ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

クッキングBOOP!!過去ログ倉庫10月号
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

クッキングBOOP!!過去ログ倉庫10月号

2013-11-21 23:00
  • 34
気まぐれ更新の料理関連ブログhttp://ch.nicovideo.jp/BOOP/blomaga/ar377827の過去ログ。
日付を文頭に上部ほど新しい投稿で更新していきます。再更新日以前のものはべつのブロマガへ移動させました。
9月号http://ch.nicovideo.jp/BOOP/blomaga/ar361154
旧10月号http://ch.nicovideo.jp/BOOP/blomaga/ar364950
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2013/11/21 不具合テストのための再公開

2013/10/31
牡蠣でいつアタリを引くかトライする第3弾

前回基本的な酢牡蠣とかポン酢、レモンとかを主として食ったわけだが、結局一番美味いと感じたのがクレイジーソルトの単使用ということで、今回はクレソルで下味をつけたすでに一番美味い状態のものにいろいろ変化を持たせてみようと考えた。

四角い器の赤い液体は桃屋のキムチの素。こんな感じでいろいろと試し食いした。当然どれも相当美味かった訳だが、一番美味かったものがコレ。

パルメザンチーズに青じそドレッシング。ちなみに既製品のイカリ・野菜のドレス青じそノンオイルを使用した。他社のでも問題ないだろうし自家製があればもっといいねぇ。

パルメザンチーズが意外とショッパイので塩分がやや気になるが、ポン酢よりは減塩できてるような気もする。

次に美味かったのがマヨネーズ。

マヨラーとか味覚オンチとか言われそうなのでマヨはなぁと思ったが、普通に美味い。自家製マヨとかならもっといい感じになると思う。
ちなみに飲み物はお手軽スクリュードライバー。

2013/10/30
エンガワを小粋な感じでセルクル仕立て

エンガワとオクラを和え、みじん切りのサラダの上にのせパルメザンチーズを振りまいた。

エンガワ丼

セルクル仕立てに使用したエンガワとオクラの和え物とちりめんじゃこと白菜の浅漬けにキムチの素でパンチを利かせた和え物をご飯に乗っけた。全体の融合を図るためにウズラの卵をトッピング。

桃屋のキムチの素は、味気ないと感じるときにほんの一垂らしするだけで全てがニンニクキムチ風味になる魔法の調味料。ラーメンやTKGなんかに使うと病み付きになるほどの中毒性を持つので、真似するなら心してかかるべし。
昔俺はガキの頃、水戸黄門で「ちりめん問屋の隠居で三ツ衛門と申します」という台詞を聞いて、シラスとかちりめんじゃこを採る網元か乾物を扱う店の隠居だと思っていた。布でちりめんと呼ばれるものがあるのも知っていたが、絹だと知ったのは随分と成長したころ。なんせチリメンというくらいだから綿だと勝手に思い込んでいた。いまでも絹製品を見るとそのことを思い出す。

お刺身 鰤と平目と蛸


2013/10/29
ちりめんラーメン

意外と合うもんだ。カルシウムも採れる。

刺身

カツオのタタキとタコとヒラメの縁側。ちょっとしたツテからヒラメをお裾分けしていただいた。久々に縁側食ったような気がする。安い寿司屋とかだと海外のお化けみたいなカレイやエイから縁側を採ってエンガワとしてネタで出てる。これで相当でかい部類に入る。ちょうどすしネタにいいサイズくらいの幅しか国産なら安定して供給できない。エンガワ食うと少年のころならニキビブツブツになりそうなくらい油っぽいよな。これくらいが限界だ。てか実際2切れでよかった。エンガワは海洋性コラーゲンを多く含有しており、美容食品でもある。にきび予防と美容は表裏一体で補充しても不潔にしてるとにきびになるってことなのかな。


から揚げもついでにアップ

2013/10/28
鱈のソテー2種類
オリーブオイルとフレッシュバジルソース

とろけるスライスチーズとフレッシュバジルポン酢

チーズはマンネリ化した雰囲気を打破してくれるな。バジルだけでも破壊力そこそこあるのに焼き魚を見直した。今回は2つともフライパンで焼いたが、グリル使っても多少油っ気が消えるくらいで同じような仕上がりかと思う。グリル使わなかった理由は洗うのがフライパンが楽だからというシンプルな理由。タラといえば、意外と獰猛で四六時中餌を食い散らかしているらしい。釣れたて獲れたてのものの腹をかっさばくといろんな生き物や生き物以外にも石ころとかまで入ってるとか。そこから「タラフク(鱈腹)食う」とか言うようになったという今すぐ使えるキャバクラトーク。



