ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

  • PC9801版の闘神都市IIを遊んで

    2021-07-28 01:102

    色々とありまして、PC9821Xc13とPC9821Ce2をいただくことになり、今回はPC9821Xc13とPC-9801-86を利用して、実機にて闘神都市IIを遊ばせていただきました。
    闘神都市IIは今現在開発元のアリスソフトの配布フリー宣言の下で、PC98版以外のWinodws版なども無料配布が行われているので、興味のある方は遊んでみるとよいかと思います。

    このゲーム、Windows版を何度かプレイしては何度も途中で折れちゃってたのですが、今回やっと自力でクリアに至ることができました。

    以下ネタバレあり。

    プレイした感想ですが、めちゃくちゃ面白かったです。
    RPGとしての完成度がかなり高く、シナリオ、ゲーム性、どちらも非常に優れている作品だと思います。
    アリスソフトのゲームは他にランスシリーズなどを遊んできましたが、どれもR-18ならではのシナリオやゲーム性で好きです。

    今作もR-18ならではの展開が多く、非常によかったです。
    闘神大会における残酷なルールがあるからこそ、このゲームのキャラクターは誰もが魅力的に描かれているように思います。
    今作で思うこと、書きたいことは色々とあるんですが、個人的に印象的だったのが、ダイアナの死でした。
    ダイアナはトレジャーハンターなお嬢様で、個人的にツボなキャラクターでした。
    彼女自身はモンスターと戦う能力を持ちませんが、モンスター避けのスプレーを使い、単独で遺跡の探索を行っています。
    作中で強烈な性能を持った武器「人切りの剣」の入手にも彼女が関わってきます。
    そんな彼女と生きた状態で会えるのは闘神大会決勝前のラグナード遺跡でした。
    闘神大会の優勝後、またラグナード遺跡の中で会えるだろうとは思っていましたが、次に会ったとき、彼女は既に死亡していて、ラグナード遺跡の地下の、地獄で会うことになります。
    死んだ理由はモンスターに襲われたのでもなんでもなく、ただ通り魔に殺されたとのことで、あまりにあっさりと描かれた彼女の死には驚きました。
    この後、ダイアナは主人公のシードに自分のコレクションの在処、また、そこに入るための合言葉を教えてくれます。


    まあ、そんなイベントなのですが、このアリスソフト(というより、おそらくTADAさん)の描く、伏線の少ないキャラクターの死が、とても魅力的だと感じます。
    ランスシリーズのミリ・ヨークスなどにも同じようなものを感じました。
    物語の進行上、このキャラクターたちが死ぬ必要ってほとんどないんですよね。
    普通のRPGだと、キャラクターの死に何かしら意味を持たせることが多く、特にメインやサブキャラクターの死は、何かしら物語に影響を与えることが多いと思います。
    アリスソフト(というより、おそらくTADAさん)の場合、そこが特殊で、物語を盛り上げる都合で死ぬカーツウェルのようなキャラクターもいれば、ダイアナのように、キャラクターの都合で死ぬ場合もあると思います。
    そもそも物語の本筋に関わらないダイアナが死のうが生きようが、物語に与える影響は少ないわけで、ダイアナの死には一体何の意味があったのかを考えたのですが、おそらくそこに深い意味なんてないんですよね。
    ダイアナはトレジャーハンターとして、また学者として成功するが、最後は何でもない通り魔に襲われて死ぬ、それだけの話だと思います。
    こういったキャラクターの一生について、本当によく考えられていると思います。
    物語のために生まれた駒としてキャラクターが存在しているわけではなく、キャラクターの設定の上に物語が成り立っている感じが本当に好きです。
    物語に影響を与えないキャラクターの死と、その儚さについて、私はとても魅力を感じました。



    素晴らしいゲームです。
  • 広告
  • 2020年に遊んだタイトル(随時更新)(2020/6/20更新)(Rabi-Ribiを追加)

    2020-06-17 23:04

    2020年に遊んだタイトルを備忘録がてら、まとめてみる。
    下書きに書いていたものを間違えて投稿してしまったため、
    随時更新の形で記事を更新していこうと思います。

    配信外でもたくさん面白いゲームを遊んでいるので、個人的に楽しんだ感動をちょっとでもお伝え出来たらなーと思いつつ書いてます。

    1/1
    ハイドライド3(PC88,Project EGG)

