第10回ドラゴンクエストRTA駅伝対決 動画製作者が徒然と感想を語る。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

第10回ドラゴンクエストRTA駅伝対決 動画製作者が徒然と感想を語る。

2013-03-24 21:04
    どうも第11回DQRTA駅伝の開催が決定したみたいなので、第10回が終わってから
    書こう、書こうと思って放置してきた動画製作の「感想」なんかを書き綴ってみたいと思いますよ。
     初めてブロマガへの投稿なんで、色々不備とかあるかもだけどそこらへんはご容赦を。

    1.謝辞

     まずは私を支えてくれた運営・録画班の皆さんに最大限の謝辞を。

     本来ニコニコに動画を投稿する際、一部の例外を除いては個人的な行為です。
    他人の利益とかそういうことに囚われず、ひたすら自己満足のためという意味でも個人的だし、他人と共同で一つの作品を作るというわけでもない、という意味でも個人的です。

     その中約40万人(延べ人数)が視聴するという大規模な大会の場を提供してくださり、自己満足だけではなく、リスナーに喜んでもらえるような動画を製作する機会を与えてもらった運営さんには、心の中で三点倒立する勢いの感謝をします。

     そして録画班のみんな。前回大会最後のチャットでも言ったけど、協力してくれてありがとう。「再犯率」の高いと言われる録画班、そして私ももうすでに4度録画班に関わったことから、ほとんど見知った顔(確認してみたら14人中12人が経験者だったよ!w)なので、私も皆も遠慮なく接することができて、更には初参加の人にも手取り足取り腰トリ(!?)で教えてる。なんかこうチームとしては理想的な形だったと思います。
     
     録画班に関しては、前回大会から主に情報伝達の部分を少しずつ改善していく形で簡略化・効率化を図ったわけだけど、まぁ成功したところと失敗したところがあり、なかなかうまくいかねぇなーというのが印象。
     具体的なことを言えば、色々な情報が同一のスカイプのライン上に流れるので、とにかく重要な情報が後ろに埋もれてしまうのを避けるために、グーグルドキュメントを使用してマニュアルやらシフトに受け渡しを行った結果、とにかく情報の一極化には成功したものの、特に初心者さんにマニュアルを丸投げする形になってしまったのでちょっと不親切だったかな、と。

     でも効率化・簡略化に関しては前回・今回の参加にあたって個人的にやりたい!と思っていたことなので、それがやれたことには満足。そして協力してくれた運営さんと録画班のみんな、どうもです!

     もしなんか別の大会とかでここらへんを参考にしたいという方がいれば連絡頂ければ助言はできるかもです。
    ・・・・・・・まぁここまで大規模な録画班作って動画作るぜ!っていう大会が他にあるのかと問われれば疑問ですが(汗

    2.オープニング動画


     
     おー動画挿入ってできるのね。しかも結構簡単に。便利便利。
    さてここから具体的な動画製作の裏話的なところに入っていきたいと思います。
    ここまででも結構記事の長さなんだけど、もう気にしないことにした。記事の大まかな流れとか最初に考えていたんだけど、しょっぱなから脱線してるのでもはやアフターフェスティバル。
    ・始まりの一歩
     今回OP動画を作るにあたって、まず最初に考えていたのが「DQモンスターバトルロードビクトリー」からの脱却。
     私の作った過去の駅伝OP動画(本家駅伝コミュより視聴可能)を見てもらってもわかるように、とにかくこれに頼り続けた。
    なんてったって使い勝手がいい。私は絵が描ける人種ではないのでどっかから素材を引っ張り出してこないと動画が作れないんですが、その点この作品はキャラが豊富で動画の尺的にも十分。更に熱い演出が多く音楽に合わせるのも比較的楽、というですね。

