ロックマン バトル&チェイス まとめ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ロックマン バトル&チェイス まとめ

2017-05-15 00:57
    この世の理は即ち速さだと思いませんか?
    初代ロックマンシリーズ放送の最後を飾るのは「ロックマンバトル&チェイス」
    ロックマンサッカーパワーバトルファイターズは手元に無いけど
    これでほぼ全ての初代ロックマンシリーズをプレイすることができました。

    【ストーリー・世界観】
    ロックマン8に宣伝用PVが入っていたので時系列的には8と同時期か直後くらいのお話。

    まず「バトル&チェイス」とはロックマン世界で年に1度開かれるレース大会の様子を中継するTV番組のことです。レースは週1回のペースで進行し9週間で優勝が決定します。
    ゲーム的には数分でも、それはゲーム的都合であって本当はもっと長いレースなんでしょうw
    優勝賞金一千万ゼニーを求めて新旧入り混じったロボット達が速さを競う!

    5のナパームマンが兵器博物館建造資金の為に参加していたり、3のシャドーマンが忍者屋敷を造る為に参加していたりと、過去に登場したロボット達の今を描いた数少ない作品ですね。
    まぁ実際過去のボス達のその後ってこれが出るまでに包まれてましたからね。
    本編ではドクロボットにデータをコピーされたりしてるけど、当のオリジナルはその後の世界征服には参加してないし、破壊されてそのままなのかそれともどこかに存在しているのか。
    今作で明らかになったキャラを元に考えるならどうやら自立しているらしいです。
    しかもワイリーと対立しても意思を曲げない程に自分という存在を確立しているw

    別の媒体ではフリーズマンの説明にアイスマンを尊敬しているとあるし、やっぱその後はどこかでライトナンバーズと一緒に働いていたりするんだろうなぁ。

    【ロックマンレースゲーム】
    F-ZEROから続くキャラクター系レースゲームのロックマン版。
    しかしSFC以降キャラクター系はよくレースゲーム化するなぁ。有名どころのマリオを筆頭にチョコボやらディディーコング、それにコンパチヒーロー系にもレースは出てるし。
    基本部分は似たり寄ったり、そこにどれだけ個性を持たせられるかが各作品の持ち味

    バトル&チェイスの持ち味はロックマンらしく相手の特殊パーツの奪取
    パーツを奪った敵は再戦する時に強くなっているので、徐々にパーツは奪いにくくなっていくという仕様になっています。パーツごとの能力が細かく設定されていて、どのパーツを奪うかで同じ周回でも結構難易度が変わるのはロックマンらしい面白い試みだと思う。
    ロックマン本編でもどこから攻略していくかで結構中盤~終盤の難易度が違ってくるからね。


    レースを盛り上げる上で忘れちゃいけない今回の新キャラの実況リポーターロボのプラムちゃんや同じく実況リポーターロボのリポットや司会解説ロボのチェスト
    バトル&チェイスが番組であるという点に着目した今作の個性の一つが彼女達の実況です。
    正直実況がなくなったらこのゲームの面白さは半減するとさえ思ってます。

    「激しい順位争い!」「○○、ブロックされてるぞ!」「激しいデッドヒート」
    「各車、飛ばしまくっています!」「盛り上がってまいりました!!」
    「○○パワーニトロ、すごいスピード」
    「トレーナーの指示がありません!どうしたトレーナー!」
    とにかく頻繁に聞こえてくる上にやたらと耳に残る。
    ゴールした後も状況に合わせて様々な終了挨拶があり実に手が込んでいましたね。

    ロックマン本編がアクションゲームだからあまり出番がないけど、あの世界には戦闘用以外のロボットも一杯いるはずなので、こういう活躍の機会が増えるといいなと思います。

    他にも今作はドライバーの状態を表すアイコンの種類がすごく豊富です。
    他にも黒焦げ加速中等の様々なアイコンが用意されています。
    レースしてるプレイヤーは中々見る余裕がないですけどね、これは視聴者が楽しめる要素。