    タイトル画面


    クリア時のステータスなど
    職業は怪物(修道士)
    魔法が全部使えて、なおかつHP以外の能力が高めな修道士はやはり強いと感じます


    クリア時の装備など
    十分な火力と長いリーチを持ち合わせた「炎の剣」のおかげで、今回は特に快適な攻略が行えました。


    このパスワードをT&Eに送るとクリア認定証がもらえるんでしたっけ。
    パスワードが「DISKNOCOPYWADAME(ディスクのコピーはダメ)」な点に、
    ゲームの開発者たちが80年代の時点で、既にゲームの不正コピーに悩まされていた様子が伺えます…

    2020年はハイドライド3の配信から始まりました。
    職業は修道士の怪物でプレイ。
    ラスボスのガイザックに対して、光の剣が弱体化することを覚えていたので、封印の洞窟突入後に炎の剣と交換する形で、光の剣を処分。
    炎の剣は宮殿における稼ぎも快適になるので、炎の剣を取得したら割り切って光の剣は処分するのがオススメ。

    1/3
    ゼルダの伝説(FC, Nintendo Switch Online)

    ラスボス戦後の力のトライフォースとガノンの遺灰
    攻略を見ずにプレイすると、毎回レッドリングが見つからず、
    ブルーリングのまま攻略するハメになります


    私のファミコンのゼルダの伝説との出会いは小学生の頃で、
    GBAのファミコンミニ版ゼルダの伝説1が最初のプレイでした。
    今回遊んだのはディスクシステム版準拠な移植だったため、
    ゲーム中の多少のフォントの違いが少しだけ気になったりしました。

    表ゼルダに関しては、小学生の頃にかなり遊びこんでいたので、
    今遊んでもおおよその仕掛けやダンジョンの位置は覚えており、
    一日の配信で、かなりあっさりとクリアすることができました。
    裏ゼルダは幼い自分には難しく、クリアすることができなかったため、
    近いうちに再挑戦したいと考えています。
    気が向いたらやりましょう。

    1/3〜
    ファンタシースター(セガ・マークIII, Nintendo Switch SEGA AGES)

    ステータス画面
    ここまで遊んだのに、なんでか飽きてしまった…

    基本的に配信外でプレイ。
    ファンタシースターシリーズは2と4、ポータブルをプレイ済み。
    ゲームバランスなどはよくもなく、悪くもなく。
    星間の移動が印象的な作品でした。

    今回の移植で実装されたオートマッピングが便利ではあるが、
    通過した道以外に、隣接した壁をも自動でマッピングしてしまうせいで、
    隠し扉などを自動で見つけてしまう点など、
    違和感のある仕様が、なんともM2という感じです。

    1/11
    リンクの冒険(FC, Nintendo Switch Online)

    大神殿
    小学生の頃はここにたどり着くことさえできませんでした。


    エンディング
    今作のエンディングはこの歳で初めて拝むことができました。
    感動でした。



    クリア後のデータ選択画面
    リンクの隣にトライフォースが。



    クリア後のデータをロードした結果
    魔法とレベルを引継いで初めから。
    今でいう強くてニューゲーム的な要素みたいです。
    知らなかった。

    このゲームもゼルダの伝説1と同じく、小学生の頃にGBAのファミコンミニ版を購入し、
    かなり遊んでいました。
    しかし、当時小学生の自分にこのゲームは難しすぎて、
    ラストダンジョンである「大神殿」前の「デスマウンテン」でさえ、越えることができませんでしたが、
    この歳になって、ついに大神殿のBGMを自分の手で聴くことが叶いました。

    また、道中の記憶は結構記憶に残っていたので、今作も一日でクリアすることができました。

    1/12
    パルテナの鏡(FC, Nintendo Switch Online)

    タイトル画面


    クリア画面
    実はこの評価でクリアできたのは初めてでした。


    データ選択画面
    ロードすると初めからになっちゃいます。

    パルテナの鏡、こちらも「ゼルダの伝説1」や「リンクの冒険」同様、小学生の頃にGBAのファミコンミニで楽しんでいた作品のうちの一作になります。
    このゲーム、小学生の頃はクリアするのに大変苦労した覚えがあるのですが、今遊ぶと、こちらもまた、そうでもないように感じました。
    昔遊んでた頃は、何度クリアしても最高評価を得ることが出来なかったのですが、今回ついに最高評価でのクリアを達成。


    任天堂作品にしては難しめだと思いますが、オススメな一作です。

    1/12
    メトロイド(FC, Nintendo Switch Online)

    タイトル画面


    クリア画面
    ビキニは見れず…;;


    クリア後のデータ選択画面
    ちなみに最近、ユーザー名が「な~さん」から「な~」になりました。

    こちらもまた、前述した作品と同じく、小学生の頃に、ファミコンミニで遊んでいたタイトルの1つです。
    この作品は、何度クリアしたかわからないぐらい遊びました。
    「ゼルダの伝説」と今作「メトロイド」は、この時点で既にシリーズのゲーム性が完成されており、個人的にファミコンの作品の中でも評価が高めです。