     そしてメインとなるコンセプトは「ステージ」。そこをキャラクターが飛んだり、跳ねたり、踊ったりすることで「楽しい」動画を目指す。
    ・・・・前回・前々回と基本路線は「かっこいい」でしたからね。主に歌のせいdウワナニヲスルヤメロ
    ・ドットキャラクター演舞
     ドットキャラを使用するという発想は第6回ED動画のころから持っていて、今回はそのリベンジであったとも言えますね。第6回の動画はもう自分で見るのも嫌な出来なんで、そのリベンジです。まぁ多少自分の発想とは違う出来にはなったのですが、8割がた思い通りに動いてくれたというのはうれしいですね。これでダメならもはや最初の発想がダメということに。
    その発想が貧困というのは重々自覚しているという残念な結果ですが。 
    ・ステージ構築
     発想自体は他動画様より拝借してます。具体的はここ
    ニコニコの動画なんで、動画を貼り付けようかと思ったけど、更に記事が長くなりそうなんで、リンクでご容赦。
     肝心要のステージに関しては動画編集ソフトのお力で「擬似的に」3Dで構築しています。
    ・・・・というのも最初は3Dモデリングをしてきっちりとしたステージを組むつもりだったのでが、まだまだ勉強不足ということで断念。だいたいOP動画製作の3割ぐらいの時間をかけて勉強したんですがねぇ。奥が深い。
     なんで光の当たり方とか奥行きとか距離感とかが3Dモデリングしたときよりかなり大雑把になっているのですが、そこらへんはまぁしょうがないということで。
    ・第10回のロゴについて
     元ネタはこれです。銀座にあるGINPACHIというお店のロゴです。
    正直訴えられたら敗訴確定なほど酷似しています。パクリスペクトだということでどうかご容赦を。。。。

     毎回ロゴを考えるのに三日三晩寝て考えてやっとできる、というほどの苦労?をしています。正直前回大会のをそのまま流用してやろうかと思うほどです。
     でも完成した時のあの高揚感的なものは変えがたいものなんで毎回新しく作ってしまいます。

    ・走者コメント
     開会式で「ここは意気込み語るところであって、オオギリやってんじゃねぇよwww」
    というコメントを見て、やってよかったな と思いましたw
    一応走者の皆さんには「意気込み」をお願いしますと伝えてありますが、一部はこうなるだろうという予測がありました。というか確信していました。だからやったというのが本音です。
    喜んでいただけたなら幸いですし、協力していただいた走者のみなさんありがとうございました。
      ですが走者のコメントに関しては最初なにか別の方向で差し替えようかと思っていました。
    これは思っていただけで、何か案があるのかといえば無いわけですが・・・(汗
    動画製作者としては何か新しいことをしたいと思うのが自然でありまして、走者コメントに関してはもう私が関わっただけでも4度目になり、近頃の大会動画では半ば当たり前となっていることですから、どうにか別の案は無いか・・・・・。そう思っていた時期が私にもあ(ry
     結局思いつかずそのままにしたというのは課題でしょうかね。raiteiは君からの提案を待っているぞ!

    3.エンディング動画

     ここまで長く記事とか文章を書いたことがあったろうか。でもまだまだ続くよ!




    ・全体構成について
     これは前回(第9回)からなのですが、大きく構成を見直しました。
     
     具体的には第一部は動画が横から流れるという方式から、チェックポイントごとに順位を表示し、そのタイム差を表記するという形に変更しました。
     これによって順位とタイム差が把握しやすくなり、全体の状況がわかりやすくなった・・・・・・・というのは実は結果論で、最初の思惑はとにかく動画製作にかけるコスト・時間を減らすことでした。
     自分の都合で動画構成を変えたことに多少罪悪感はありましたが、比較的好意的に受け取られ安堵したのは秘密です。
     ただ動画製作者としてこういう動画の構成もあるんだよ、ってのを示せたのはとても有意義なことです。そして結果として他大会の動画がこの方式を取り入れ作られてることを知った時は、なんかこうすげぇ嬉しかった。具体的にどの動画か、ということは申し上げませんが(というのもその方と交流がないためw)、とにかくその動画製作者さんにこの思いが届いてくれたら嬉しいです。