2013/10/27
ムロアジが2匹で200円だったので、

一匹は開いて塩焼きにしようか悩んだが全部卸した。

盛り付ける。新鮮さが透き通りそうな身からわかる。

一人じゃ食いきれないのでお裾分け用に別途盛り付け

アラも味噌汁用の出汁取りもかねてちゃんと調理。

ムロアジはマアジに比べて柔らかくどちらかというと安い魚である。だが200円は無いだろう。安すぎじゃないか。買うかどうか悩んだ理由は2匹もいらないって点。親父が肴にでも食うだろうと思ったが、それでも2匹はいらん。
アジって普通寿司や刺身で食うとき生姜で食うよな。でも俺は基本ワサビで食べる。これだけたくさんあると後半は生姜にするときもある。それは秋刀魚やイワシでも同じだし、カツオのタタキもワサビかニンニク、ポン酢です。寿司屋でほぼ確実に食うアジもワサビで!と注文する。生臭い感じや独特の軽い苦味を生姜のほうが消すからなんだろうけど、生姜の土くさい感じが生魚臭い感じと相まってワサビ醤油と比べると美味く感じない。生姜が嫌いなわけではなく、冷奴には生姜だし鳥刺だって生姜醤油で食うことも多い。そういや昔からそうだったのか?と疑問に思ってググッたりしてみたが、江戸前では、昔はアジも酢で〆てたらしいので鯵の寿司の切れ込みをいれてちょこんと乗った生姜は最近のものなのかもしれないし、一部の地域でしか行われていなくてそれが広まったのかもしれない。冷凍冷蔵や運送の技術がここ20年くらいで大きく進歩したことによるんじゃないか?以前も書いたことあるけれど私がガキの頃には、生の秋刀魚や生の鮭、ましてや生筋子なんて売ってるところ見たこと無かったし、納豆だって店で見たこと無かった。新巻鮭やイクラは見たことあるけど秋の風物詩・庶民の味・秋刀魚って実感したのは20代の頃住んでた街のスーパーで1匹50円で売ってたの見たときだ。


2013/10/26
家にあったものを適当にぶち込んだ鍋

火を通して食いましょう!というアドバイスから今回はあったかい牡蠣

牡蠣以外は非常に貧相な鍋であるが鶏肉と鮭も入ってる。私はカセットコンロに火をかけっぱなしで食う鍋が嫌いである。全部を食べごろにして食いきってから追加の具を入れる。もちろん会食なんかで他人と食うときは、鍋奉行さんに任せているが忘れ去られて煮詰まった具が嫌いで一人だと一食分を丁度よく火を通して食う快感に酔ってしまう。とくに牡蠣とかカニ、マロニーとか入ってると煮詰めるたびに鍋がどんどんまずくなっていく感じすらする。
そういえば、ちょうど俺の競馬暦と同じくらい愛用している鍋が見当たらない。未開封の荷物の中にあるはずなんだが、無くても問題ないがなんとなく落ち着かないものだな。今回使用してる鍋は使用前にちょっと躊躇するくらい小汚かった。怪我した腕でなんとか綺麗にしたが、口にする用具は、血がつながっているとは言え、他人の使用感のあるものは非常に使い辛いものである。愛用の鍋が見つかり次第こっそり捨てておこう。断って捨てるといろいろトラブルの元である。

鍋の副産物もしっかり味わう。20代のころまで雑炊とかオジヤとかいったものが大嫌いだった。今でも正直自分で作ったもの以外は嫌いである。

2013/10/25
ボンゴレビアンコ風スパゲティ

残りは酒蒸しに

鳥刺もイタリアン風味で。

ボンゴレが2枚貝、ビアンコが白という意味らしい。ボンゴレロッソというのはトマトソースを使った赤という意味になる。まぁ気取って言わなくてもアサリのペペロンチーニでなんら問題ないと思うけどね。熱々じゃないと結構味が薄くなっていく傾向がスパゲティの場合多いので、おいしく作るコツは皿を暖めておくというか熱湯に浸しとくくらいでちょうどいい。
あとアサリの貝柱を取れやすくする方法として、ボウルやザルに入れて1分間ほどグルグルとまわし洗いする感じで貝同士をこすり合わせてやって直後に加熱してやるとほぼ全部の貝柱が綺麗に取れる。ただし大人の男の力でやると簡単に殻が割れてしまうので力任せにやっては大変なことになる。



