BOOP-POG2014~2015第一次募集終了・二次募集開始のお知らせ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

BOOP-POG2014~2015第一次募集終了・二次募集開始のお知らせ

2014-04-17 19:00
  • 1
私用で作業が滞っており大変ご迷惑をおかけしております。

 3月31日に第一次募集を締め切りました。
 一次の参加者希望者は、
 主催者BOOP かつのり ご近所 ぱる もち アグネス アフガン コロネル コーラ野郎 スズカ デール ハウスマヌカン(初参加) フロックマン 亜樹Dミツ夫 坊ちゃん 鼻血 でっとーり(初参加) くっくっく 敬称略18名 
 放送内で参加表明いただいている方もおりますが、メールでの表明者のみ記載しております。その方々についてはこちらから連絡し、一次からの参加の意思があれば一次扱いといたします(PやD等が該当します)。

 参加表明者あてに指名名簿用のエクセルシートと既指名馬リストを送付いたしましたので、適宜期日までに指名名簿の提出をお願いいたします。
 なお、4月23日にはPOG本の鈴木淑子著のものの発売、4月29日がブリーズアップセール当日ということで、今年の第一次指名の締め切りを
4月28日23時59分まで
と致します。
 あわせて第二次募集を開始いたしますので、奮ってののご参加をお待ちいたします。2次募集の締め切りは第一次ドラフトの終了後の主催者指定する日といたします。
参加応募については、
http://ch.nicovideo.jp/BOOP/blomaga/ar445701
を参照願います。

 また第一次ドラフトの開催は、締め切り後の適当な日を予定しています。

 ドラフトの順番は、過去二回と同様におおきく2つに分けて
  Ⅰ:縛り馬のドラフト3頭
  Ⅱ:自由指名枠
となります。
 優先順位は上記Ⅰ・Ⅱ毎に一昨年の当POG結果上位から指名することとします。ですから一次指名の締め切りまでにゆっくりチョイスしてください。新規参加者等は、指名名簿の提出順でⅠとⅡの区分の一巡目は、過去参加者のあとで指名できることとします。
 流れとしましては、まず①シゲル②○外③新種牡馬の縛り(Ⅰの区分)でドラフト指名を実施し、その後指名優先をリセットし最初の指名順位に戻した上で、自由指名枠のドラフト指名を開始します。原則は2012-2013期の上位からシゲルの指名を開始し、2順目の○外では上位獲得できなかった方を優先し逆順で指名していくこととなります。一巡目で不利を受ければ二順目は早めに獲得できる指名名簿ダルマ落とし方式です。再度新種牡馬では指名馬の指名順位が大きい人(他人により指名されて指名できなかった人)および○外指名時の順番が後だった人から指名していきます。
 2順目以降は同様に先に他の参加者に指名され自分の指名馬が繰り上がった数の大きい方を優先し、次が1順目にあとで指名発表した方々となり、以後それを繰り返して指名馬を獲得していくこととします。ほかのメンバーに先に指名された同じ馬を持っていた場合は、その直下の指名馬が上位に繰り上がっていくよう名簿を確認しながら進行します。また、下位にほかの人が指名した馬などがいた場合、次の順目の指名にかかる優先は、有効な最上位指名順位としますので、折り返し時に恩恵を受けたい場合は積極的に人気馬を上位に指名しておく駆け引きが存在しているといえるでしょう。
 なお、主催者の私は、毎順一番最後に指名します。私の指名リストはパスワードをつけた指名用紙を参加者あて送付しておりますので、ドラフトまでにパスワードを送付いたします。これで私が指名にかかる他人の指名馬をみて有利に指名順位を調整する疑いを持たれることがなくなるものと思料されます。
 また過去二回で大きなトラブルや錯誤は発生しておりませんが、万が一問題が発生した場合は放送で事情の説明と対策を相談し最終的には主催者判断で運営いたしますのでご理解とご協力をよろしくお願いいたします。不明な点はメールや放送コメント、メルマガコメントで質問してください。できる限り対応いたします。

記入例サンプル


メモ帳記載例


4/17 主催者BOOP



広告
×
ドラフトの流れの例

仮に参加者がa b c d e f g h i j k という10人がいて
シゲル獲得指名順がa~kの順番だったとします。
順当に指名すれば、○外指名順はk~aという逆順になります。
これが基本型です。

仮に、a b cさんが順当に1位指名で獲得してdさんは先に2頭とられて3位指名馬を獲得したとしましょう。
e fさんも順当に1位指名で獲得し、gとhが2位指名で獲得し、i j kさんが1位指名獲得だったとします。

この場合の○外の指名順は、
もっとも名簿の数字が大きくなったdが1番優先となり、gよりあとに引いたhが2番目となりその次がgとなります。
つまり d-h-g-k-j-i-f-e-c-b-a の順番に○外を指名します。
(名簿が割りを食うだびに次には有利に働く)

○外の指名で、dは当然名簿一位ですので順当に指名できるはずです。が、hも同じ馬で2位指名で獲得したとします。gも運悪くdとhにとられて3位指名で獲得、k j i f e が1位指名で獲得し、cが5頭書いていたにもかかわらず足りず指名不可、b aが5位で指名獲得したとします。
新種牡馬枠の優先順位は、5頭書いていたのに全部とられたcが一番で5位指名の最後のaが2番、次がb、3位指名のgが4番目、2位指名のhが5番目、残りは1位指名した順番の逆順でk j i f e d。
新種牡馬の指名順は、c-a-b-g-h-k-j-i-f-e-d です。

飲みながら書いてるのでちょっと怪しいですがこうなります。運営の私が被ってる馬を先に全部抽出し、それも披露しながら指名ドラフト放送します。過去にもそうしましたし、それで間違いも見つかったりしました。
前半の縛り枠だけで説明しましたが、自由指名枠ではこれがずっと続くので
「指名名簿の凸凹を修正するように指名順位が変動する」と考えて頂いて問題ないかと思います。
なお、順次名簿の指名は各自1位に振りなおします。

作業の実際として、①指名結果から指名順を決める ②各自の指名馬を確認する ③ダブりがある場合次に優先を与える ④次の優先順位を確定する
というステップは踏んでいますので攻略法や有利になるポイントはここら辺にあるかと思います。
70ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。