     第二部に関しては、メインに走者の走り終わった後のコメントをメインに据えて動画を構築しました。この発想はここから。
    うすうすお気づきかと思いますが、この動画の半分は他動画の発想からできています。動画製作者としてどうなんだと思いますが、いいものを作るためには仕方ないよね!(テヘペロ
     肝心のコメントに関しては、私がまさに走り終わった直後の走者さんを取材しています。
    なんで正しくナマの声です。その走者の駅伝に掛けていた思いや熱さをそのまま皆さんにお届けしたかったので、走り終わった直後にコメントをもらっています。
    ・・・・どうも別方向に爆発した感が否めない人が数名いたのはキノセイではないですがw
     これに関しても最初は実は不安でした。当然うまくいかなかった走者さんもいるわけですし、そんな人にコメントもらうのはどうかと。ただ私も走者だった経験がある身なので、どうにかなるさぁとかなりアバウトな感じでやったもの事実です。協力していただいた走者さんには重ねて感謝を。そしてそれを好意的に受け入れてくれたリスナーにも感謝を。
    ・スタッフロール
     実は毎回一番気合入れて作るところがこのスタッフロールです。
    まぁ自分の名前が載るところってのもありますが(オイ 、とにかく私が映画とかでスタッフロールが好きってのは要因としては大きいですね。あの終焉感がたまらなくいいですよね!
    ゲームでは終わったーという終焉感とともに、やりきったーっていう達成感も付加されるんで更にグッド。
     
     裏方の皆さんのモチベーションに繋がるというのも正直力を入れて作る理由にはなってます。裏方なんで当然表には一部を除いて出てこない訳ですが、それでもこの大規模な大会を回す上では不可欠な存在としてせめて名前だけでも残す。そしてそれが私が削除しないかニコニコ動画を終わるまでは残るわけですからね。お土産というわけではないですが、そういった感じで受け取ってもらえれば私としては本望であります。

    4.最後に

     まだまだ語りたいことはあるんですが、流石に長くなってきたんでここらへんで。

     最後に一応けじめということでここで報告させていただきますと、今回が駅伝の動画を作るのを最後にしたいと思います。運営さんも変わるということで気分も一新、新体制!ということもありますし、なにより計4大会で動画を作ったことですね。流石に長く居過ぎました。

     この大会はかなり大規模なものです。視聴者数も今回約40万人(延べ)ですし、裏方も60名以上を抱えます。その中には走者として走ってみたい!と思う方もいるでしょうし、裏方に関わりたい!と思う方もいるでしょう。当然動画編集をかじったことがある人は「開会式・閉会式動画を作りたい!」と思う方もいるでしょう。
     そんな中4回も動画製作を占有したというのは非常にありがたい経験でしたが、同時に申し訳ないという気持ちも有ります。
     てことでここらへんが区切りだと思うので、駅伝動画の製作はしないという方向で行こうと思います。当然、何かアドバイスが欲しい!ってのがあれば私でよければ力になりますのでどしどしお寄せください。

     リスナーの皆さん、動画を見てくれてありがとうございました。開会式・閉会式でどんな反応をされるのかということでドキがムネムネだったけど暖かい反応で嬉しかったです。
     走者の皆さん、コメントへの協力本当に感謝しています。正直走者に課すにはどうなんだという量を要求したと思いますが、皆さん快く引き受けていただいて感謝・感激です。
     裏方の皆さん、動画を見終わった後に感謝を言ってもらえて本当に嬉しかったです。宛名がらいていさんではなくろりていさんだったことで宛名人不明で送り返そうかと思いましたが、それでも嬉しかったです。
     録画班の皆さん、皆さんには私が頻繁に意見を変えたりするので多大なご迷惑をおかけしました。しかし皆さんはプロでした。言われた仕事はきっちりこなし、それ以上の仕事までこなす。そして私をいじめる時の連携ももはや達人の域でした。次回一緒する機会があったら、もっとやさしくしてくれても、い、い、いいんだかね!!(///

     そして運営さん。お疲れ様でした。なんかこの言葉しか出てきませんが、閉会式の最後に「RTAをニコニコに広めるという仕事は達成できた」という言葉は全力で肯定します。そして微力ながらそのお手伝いができたことはとても嬉しいです。
     色々と大会通じてご迷惑をおかけしたと思いますが、そのおかげでいい動画が作れました。
    ご協力に感謝します。そしてお疲れ様でした。

    ・・・・・・なんかここまで書いてとても恥ずかしくなってきたのは私だけでしょうか。
    すぐにでも下書きを削除してなかったことにしたいのですが、まぁそういう訳にもいきませんね。覚悟を決めて投稿したいと思います。

     兎にも角にもみなさん最後まで読んでくれてありがとうございます。そしてこれからも楽しい駅伝が続いてくことを切に願っております。


    p.s. 現在、動画製作のできる可愛い妹を募集しています。性別は問いません。(同じネタを使いまわす)









    • 前の記事
      これより過去の記事はありません。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。