2013/10/24
スペック零を見ながら牡蠣祭り!
梅酢バージョン

バジリコ酢&オリーブオイルのイタリーバージョン

左レモンのみ 中バジリコ酢とネギ 右七味とヨーグルト

スペック零を堪能するために奮発していろいろな味を用意した。写真を撮り忘れたが、醤油バージョンとクレイジーソルトバージョン、パルメザンチーズバージョンも作った。が結局一番美味いと思ってしまったのがクレイジーソルトだった。一番イケてない味がヨーグルト。梅酢とレモンとバジリコ酢が同率2位。ヨーグルトよりは美味かったのが醤油とパルメザン。今後は、クレイジーソルト越えの味を追及していくこととしよう。大根がもう少し安いと使うんだが今大根むちゃくちゃ高いんだよな。

牡蠣は亜鉛を最も多く含む食材で、古くから精力つく食い物として有名。夕食に牡蠣とか出ると奥さんがやる気満々のサインだったりする。YES?NO?枕でYES間違いない。亜鉛摂取による精力増強について実は関係ないということを唱える説も多いのだが、精液の成分に亜鉛が多く含まれており、亜鉛を過剰摂取すると量の違いが分かるくらいの変化があることは経験済み。100円均一の売り場にある亜鉛とマカは、夕方にはいつも売切れになるくらい売れている。そんなサプリ使わなくてもビール酵母を買えば亜鉛たっぷり補給可能。エビオス錠なんてのが有名。アサヒビールがビール作るときの副産物で出来たもの。仲村トオルのCMで最近深夜には見かけることもあるアレ。
てかこれ。
これと強力わかもとを一時期常用してた時期があったが、モーニングスタンドアップが激しかった。副作用で爪や髪や髭が伸びるのがやたらと早いがな。最近元気ない旦那のいる奥様には、料理にビール酵母を多用することをオススメする。

バジリコソース作りの模様


上写真の量をここまで擂り卸すのに12分もかかるんだぜ。

SPEC零面白かったなぁ。絶対映画は見に行く。戸田の怪演で当麻役は本当にハマリ役だと思う。ジョジョもHEROSも大好きな俺は意味不明な堤演出も気にならない。今日のツボはマヤマが殉職してたことを知ってしまったことと南野陽子。


2013/10/23
SPEC零が待ち遠しい・・・

次世代親子丼リベンジ!

前回とは異なり、焼き鳥と即席タルタルソース。一応見栄えよく味噌汁を添えて。

今回の即席タルタルソースは、ゆで卵をおろし金で擦り卸し、ネギの青いところの小口切りとマヨネーズ・カラシで混ぜたもの。多少塩・胡椒も効かしてる。初めておろし金で擦り卸したが、以前にクックパット見てておろし金でタルタルソース作るっていうレシピみてそのうちやってみようと思ってた。「チューボーですよ」でもハマカーンゲストのチキン南蛮で同じ行程が紹介されていたが、俺はこの回を残念ながら見ていない。過去レシピ見ていて気がついた。
参考URL http://www.tbs.co.jp/chubaw/archives/20130615_recipe.html

おどろくほど細かいゆで卵のみじん切りが出来る。さすがに最後のほうは荒いが、卵自体がやわらかいので残った分だけ包丁でたたくなりぎりぎりまで丁寧におろすなりで対応可能。水分さえ徹底的に切っておけば本当に簡単だった。これ水気あったらネチネチとした気色の悪いネルネルネルネみたいなのになっちゃうかもな。通常ならピクルスと玉ねぎを加えるところだが、彩りを考えてネギの青いところを微塵じゃなく小口で入れてみた。微塵にしなかった理由は、まな板の上で微塵切りにしたものを移すのがめんどくさかったから。どっちでもいいと思う。ピクルス代わりに柴漬けもあったのだが、柴漬けはそのまま飾りをかねて乗っけた。

当麻の役は戸田のハマリ役だな。

2013/10/22
今シーズン初物の牡蠣

大2小2の4個で398円もしたが誘惑には勝てなかった。

塩と大根おろしで洗ってレモンとネギで。このでかさはちょっと興奮した。


高まるぅうう!
また明日も買ってしまうかもしれない。牡蠣もガキの頃には何がうまいのかよくわからなかった食い物だったが、酒を飲むようになってから大好きになったなぁ。20代前半に瀬戸内海地方で仕事してたので殻付きの牡蠣をもらうこともよくあったから、これと酒は切り離せない感じで染み付いてしまってる。その20代の頃だったが、とあるサークルの集まりで俺の家で鍋パーティをしたのだが、俺は場所の提供だけで食材には一切関知してなく、そこで持ち込まれた牡蠣(だと思われる)に俺以外の大半があたってしまいシコタマ生でも食ってた俺はなんともなかった。うちでそのメンバーの集まりで鍋とか食ったのはそれが初めてではない。したがって俺が毒をもったようなことは考えにくいとフォローはしておく。多少の免疫みたいなものもあるのかもしれないが、俺はハウスダストに弱いアレルギー体質の虚弱マンでもある。鯖の刺身と一緒で生の牡蠣は一切口にしない人も多いよな。ずいぶんと損をしてると思うが、そういう人は生でシコタマ食べてひどい目にあった人が多い。