    これら二作のシリーズは、スーパーファミコンの「ゼルダの伝説 神々のトライフォース」と「スーパーメトロイド」で、更に洗練されたように感じます。
    非常に思い出深い作品の一つです。

    1/13
    ロックマン4(Windows, Steam)
    「ロックマンシリーズ、1〜6までクリアしたい枠」シリーズ第3弾のロックマン4です。
    第3弾なのに4作目のロックマン4なのは、第1弾にロックマン2、第2弾にロックマン3を遊んだためです。
    そのうち、5、6、そして初代と未クリアの作品も遊んでいこうと思っております。

    1/30
    SEKIRO(Windows, Steam)

    スタッフロール前のアレ

    初めはダクソの方が面白いのでは…と思いつつ遊んでましたが、
    戦闘やシステムに慣れるともう最高。
    唯一無二のゲームです。
    今年遊んだ中のGOTY候補です。

    1/31
    ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド(Switch)
    オープンワールドなARPGがいまいちピンと来ない自分には、とことんピンと来ませんでした。
    個人的にゼルダは道順がしっかり決まってる方が好きかなーと思わされる作品でした。

    2/9
    ファイアーエムブレム 風花雪月(Switch)
    FEのシリーズは大好きで、GCとWiiで出た作品以外はほとんど遊びました。
    好みな作品が、「外伝」「紋章の謎」「聖戦の系譜」「聖魔の光石」である私には、今作もどっちかというと「覚醒」や「if」路線だろうなーとあまり期待せずに遊び始めましたが、今作は期待を余裕で上回る出来で、中盤から最後まで、楽しく遊ぶことができました。
    近年の作品独特の雰囲気はやはりどうしてもありますが、今作のシナリオはかなり面白めに感じます。
    「覚醒」や「if」でシナリオにウーンと感じた方にもオススメです。

    2/10?~
    Stardew Valley(Windows, Steam)
    何度やり直しても良質なスプリンクラーを作ったあたりで一気に萎えてしまう…

    Slay the Spire(Windows, Steam)

    2/23
    クレオパトラフォーチュン(アーケード, Taito Legends 2)

    2/24
    麻雀(雀魂, MJ)

    2/28〜3/13
    FINAL FANTASY Ⅲ(Windows, Steam)

    3/14~
    Borderlands 3
    Borderlands 2は面白かったんだけど、今作は何かが違う…

    3/22~4/3
    超次元ゲイム ネプテューヌ(PS3)
    ねぷは神。
    オススメ。

    3/24~
    あつまれ どうぶつの森(Switch)
    3月中に釣るべきだったイトウが釣れず、心が折れてしまう…

    3/25~
    GRANDIA HD Remaster(Windows, Steam)
    途中で飽きてしまった…

    3/31~
    そるだむ 開花宣言(PS4)
    めっちゃ面白い
    たまに脳死で遊んでます。

    4/6~
    ストライカーズ1945(Windows, Steam)
    Steam版を遊び始めました。

    4/6~4/10
    BIOHAZARD RE:2(Windows, Steam)
    レオン表、クレア裏でクリア。
    久々にTPSに燃えました。
    楽しかった。

    4/7?~
    Teamfight Tactics(Windows)
    スターガーディアン最強伝説
    しばらくの間友人と今作に耽ることに。

    4/13~
    A Plague Tale:Innocence(Windows, Steam)
    1日で飽きた…
    決してつまらないわけではないんだけど…

    4/20~4/21
    BioShock Remastered
    面白かったっす。
    シングルプレイFPSの傑作。

    4/30~5/3
    プラスアルファ(アーケード, PS4アーケードアーカイブス)

    クリア画面


    スコア入力画面

    名作
    難しすぎず、簡単すぎず、ほどよいゲームバランスで、
    最初から最後まで楽しみながら攻略することができました。
    縦STGの傑作だと思います。

    5/1~
    CryStar(Windows, Steam)

    そこそこやりこみました。

    久弥直樹さん信者なので、
    シナリオにどっぷりハマって短期間で全実績取得まで楽しみました。
    アクションRPGとしてのゲーム部分は、正直かなりお粗末ではありますが、
    シナリオがよかったので、そこのところは目を瞑ることができました。

    今作のクリア後に、以前から久弥直樹さんでは…と疑われている脚本家「ハヤシナオキ」さんが脚本を担当したアニメ映画「BLACKFOX」を見ました。
    そちらも個人的には楽しめました。

