龍が如く維新 まとめ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

龍が如く維新 まとめ

2018-08-19 02:36
    続けていきます龍が如くシリーズ!

    今回は外伝作品の龍が如く維新
    先日(2ヵ月前)プレイした5から色々と変化のあった部分をまとめていきましょう。

    【戦闘】
    個人的に維新で一番楽しめた部分が戦闘システム。
    格闘・一刀・短銃・乱舞の4つを自由に切り替えての戦闘は如くシリーズ本編にはない戦闘の面白さを生み出しています。

    それが顕著に表れたのは終盤や2周目に闘神の護符を装備してから。
    如くの戦闘における華と言えば派手な演出で敵を倒すヒートアクション
    4種の型を使い分けることができること、常備している刀と銃に耐久がないこと。これらの相乗効果により、常時使用可能なヒートアクションの種類はシリーズでも随一となっています。

    例として使用頻度の高い一刀の型は
    近接ヒート、近接ヒート+△、近接ヒート+回転、背後カウンターヒート、ダウン状態ヒート、壁際ヒート、ガードブレイクヒート、ガード反撃ヒートと8種類が使用可能
    他の3つの型も同程度の数があるので単純計算でも30種類以上が常時使用可能
    ヒートアクションだけで戦ってもかなり多種の技を駆使しながら戦うことができる。
    これが実に爽快。

    主人公が一人なのでヒートアクションを複数のキャラに分散させる必要がなかったことも大きいと思います。

    【スターシステム】
    龍が如く維新の魅力として外せないこの要素。

    本編では既に故人となっている風間の親っさん

    そして柏木さん
    本編での再登場が難しい彼らが再登場する機会を得ることができたのは、スターシステムを採用している本作の大きな魅力の一つ。

    逆に主役である桐生ちゃんを筆頭に、真島の兄さん冴島伊達さんのようにこれまでメインやサブシナリオで掘り下げや成長劇が描かれ、話の拡張が難しくなってきた人達。

    彼等が別の人物を演じることで、新たに活躍の場が与えられたこともスターシステムの恩恵と言えるでしょう。

    新作では新たな人物達の成長を描き、旧作の人物はこういった外伝で再び活躍の機会を得る。
    こういった外伝作品また出して欲しいですね。

    【やり込み要素】
    当然の如くプラチナトロフィーを獲得。

    発売から4年の月日が流れても獲得率1.5%は中々の貫禄。流石龍が如くシリーズ。

    しかし今作はコンプリートに必須のミニゲーム数が少なくそれぞれのクリアハードルも低めになっているので、取得率からの印象程難易度は高くはなかったですね。
    大変だったのは専ら精進目録埋め
    とにかく回数が必要なので維新のコンプはスキルより時間と根気が必要なタイプと感じます。

    例えば如くシリーズコンプ共通の難所と思われるミニゲーム関係。先に述べたように難易度そのものは低くコンプリート自体は簡単に終わりました。
    しかし精進目録の達成にはミニゲームを200回遊ぶ必要があり、コンプした後も遊んで中断を繰り返すことに。コンプした段階でも120回あたりだったので、なかなか骨が折れます。
    こういった回数をこなす要素が精進目録にはてんこ盛り。

    ただ只管やっていれば取れるトロフィーなので、如くシリーズとして見ると簡単な部類。
    とりあえず今回もプラチナトロフィーで止めることができたな。

    【龍が如く維新】
    5に続いて放送した龍が如く維新。
    本編とは関係ない外伝作品ということで前知識なしでも楽しめる如くシリーズという印象。
    物語の背景も本編と大きく違い、如くシリーズに興味がない人でもプレイできる。
    シリーズを通して人を選びがちな龍が如くでは珍しい他人に勧められるタイトルです。


    ボスとの戦闘前やムービーでは時代劇さながらの派手なチャンバラが繰り広げられ。
    見栄えはナンバリング作品よりも上にさえ感じる出来。
    個人的には今のところ如くシリーズで一番楽しめた作品です。

    これで如くシリーズの放送は6作品。プラチナトロフィーは7つ(OTE含む)。
    手持ちの龍が如くも残り2作となりました。
    果たして私はプラチナトロフィーを9つにすることができるのか!乞うご期待。

    ではこれにてゲーマーの詰所101作品目の完全クリア。
    龍が如く維新 を終了とします。
    ありがとうございました。

    色々と思うところがあるのでブロマガの継続はここまでとなります。
    ここから先は書きたいゲームがあった時に不定期で書く形に変更していきますので
    今後ともよろしくお願い致します。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。