超ヒロイン戦記 まとめ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

超ヒロイン戦記 まとめ

2018-12-23 17:04
    昔に比べて隠れた名作と呼ばれるタイトルが少なくなったと感じるのは
    ネットが普及して色々と情報が集めやすくなったということなんだろうなぁ

    そんな呟きはさておき
    今回プレイしたのはそんな昨今、まさしく隠れた名作だった超ヒロイン戦記
    先日トロフィーコンプが完了したので今回はこちらを記事にしていきます
    ブロマガ更新中断を撤回する程度には執筆欲を刺激される内容だったんだから仕方ない

    しかしスパロボを筆頭にヒロジェネにヒロ戦とほんと共演系の作品好きだねぇ俺
    ネタバレを多分に含んでるのでその辺注意!

    【シナリオ(仮)】
    よくあるクロスオーバーシナリオ
    転移現象により色々な作品の世界が交わり、世界の謎を解き明かしていくという王道ですね
    全63話で分岐まであるので中々に長編


    各作品は異なる可能性が進化した世界で、その中から未来を託す人類を選ぼうとしたら
    最終的に全部ダメなのでラスボスが全部滅ぼして人類の後継者となろう、そんなお話

    滅びた世界の中には今回登場しない各作品の男主人公が存在する世界もあるようで
    シュタゲの様な感じでヒロイン達の記憶に薄っすらと違和感が残っているっぽいです

    全体のシナリオは再現よりクロスオーバーを重視したオリジナル型
    ひぐらし等再現しているシナリオもありますが、その殆どが他の作品を絡めて進行します
    元々男主人公がいる作品はその分を他作品がカバーする形になっていて上手く作られてる

    【シナリオ(真)】
    一見すると、この作品はヒロイン達が敵と戦い危機を乗り越えていくという作品に見えます
    しかしこの作品にはやり込んだ後に判明する本当設定が存在します

    こちらが最後に見ることになるネタ明かし


    ヒロイン控室、登場キャラ達の前に並ぶファン、撮影するみぃとケイ、それを指揮するDIVA

    そう!
    この作品はヒロイン達による映画の撮影だったのです

    そに子が初登場するシナリオの「招かれざる訪問者」はまさにタイトルの通り
    彼女は本当に別の現場から紛れ込んできた予定外の出演者だったわけです

    そに子やシエスタのような一般人が戦闘訓練を積んだ作品のキャラと同列に戦える理由
    終盤にヒロインが生身で宇宙に飛び出して平気だった理由

    さらに雑魚以外の攻撃を回避させるとこんな台詞もあったり


    ぷちこの遠近法を利用した技など
    考えてみると色々な要素がこの設定に繋がっていたことがわかりました

    最終的に設定を読み解くとこの作品は
    ヒロイン版スパロボというのは仮の姿であり
    実際はミラクルガールズフェスティバルに近い世界観の作品だったというわけです

    【システム】
    プレイ感としては可も不可もなく一般的なシミュレーションゲームだったと思います
    能力HPがちょっと特殊ですけど普通にプレイするならそんなに気にしなくてもいい

    トロフィーコンプまでやろうとするとHPと一緒に能力HPを0にしないといけないから
    ちょっと考えることが増えるくらい、それでも武偵組が入れば大体何とかなりますけどね
    アリアは可愛いし強いしほんと最強

    各MAPで最も活躍したキャラにはボーナスが入るので愛があればみんな強くできる
    大体のキャラは攻撃か回避に全振りで何とかなる
    回避は重要な割にどのキャラも成長限界が早いので個人的なお勧めは回避全振り

    基本的に固有スキルが強力であまり使わなかったけど、コインを装備すれば普段使えないスキルが使えるようになり、活躍の幅を大きく広げることもでき自由度が高い
    ダメージアップ系スキルを使えるようにしたティファニアで敵を殲滅なんてこともできます

    戦闘はSDキャラが主に動き所々にアニメ調のカットインが入る演出

    これが滅茶苦茶よくできていてSDキャラも表情豊かだし、カットインの使い方は上手いし
    3Dモデルを活かしたグリグリ動くアニメには満点をつけていい


    勿論特定の組み合わせで戦闘を行った場合は特殊な戦闘台詞も発生


    釘宮さんのキャラ同士を戦わせると声優ネタを入れた台詞になったりもします

    最後に不具合について
    R1+〇ボタンで戦闘アニメやMAPの移動等の早送り処理が可能ですが、これを多用すると処理が重くなり最終的にフリーズします
    今回6時間放送した時は戦闘アニメの早送りは使わなかったので一度も発生しませんでしたけど、普通に早送りしながらやってると結構起こるのでセーブはまめにしましょう

    【やり込み要素】
    いつものようにプラチナトロフィー回収

    特に難しいトロフィーはなくスキルより時間の必要なトロフィー
    とはいえ長めのシナリオで3周必要になるということもありレア度はそれなりです
    今までプレイした中ではスパロボVのプラチナと同じ程度の取得率
    あっちはVita版と共通トロフィーなので単純比較はできませんけどね(こちらはPS3・Vitaで別)

    まぁ簡単ではあるものの色々と思い入れのあるトロフィーなので取れてよかった
    PS3の故障と共に周回中のデータが消し飛び、しばらくモチベが死んでました

    このトロフィー画面でお気づきの方もいると思いますが
    プラチナトロフィーの名前である「超ヒロイン戦記 認定オブザーバー
    オブザーバーには観測者・傍聴者といった意味があります
    つまりあなたは超ヒロイン戦記という劇を視聴している者であると示唆してるんですね
    これに気付いたのはネタ明かしエンディングを見た後でした

    【超ヒロイン戦記】
    続編とか来ないかなぁ
    この設定だとあらゆるヒロイン作品が参戦可能なわけだし、終わらせるのはもったいない
    バトル系に日常系からアイドル作品までなんでもござれの器を持っている

    そんな気持ちでいっぱいになる程に良くできた作品だったと思います
    参戦作品が変化球気味に捉えられたこともあり、知る人ぞ知る隠れた名作に留まった作品


    シナリオ良し、クロスオーバー良し、モデリング良し、イベントスチル良し、演出良し
    バグは…うん…
    そんな感じでバグ以外は満足のいく内容でした

    単純に色んなヒロイン達が活躍する姿が好きという動機で初めても楽しめる内容
    知っている作品が含まれているなら尚良し!

    散々ネタバレ書いておいて購入を促す内容で締めるのはどうかと思いますけど
    DL版の販売は終了しましたが、発売から年数も経っていてパッケージ版も今ならお手頃ですし
    興味本位でプレイしても元が取れる優良物件です
    3周プレイしながら超ヒロイン戦記攻略wikiのデータもある程度埋めておいたので
    誰か埋めきれなかったフリートークとか引継いで埋めて


    しかし2014年に購入し、PS3と一緒にデータが飛んで、ようやく再開し4年越しの完全クリア
    感無量だねほんと

    これによりパワプロの決定版追加パックを除いた全てのトロフィーを回収完了
    PSNのコンプリート平均は99.92%になりました

    パワプロの追加パック買っておけばよかったなぁと後悔してももう遅い!

    そんなこんなでゲーマーの詰所113作品目の完全クリア
    超ヒロイン戦記を終えたいと思います
    ありがとうございました


    最後に、今作で俺が一番かわいいと思ったのはコト

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。