そういやSPEC零のテレビ放映がもうすぐだな。楽しみで仕方ない。

2013/10/21
料理関連番組で一番好きな番組は、チューボーですよ。理由は街の巨匠による調理の勘所というかコツを詳細に教えてくれるから。たまに変なスイーツを作る回もあるが、定番料理が多いのも魅力。長寿番組でもあるためか、1年くらいの周期で同じ料理を繰り返し作っていることに気が付く。実際過去レシピとかよく見てみると麻婆豆腐やエビチリ、親子丼やかつおのたたきは何度も出てきている。2番目をあげるとするならば終わってしまったが、どっちの料理ショーかな。アイアンシェフとかビストロスマップも嫌いじゃないが、家庭料理の少人数には不向きだったりすることも多い。分量やレシピを紹介してる番組よりは、作ってる様を重点的に放送して、調理法の勘所を公開してるほうが好きではある。いろいろ参考にはなるし料理番組は積極的に見てるほうかもしれない。

手羽2品


下味つけて焼いただけ。酒にちょっと浸して下は塩等好きなスパイスで、上はさらに醤油をまぶしたもの。女性はちょっと人前ではむしゃぶりつきにくい料理だけどお手軽で安く美味い。クレージーソルトだけで相当美味いものができる。

仕上げの〆のラーメン。半熟卵が横着して剥いて崩れたのは愛敬。

2013/10/20
モッツァネラチーズ攻略


ピータンとの相性は良好、あとはドレッシングというかソースを一工夫するといいかもね。ピータンに一番合うと思うのはカラシ醤油だと思うが、チーズとのコンビネーションはちょっとどうかと思う。今回はバジリコ酢で無難に。

2013/10/19
明け方転んで怪我した。4針も縫うことになった。しばらくハンターもできない。痛みさえ引けば日常生活にはそれほど支障は出ない場所なんだが、まぁ間抜けなことだ。母親には朝っぱらから病院へ運転させて迷惑をかけてしまった。
それでも腹は減る。人生なんて飯食って尻を拭く繰り返しだもんな。
秋刀魚と鮭の刺身


鰤の刺身



最近近所のスーパーでは鰤が安い。近海の巻き網漁とかで大量に取れてるんだろうな。産地はおもに長崎となってるものが多い。

2013/10/18
次世代親子丼

写真がちょっといまいちだったかな。
鳥刺しとゆで卵のみじん切りの親子丼。ご飯が炊きたてでちょっと生の鳥の味が抜けた感じがした。俺の好みのせいかもしれない。私は少しオヒツで冷ましたくらいのご飯のほうが甘みが出て好きだからな。嫌いなものがない状態なので評価が下がらないのは仕方ないが、ちょっと辛めに評価しとく。
星ひとつです!。

マグロの目玉の塩茹

私は魚のアラが大好き。とくに顔。もっと言うなら目玉周辺。マグロのカブト焼きとか居酒屋等で見かけるとつい注文してしまう。


帝葉沙希という新しい美少女キャラを考えた・・・・いや、言ってみただけです。

今回はちょっと事前に手を加えて食いやすくする。

こうすることで鍋やから揚げにしても食いやすくなる。

マグロを塩茹でした残り出汁で煮込む。



2013/10/17
ヤマザキの肉まんを蒸した。

4個入りで198円だった。電子レンジあるやつには重宝しそうな商品だよな。

HUNTER×BOOPhttp://ch.nicovideo.jp/BOOP/blomaga/ar360529で釣った魚。

小さくて可哀想だが、容赦なく裁いてやった。
イサキはミニ船盛に。

ベラはチーズとキュウリ・トマトとともにチーズで巻いてバジリコ酢で。
裁いた後、軽く塩を振って下味をつけたベラの身とともにモッツァネラチーズのスライスとプロセスチーズのスライス2種類で巻いた。どっちも同じくらい旨い。

