• 祝詞兄貴の「けものフレンズR」関連静画が閲覧できなくなっていることについて

    2019-08-08 12:58

    ニコニコ静画において、祝詞兄貴が投稿した「けものフレンズR」関連の静画が閲覧できない状態になっているそうです。

    原因として考えられるものは以下のとおりです。

    • 祝詞兄貴による公開停止・自主削除
    • 権利者削除

    祝詞兄貴による静画の自主削除は、以前も行われたことがあるので可能性はあります。しかし、閲覧できなくなっているものには、けものフレンズRのロゴといった、素材として使われていたり、ニコニコ大百科で使用されていたりするものが含まれており、それを削除するのかという疑問が残る。

    権利者削除の場合、けものフレンズの二次創作ガイドラインに違反しているもの、つまりアニメ本編の画像が使われているものが削除された可能性がある。祝詞兄貴の静画にはそういったものもあったため、可能性はある。ただ、閲覧できなくなっている静画が正確にわかっていない(ウェイバックマシンを見てもアーカイブが少し前のものまでだった)ので、確証はできない。

    つまり、どちらも可能性はあるが確証がない状態で、原因が全くわかりません。ニコニコ静画の削除理由が表示されないクソ仕様のせいです(突然の運営批判)。

    ただ、一つ言えることは、いつもの面々がこれに便乗してあることないことを拡散する可能性があるので、そういう情報には十分注意してください。

    また、現時点でけもフレR非公式サイトには特に異常はありませんので、ご安心ください。

    以上、Bymnet1845でした。


  • 広告
  • ククリーナ氏のマーボー豆腐氏に対する反応について

    2019-08-03 17:582

    ククリーナ氏が、マーボー豆腐氏が投稿した動画「ワイトキング氏への疑問や意見を読み上げる動画」に対し、「マーボー豆腐氏に説明を求める動画」を投稿されました。

    その内容を見て、思うところがありましたので、申させていただきます。

    それは、動画冒頭で、ワイトキング氏が動画「テレビ東京株主総会 株主「独占禁止法・下請法に違反するのでは?」テレ東「ままあること」」において質問者とワイトキングが別人であるとするコメントを投稿者NGをしているとマーボー豆腐氏が主張していることについて、ククリーナ氏「事実に基づかない」としていることについてです。

    自分のブラウザの閲覧履歴で検索をかけたら、6月26日に投稿された、2枚のImgurの画像を発見しました。その画像は以下のとおりです。


    画像引用元:https://imgur.com/3JwPkzW

    画像引用元:https://imgur.com/a/4yA6ID8

    一枚目の画像から、コメント番号181,202,215,217にワイトキングと質問者は別人であるという旨のコメントを発見しました。

    ここで、「Nicofinder」というコメント解析サイトを使ってみましょう。このサイトでは、動画に投稿された動画が運営に削除されたとか、投稿者からNGされているとかが確認できます。



    画像引用元:https://nicofinder.net/comment/sm35311589

    上の画像は、その「Nicofinder」でワイトキング氏の動画のコメントを解析してみた画像です。

    画像を見る限り、コメント番号202,215,217は普通に表示されていますが、どうやらコメント番号181は投稿者NGに設定されているようです。

    以上のことから、質問者がワイトキングでないとするコメントがNGされていたことが確認できました。ククリーナ氏の「フェイト」「デマ」とする主張が誤っていたという笑えないオチです。

    以上、Bymnet1845でした。


  • 「エンゲージプリンセス」がサービス終了することについて

    2019-07-20 09:54

    ドワンゴ専務の栗田穣崇氏が自ら総監督となり、KADOKAWAのコンテンツとのコラボも行っていた、ドワンゴ渾身のPCブラウザゲーム「エンゲージプリンセス」が、9月30日にサービス終了することが発表されました

    今年の4月にサービスを開始したので、サービス提供期間はたった半年となります。正直、1年は持つと思っていたので、予想外でした。

    私自身、事前登録を行って遊ぼうと思っていたのですが、私の低スペPCではすごく重く、なりよりゲームシステムが面倒くさかったので、サービス開始日に遊んだっきり、ログインしておりません。

    「エンゲージプリンセス」がなぜサービスを終了するのか。

    昨日行われた生放送において栗田氏は、「単価は目標に達していた」と話しており、単純にユーザーが足りなかったものだと思われます。

    栗田氏によると「事前登録者が10万人程いた」ようですが、スマートフォンから事前登録を行った人もいたそうで、PCブラウザゲームである本作品が遊べない人もいたそうです。

    やはり、今の時代にスマートフォンに対応せず、PCブラウザゲームとして出したのがのが影響していそうです。

    栗田氏も遊ばれている「艦隊これくしょん-艦これ-」がサービス開始をした6年前ならまだしも、スマートフォンが主流の現代ではよっぽどの魅力がなければ成功できるとは思えません。

    「テクテクテクテク」に続くドワンゴのゲーム事業の失敗。しかも、栗田氏としては初めての明確な大きな失敗ということにより、ダメージは大きそうです。

    「エンゲージプリンセス」は結構お金をかけていそうですから、今年のドワンゴの業績も芳しくないものになる可能性が強まり、KADOKAWA側の業績によれば、角川グループ内での肩身が更に狭まるものになると思います。

    ドワンゴのこれからどうなるのか?先行きが全く見えません。