が一部採用されていたという話もある。

    毎年六月くらいに鹿児島県古武道大会があり、分家が欠かさず演武しているので、興味のある方はご覧になってはいかがだろうか?

    今年9月下旬までJR九州がお得なチケットを販売している。
    JR九州から甑島へ行くお得な切符ができました!!


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。