どっちも旨いぞ。これから容赦なく小さくても持ち帰って調理すると心に決めた。
ただ、ベラは1匹裁くのに手間かかりすぎる。今回4匹裁き終える時間を計ったが、15分かかった。生ゴミも結構出る。そこらへんとの兼ね合いだよな。もう少し大きいベラだと喰い応えがありそうだ。過去にリリースした赤いベラが勿体無かったな。





2013/10/16
規格外の玉子を頂いた。

籠の外にあるのが赤玉子のM~Lサイズとして売られているもの。明らかに形がいびつなものだな。養鶏場で働いてる知り合いから貰ったが、なんかおもしろくてしばらく観賞用になりそうだわ。どれもあの玉子パックに収まりそうにないよな。

2013/10/15
最近この料理ブロマガの閲覧数がこちらがちょっと驚くほど伸びているので、できるだけ見栄えのいい料理をとセルクル仕立てで気取りっ子なものを作ったりしましたが、今回はその第二段。
鮭タルタルセルクル仕立て

前回よりも上出来である。簡単にできるしたくさん作っても他に使えるものばかりで、いろいろ変化させることも可能。出来上がりを考えて黄身と白身を分離させてるが、別に一緒にやってもなんら問題なし。
余った土台でもう一品
鮪タルタルセルクル仕立て

これはネギの小口と少し酢で伸ばしたマヨネーズを加えている。

胃袋に入ってしまえば、こういう手間なんてものは無駄であり、こういう気遣いが隠し味になっておいしくなるという最後に愛は勝つ的な無根拠なことは言いません。確かに見栄えのために彩りよく層を作ってますが、崩れにくくするために、各素材の水分を取る工夫をしているので、加えた味付けがちゃんと残ってて、素材の味もしっかり伝わるようになります。見栄えだけじゃなくちゃんとした理由があるのだなと作ってみて思った。
味?もちろん美味いに決まってるさ。味付けだけで火使ってないし、鮭や鮪とマヨネーズはマッチングいいし。不味くしろというほうが難しい。



2013/10/14
非常食の紹介①ラーメン

小麦粉の高騰で麺類も値上がりしている今日この頃でございますが、私が自宅に常備しているラーメンの紹介をしましょう。基本はマルタイの棒ラーメン屋台九州味です。それ以外に似たような商品で特売価格(89円以下)だったら買い溜めするというのがパターンです。ちなみに右の二つはサンポー食品のとんこつ味2種。マルタイと大差はないと思う。一番左の保存ボトル入りのやつは業務スーパー等で売ってる500g入りだったかの乾麺。替え玉用や冷やし中華作るとき、スープ自家製の時とかに使ってる。カップラーメンに150円くらい払ってしまうくらいなら断然こっちのほうがコスパいいし、フリーズドライや揚げ麺じゃない自然乾燥麺(べつに干して乾燥させてるわけじゃないだろうが)なので麺が袋麺とは段違いである。九州以外では、よく探さないと売ってるところが少ないのが難点ではある。関東では業務スーパー系列と赤札堂、トライアルあたりでは見かけた。ローソン100均にも類似商品あったな。ハナマサには無かった気がする。
最近の調理例①冷やし中華(つけ麺)3品



調理例②とんこつちくわラーメン



2013/10/13
豚の角煮を3日間楽しむ例

初日はオーゾドックスに

2日目は角煮ラーメンに


3日目はおでんで使うようなコンニャク、厚揚げ、竹輪、大根等あるなら是非とも筍をぶち込んで煮物に。
初日の写真と比較すると玉子の色がどんどん濃くなって味がしみてるのがわかるな。コツというか俺のこだわりは、おでんと同じで上品に作るために絶対沸騰させないこと。煮崩れするし練り物の味が抜けて全部同じ味になる。そういう全部同じ味になったものも悪くはないが、ちょいと品のない味になる気がする。沸騰ぎりぎりの温度に保つ裏技として、ホットプレートや炊飯器のような保温機能のある調理器を使う以外に石油ストーブを利用するといい。あれは暖房機であるとともに非常に有能な調理器である。災害や電気会社のトラブルの停電の際でも活躍する。
また、ラーメン以外にも豚の角煮丼とかもたまに。今回角煮丼は割愛。

