クトゥルフ神話について
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

クトゥルフ神話について

2018-07-24 22:26

    ###
    こんにちは!こうばしい気配のする私です。

    はじめに見ていただきありがとうございます。

    ###

    ふとクトゥルフ神話とはいったい何だろうか、と考えることがあります。

    単純に小説作品の一つと言ってしまうには惜しい何かがそこにあるからこそ、
    風化せずに今も存在し続けるのだと思いますから。

    ###

    思うにクトゥルフ神話はこの現実世界における宇宙の年代史であり、黙示録なのです。

    過去、現在、そして未来をあらゆる面から記述し、
    謎である部分を埋める鍵となっているのがこの神話なのだと思います。

    ###

    宇宙が存在する前から存在し続け、宇宙の創造主たる外なる神アザトース。

    宇宙の塵から生まれた原初の地球に宇宙から飛来してきて支配した旧支配者やイスの偉大なる一族。

    旧支配者は旧神に幽閉、追放されながらも現在に至るまで地球の再支配を夢みている。

    先カンブリアの時代まで繁栄した古のものに我々人類の大本は創造され、現在に至っては地球を支配しているという事実。

    しかし遠い未来に人類は滅亡し、イスの偉大なる一族が精神寄生した甲虫類がこの地球の次なる支配者となるのです。

    そして最終的にこの世界に飽きたアザトースによって世界の終焉を迎えることになる。

    この世界の誕生から滅亡までの記録こそクトゥルフ神話なのではないでしょうか。

    ###

    この世界は謎に満ちています。

    訳の分からない出来事が起こり、人々は混乱しそれがなぜ起こったのかを考えます。

    それでも分からないことは未解決として闇に葬られることでしょう。

    しかし、それで納得することができないのが人間であり、なにか理由を見つけようとするのです。

    その結果として都合よくこの神話の神々の存在をほのめかすことですべての元凶を見出すことができるのです。

    なぜ地震が起こったのか、クトゥルフの目覚めのときなのだ。

    なぜ火災がおこったのか、クトゥグアの招来に失敗したのだ。

    ###

    それはあらゆる神話で神々の行なった天罰や報いに似ているような気がします。

    ###

    どうして地震が起こるのだろうか。

    どうしてこんなにも酷暑が続くのだろうか。

    どうして我々は今まで、そしてこれからも苦しまなくてはならないのか。

    ###

    それら実害となるものの原因を神話の神々によってもたらされたものだと考えることは謎を謎のままにしたくない思いがあるのでしょう。

    ###

    しかし他の神話の神々と異なる点があるとするならば、
    それは人が何か悪事を働かなくても無慈悲に行為が行なわれることにあり、
    何の罪もない者がなすすべなく殺戮されるという自然の猛威に近いものがあるかもしれません。

    ###

    「大自然の猛威=クトゥルフ神話の神々」、

    もしくは「人の心に巣食う闇=クトゥルフ神話の神々」でしょうか。

    ###

    だからこそ、我々は従者となってクトゥルフ神話の神々に仕え、
    「私はあなたの役に立つ存在なのですから私だけはその脅威からお助けください」
    と祈りを捧げるのかもしれません。

    プラスの影響を求めるために神に仕えるわけではなく、
    マイナスの影響を恐れるがゆえに人々が祈りを捧げなくてはならないのです。

    ###

    クトゥルフ神話はこの世界に蔓延る謎の権現のようなもので時代によって変化するものなのでしょう。

    時代によって新たに導かれる真実や謎、それらによって形を変えてクトゥルフ神話の神々も形を変えることでしょう。

    時代を超えてだんだんと膨大していく神話大系に人々が惹かれるのは、
    その時代・その場所にあった謎の真実が書かれており、
    人々が好奇心を持っているからなのではないでしょうか。

    ###

    皆さんにとってのクトゥルフ神話はどのようなものでしょうか。

    人によって形が違うのもまた面白いのだと思います。

    それではまた遇う日まで、最後まで読んでいただきありがとうございました。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。