    【対戦モード】
    そんなものは存在しない、いいね(・・)

    というのは冗談で、メモリーカードに保存しているセーブデータを使って友達と対戦することができます。でもまぁ、今回の放送内容としては語ることはないね。
    一応昔友達とプレイしたことがあるけど、いまいち記憶に残っていない。
    対戦限定でデューオが使えるけど放送では出番無しスッゴイカワイソ、ちなみに性能は反則級。
    同様にワイリーも使用可能。実はワイリーを操作できる数少ない作品でもあります。

    【ロールちゃん】
    ロックマンロックマンと同じく妙に力の入っているロールちゃん
    彼女を使用して一度もリトライせずにEDを迎えた場合特殊なEDになります。

    汎用EDは音楽だけなのに、専用の曲でしかも歌詞付きで歌が流れる。
    最初のフレーズが「伝えたうー、この思うー、とまらなうーうーもーどーれーなう」
    に聞こえて仕方ない今日この頃。

    しかも終わった後のアンコールカラオケモードまで付いているという謎仕様。

    どうもガッツマンも同様の仕様らしいけど今回は試さなかった。

    【やり込み】
    今回のやり込みはパーツコンプリート。
    条件としてはまず全てのコースで4回1位を取る。
    これで基本になるボディエンジンウイングタイヤが全種類集まります。

    そして2周目以降から登場するブラック軍団に勝つことで、エクストラパーツの入ったアイテムカードがコースに設置されます。設置されたコースでこれを回収し且つそのレースで1位になる。これを4回繰り返すことで4種のエクストラパーツが入手できます。

    ブラック軍団に勝つことも難しいけど、登場させるまでの過程が凄く大変でした。
    偶然の可能性もありますが、100回近くリタイヤ・リトライしてもまるで登場しない
    ただ負けた後のリトライだとそこそこの頻度で登場したので、そっちに方針を切り替え。
    スタート地点で動かずにナパームボムで周回してきた奴を狙撃しながら待つこと数十レース。

    ブラックジョーブラック4ローダーブラックイエローデビル
    そして最後に登場するブラック軍団を倒してエクストラパーツも回収。

    無事コンプリートを達成しました。

    条件がいまいち不明ですが、4周目フルコンプ状態でEDを迎えると見れる特殊ED
    ちなみにこの画面に映っているパーツ構成が個人的に最強の構成

    どうでもいいけど、ブラックジョーの声はどうにかならなかったんだろうかw

    【ロックマンバトル&チェイス】
    ロックマン7と同様に以前やったことがあったロックマンシリーズ
    放送まで5をやっていなかった自分のお気に入りがナパームマンなのはこの作品あってこそ。

    当時も楽しめましたが今やってもやっぱり楽しかった
    しかしこの手のゲームの本質はやっぱり対戦なので、対戦もやりたかったなぁ。
    なぜかマリオ以外は続編があまり出ないキャラクター系レースゲーム。
    面白いんだけどなぁ。とりあえずロックマンファンならやって損なしと思います。
    少なくとも2番煎じレベルではない面白さがある

    ナパームマンで4周プレイした後でロールちゃんの特殊ED用に1周で計5周プレイ
    4周目の状態に慣れてると1周目の相手はもう凄い差が付くくらいに上達していてビビります。

    EDは全キャラクターに専用の画像があるので、それを目指してもよかったかな?
    まぁ時間も掛かりませんし、いずれ暇な時にでもやることにしましょう。

    やり込みつつ、いい感じに積みゲーが崩れていく。
    当初は1周楽しんだら終わるかなと思ってましたが、思ったよりやり込み要素がありました。
    これでロックマンシリーズ21作目の完全クリア。
    随分と初代ロックマンをやってきましたが、手持ちの初代シリーズはこれで最後です。
    次にロックマンシリーズをやる時にはXシリーズになると思います。

    ではこれにてゲーマーの詰め所84作品目
    「ロックマン バトル&チェイス」完全クリアで終了です。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。