 基本的な豚の角煮を作れば、あとは惰性でできる俺の定番料理の一つ。私の味付けの特徴として、甘辛く煮詰めるために普通は砂糖を使うのだが、私は蜂蜜と酒だけしか使わない。料理に使うことがないので俺の台所に砂糖は常備されてないしみりんも置いてない。みりん買っても使い切らないで何年も放置されるので、ソース類とともに買うことがない。
 また安い豚バラ肉ほど煮ていくと余分な脂がどんどん出てくる。昔は生姜やニンニクの風味が溶け込んだラードを冷蔵しておいてラーメンやらにいれて隠し味にしていたが、最近は面倒で全部捨ててる。あれシンクに捨てると冬場とかは配管の詰りの原因になったりするんだよな。また、最近のバラ肉は昔ほど脂出ない気がする。
 角煮を作ったときに出るあの汁は、万能隠し味としていろんなものに流用できる。例として、前出のラーメンに代表されるような麺類。そばやうどんの漬け汁に好みでいれると普通のカツオだしに奥行きがでる。炊き込みご飯とかピラフにも使えるし捨ててしまうのは非常にもったいないものである。問題は、似たような味が家庭料理の場合続いてしまい、飽きてしまうこと。冷蔵庫とかに余裕があるなら衛生的にきれいな場所では十日から2週間は普通に持つので、万能調味料的な使い方ができます。使ったものや保存状態に非常にばらつきが出るので、2度と同じ味が再現出来ないという欠点はありますが、家庭料理とはそういうものであると私は思ってます。


2013/10/12
近所のスーパーで安かったので買ってきた。


安い鯛なので塩焼きでさくっと食うのもいいかと思ったけど魚の裁き方を上達したくて刺身にしてしまった。残った分も有効活用したよ。

HUNTER×BOOPhttp://ch.nicovideo.jp/BOOP/blomaga/ar360529でゲットした獲物

小さかったのでこんな風に調理した。
ベラの刺身

新鮮だったのか癖もなく美味かった。数を釣って全部刺身にするのもいいかもしれない。てか好みの味だから裁くのも苦ではないかな。だけどやっぱりメンドクサイな。

とりあえず生とか醤油で味を確かめて、結局バジリコポン酢で、こんな風にして食卓~胃袋へ。

あともうひとつこんなもの【イシガキダイ】をゲットしたので、

まな板の上のイシガキダイ

ちょいとピンボケだが裁いたぜ。

かっ裁いた胃袋から貝が丸ごと出てきた。こいつらが、貝丸呑みしてるのがよくわかる。



こういうのを少しセルクル仕立てにすると洒落てるんだろうが、とりあえずお頭付でアップだ。

決して横着したわけじゃなくアラだけの味を堪能したかったのであえて生姜すら足さずに塩茹でしたのみ。イシダイだったらよく腸も食うとか言われてるが今回はそこまでやらなかった。コノワタを作るみたいな要領で、腸を傷つけないように取り出して洗浄後、軽く茹でるらしい。次回機会があればトライしてみよう。



2013/10/11
セルクル仕立てに挑戦
ちょっとお上品な感じの見栄えのするものが食いたくなったときにトライしたものをアップ。
バジリコぽん酢ソースの仕込み

これを使ってまずは、
サーモンの膾というかマリネ

おお!ちょっと雰囲気出てるな。セルクル(お菓子とか作る底のない筒、型抜き)がないのでアルミホイルで帯作って代用した。
切って漬け込むというか和えるだけなので不味くなるはずない。てかこれもともとサーモンカルパッチョとして売られていたものをリメイクしただけ。だからお野菜も種類が豊富。

こちらはマヨネーズも追加したもの。


赤エビの膾と刺身(バジリコぽん酢)

サーモンのときにやや円柱感が足りなかったので、ちょっとギュウギュウにつめて立ててみた。赤エビのほうが車えびよりもプリプリ感が強くてしかも安いので特売だとたまに買う。でも刺身のほうが美味かった。エビは台所に臭いが残るのであまり扱いたくない。また安い冷凍物は霜焼けになってて見た目もあまり美味そうに見えない。

マアジの膾とタルタルのセルクル仕立て

ちょっと見た目をさらにお上品にしてやろうと作った。慣れないから30分くらいかかった。
下からゆで卵の白身と玉ねぎとマヨネーズ、トマトスライス、黄身とキュウリとマヨネーズ、一番上がアジのバジリコぽん酢膾。

混ぜるとこんな感じ。

自分で食う分には最初からこれにしても問題ないが、ちょっと積み上げてみたかったんです。
マヨネーズとのマッチングを考えたら鮭とかマグロの赤みとか中落ち、カツオとかのほうがあうと思うが、アジでも違和感はそれほどないし、むしろ美味い。しょうが汁とか足してみてもよかったかもしれない。