    久弥直樹さんの今後の活躍を期待です。

    5/8~5/22
    ランスⅥ ゼス崩壊(Windows, DLsite)
    素晴らしいゲーム
    シナリオ、ゲーム性、BGM、どれも素晴らしい。
    おススメです。

    5/14
    虫姫さま(Windows, Steam)

    ver 1.5 オリジナルクリア


    Ver1.5 マニアッククリア

    オリジナルモード、マニアックモードをW-Powerで攻略。
    程よい難易度で遊びやすいです。

    5/18
    Helltaker
    流行に乗っていく。
    全実績解除までプレイ済み。

    5/23~29
    戦国ランス(Windows, DLsite)
    ランスⅥがあまりにも面白かったため、
    攻略後、すぐに今作である戦国ランスを購入。
    こちらもシナリオ、ゲーム性、BGM、どれも素晴らしく、
    名作だと思いました。

    しばらく配信が途絶えていたのは、ランスのこの2作のせいです…
    それぐらいどっぷりとハマっていました。

    5/30~
    ランスクエスト(Windows, DLsite)
    戦国ランスをクリア後、1日悩んで今作を購入。
    前作と大幅にゲーム性や雰囲気が変わり、
    なんだか萎えてしまい、あまり遊ばずに積みゲーと化す。

    5/31~
    海腹川背
    攻略中

    6/1~
    Minecraft Dungeons(Windows)
    面白くないことはないし、ゲーム性が違うので、
    比較すること自体がおこがましいかもしれないが、
    これを遊ぶならDiabloでよくね?感がすごい。
    このまま積みそう。

    6/2~
    Valorant(Windows)

    6/10~6/13
    VA-11 Hall-A(Windows, Steam)

    タイトル画面


    いつもの
    BGMと合わせて、このセリフは最高です。

    配信外で遊びました。
    このゲームがあったから、今、私はこの記事を書いています。
    この作品についても詳しく詳細を書きたい。

    6/20
    Rabi-Ribi(Windows, Steam)

    屈指の名台詞

    ついにアイテム取得率0%でポストゲームをクリアの実績を取得。
    達成感はあるけど、ただひたすらにしんどかった…


  • Ys I Chronicles(配信で遊んだゲームの紹介や感想など)

    2019-01-15 14:44
    『Ys I Chronicles


    タイトル画面

    販売ページ(DLsite)

    Windows8対応版
    公式での対応はWindows8までになっていますが、Windows10での動作を確認しました。
    Windows8対応版以前のバージョンだとWindows10では正常に動作しなかったという話を耳にしたことがあるので、パッケージ版を購入する際は注意が必要です。

    初代イースはオリジナルであるPC88版をProject EGGで購入し、何度も繰り返しクリアしているため、今回のクロニクルズは難易度ナイトメア。グラフィック、BGMはエターナル版でプレイ、クリアまで遊びました。


    ラスボス戦後
    めちゃくちゃ苦しかった…


    今回のプレイでは難易度ナイトメアでクリア重視のプレイだったため、アイテムやイベントの取り逃しは多そうです。
    特に港町はオープニングのイベント以外でほとんど訪れることがなく、炭坑攻略後のダームの塔突入前にTALWARLを購入できないことに気付き、そのタイミングで港町に戻り、TALWARLを入手したあと、すぐにダームの塔へと向かってしまいました。
    オープニングに登場する病院の先生や、看護師さんに、挨拶ぐらいはしておくべきだったと反省。


    でもフィーナにだけはしっかり挨拶していく

    正直なところ難易度ナイトメアといっても、なんだかんだイースだし余裕でしょうと思い遊んでいましたが、ラスボスのダルク=ファクトが本当に洒落にならないほど強く、倒すのに非常に苦労し、諦めようか迷いましたが、最終的にはなんとか倒すことができました。
    読み込みがほとんどないこのゲームで、まさか5時間弱も同じ相手と戦い続けるとは思いもしていませんでした。


    作品によっては自分から弱点を晒していくのも納得な強さ
    ちなみに今作では自分から弱点を話しませんでした
    教えてくれるのはPCエンジン版だけかな?


    相変わらずイースは何度やっても面白いです。
    今作は難易度選択が可能で、難易度イージーなんかだとボス戦で苦労することはおそらくないため、アクションゲームが苦手な人でもクリアまで楽しめるのではないかと思います。

    そのまんまPSP移植で手抜きな画面の解像度周りなど、不満点は少なくないですが、ゲームとして、イースはやはり面白いです。
    そのうちIIのクロニクルズ版も遊びたいと思います。

    それでは。