残ったエビ殻もちゃんと利用

エビの出汁が効いたおいしい味噌汁。



2013/10/10
ホッケのトマトチーズグリエ バジリコポン酢風味 SEASON2

僕の心のベストテンでは、第一位をぶっちぎりだったホットマチー(ホッケトマトチーズ)だったが、今回はチーズをクラフト社のとろけるスライスモッツァネラチーズに変更し、半身だけじゃなく中央にチーズを敷き詰めた。あとフレッシュバジルじゃなく乾燥バジルで、バジリコ酢を作った。

ゴリゴリとバジルを木っ端微塵にしてやる。

さぁ楽しみな時間・・・・・・と思ったのだが、これがいまいちパッとしない。乾燥バジルが原因なのかモッツァネラが原因なのか。まぁ期待が大きすぎてがっかりな線が一番で、十分にうまいレベルなのだが、あのときの美味さには遠く及ばない。

まぁしっかりとレシピ化するには、今後も試行錯誤せよということなのだろう。
時間がたってから余ったバジリコぽん酢を使って料理した。

よくお惣菜コーナーとかコンビニで見るパスタとか冷やし中華風

これ実は温かいパスタ。私は温かい料理に酢を廻し掛けて立ち上る香りが好きなので、この手のものは温かく作ることも多い。写真を見て思ったのはもう少しキュウリを細かく切ってたら多少見栄えがアップしたかもしれないということ。

これが実に美味かった。バジルの風味がホッケのときと段違いで、バジルソースはしばらく寝かさないと風味が出ないということを学ぶこととなった。たしかに前回のバジルは生だったこともあるし、結構冷蔵庫で寝かしていた。これでひとつの解決策を手繰り寄せたと実感し、気分はこんな感じだ。

うまいぞ~~~~~~~~~!



2013/10/09
鮭が安かったので

パスタにした。

バジルの茎と青トウガラシとパルメザンチーズ。お皿がキティちゃんなのはメインバンクがみずほだから。まぁこの取り合わせで不味く作るほうが難しい。

2013/10/08
刺身3種類をまとめてアップ!
【鰹のタタキにチーズ】

鰹のタタキにチーズ2種類(三角がモッツァネラチーズ、角切りがクラフト社のナチュラルチーズ)にいつものバジリコぽん酢ソース。チーズと鰹は相性が悪くないと確認できたというレベル。スモークサーモンとかよりはこっちがいいかな。あと私の好みだが、室温まで材料を戻したほうが美味く感じる。冷えてるとチーズがとげとげしい味と食感になる。どちらかというとモッツァネラのほうがマッチングいい感じがしたかな。チーズの主張が少なくて鰹の味を引き立てる感じ。このように2種類食べ比べないと気がつかないレベルだけど。

【生鯖のお刺身】
最近は、都市部でも食えるところもある生の鯖。アニサキスという寄生虫がいたり、鯖アレルギーとかで絶対食わない人もいるよな。生の鯖を食えないとか食ったことない人には同情してしまうくらい美味い。昔出張先で、魚屋に電話して刺身を注文しようと電話したとき、「鯖があるよ」と言われて「お!じゃあ1000円分刺身でお願いします」と注文したら大皿で配達されて来た。写真の5倍以上の量があった。大きい鯖3匹分くらいだったんじゃないかな。最初の3口くらいから罰ゲームだった。

【鰺と秋刀魚】

最近はうちの近所でも刺身用の秋刀魚が買える。生鯖が産地以外の都市部で食えたり日本人の食に対する流通の努力とかってすごいよなぁ。保存技術と運送ネットワークってここ20年くらいで随分と進歩して日本国内なら大抵のものが生で食える、ってか生きて運ばれたりしてる。さすがに生きた秋刀魚は見たことないけどね。俺が子供のころは、魚屋やスーパーでも秋刀魚やホッケは見たことなかったからな。テレビで秋の味覚とか秋刀魚が庶民の味として話題になってもまったく関係ない世界だった。

2013/10/07
とりの胸肉炙りのバジリコ酢和え

お手軽なんちゃってイタリア~~ン!
自家製バジリコソースに自家製トウガラシ酢を混ぜた黄金ソースを鳥刺に絡めただけ。ワケギは鳥刺に最初から入っていたもの。にんにく醤油や生姜醤油でいただくのとはちょっと趣が変わる。
ワインとか日本酒がススム君だぜ。

2013/10/06
ホッケのトマトチーズグリエ バジリコポン酢風味

これは特大ホームランか10万馬券当たったような気分になる美味さだった。バジルなくても相当美味いと思う。ホッケを7割がたグリルとか網焼きで焼いた後に、とろけるスライスチーズとトマトを載せてさらに加熱。チーズがどろどろにならない加減でいいかと思う。まぁ好みだ。うちはさらにバジルとポン酢ソースを仕上げにかけている。半身だけチーズ乗せたのは、ホッケが二枚に開いてある上体で上のほうには骨があったからということと、初めて作るのでどんな味になるか不明でちょっとチキったから。食ってみたが、よくあみ出した!と自分を褒めてやりたいくらいで、ご飯とのマッチングもよし!。おそらくここまでいろいろ足さなくても十分な美味さだと思う。とくにホッケなんてそのままでも美味いもの。だが今回は絶妙でミスター味っこの美食家の気分だった。魚焼く手間にちょっとプラスするだけで劇的だったわ。

「なんということでしょう!!」匠のアイデアと技であっというまに骨骨ロックです。
次回作る際は、モッツァネラチーズで試してみます。さらなる高みを目指すよ。乞うご期待。



2013/10/05
夜中に無性にマカロニサラダが食いたくなる。

茹でたマカロニシェルタイプ・マヨネーズ・固ゆで卵・しば漬け・ニンニク微塵・塩・コショウ。
タルタルソースのピクルスの代わりにしば漬けというイメージ。

2013/10/04
うどん

HUNTER×BOOPで予備の餌に使用するために作る。まぁなんてことないうどんだが出汁はチヌのアラ炊きで残ったスープが仕込まれてる。

2013/10/03
姉妹ブロマガ「HUNTER×BOOP」で捕獲したクロダイ
http://ch.nicovideo.jp/BOOP/blomaga/ar348886

調理した。

アラは大根と塩茹でしてお吸い物に。


どっちも格別に美味かった。包丁のアジきり小出刃が見当たらなかったので、ペティナイフで裁いた。どこにいったんだろう。


2013/10/02
乾燥バジル

増量したので、でかい瓶に移す。奇しくも伊勢神宮の式年遷宮と重なったバジルの引越し。式年バジルとして有難く保存して味わうことにする。
9月号へジャンプ
http://ch.nicovideo.jp/BOOP/blomaga/ar361154



広告
他24件のコメントを表示
×
くそ!こんなもん見たら酒が飲みたくなっちまうじゃねえか!!
なんてことをしてくれるんだ!!!
96ヶ月前
×
すごいたのしそううまそう
一緒に飲みたい
まずそうに見えるの特に食いたい
96ヶ月前
×
多数の閲覧とコメントありがとうございます。
ブロマガ初めてテストで書き込まれた以外初のコメントで大変感激しております。

なぜ更新日から1日過ぎてからこれほどまで伸びるのかよくわからないのですが公開している以上はありがたいことと思っております。

確かに生の牡蠣は危険です。最近はオゾンマイクロバブル消毒など施され、下手に産地で殻付で手に入れるよりも滅菌されていたりします。安全性には相当配慮されているようですが、生ものや発酵食品等を口にする場合は飽くまでも自己責任でございます。私は食わずに死ねるかと考えるほうなので今のところ生で食えるものは生でトライしております。
96ヶ月前
×
これが噂のメシテロというやつか。
焼酎ロックをおくれー。
96ヶ月前
×
ノロウイルス怖いけど生牡蠣食べたくなる
96ヶ月前
×
>>No.27
昨日は見なかったけど今日は定期的に動画上のスライド記事でブログ紹介されてるからだと思われ
というか自分もそれ見てきました
96ヶ月前
×
>>30
閲覧注意 牡蠣うめぇぇぇとかいうことで紹介されてるようですね。
閲覧者が異常な伸びでおどろいていたところです。ありがとうございます
96ヶ月前
×
2chのせいで「鰤」って字を見るとKBTITが思い浮かぶようになった
絶対に許さない、訴訟も辞さない(迫真)
96ヶ月前
×
桃屋のキムチの素は万能ですよね、スープ系・特に麺類と相性よくて。
キムチ鍋に牡蠣いれてもおいしかったからソース単体でも合いそう、今度真似してみようかな。
96ヶ月前
×
>>33
ぜひともやってみてください。
助言ですが、直接桃屋のキムチの素から投入せず、別の器にソースを入れたり耳かきみたいなヘラで少しずつ入れたほうがいいですね。キムチの原液ですから量によっては致死量ともいえる辛さです。
横着してそのまま食材にぶっ掛けて罰ゲームみたいな食い物に何度なったことか。特に新品の開封したてのビンは危険です。
96ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。