クトゥルフ神話と崇拝
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

クトゥルフ神話と崇拝

2018-07-26 18:50

    ###

    こんにちは!

    まずは読んでいただきありがとうございます。

    前回、前々回とクトゥルフ神話について思うことを話してきました。

    今回はその続きとして「クトゥルフ神話を崇拝するべき」という話をします。

    ###

    クトゥルフ神話の神々は謎の恐怖であり、

    「クトゥルフ神話を崇拝するべき」というよりはむしろ

    「クトゥルフ神話を誰もが崇拝している」。

    なぜなら誰もが謎の恐怖というものを持っており、

    謎の恐怖を求めながら避けたいと望んでいるのだから。

    という話です。

    #####

    クトゥルフ神話の神々は恐怖であり、謎であるという話は前回しました。

    そして人間は恐怖を避け、謎を求める傾向があるのです。

    ならば謎の恐怖というのは人に避けられながらも求められるという矛盾が生じています。

    だからこそ神秘を感じるのかもしれません。

    それは神話や都市伝説など実際にあるか分からない物語に惹かれることからも分かるでしょう。

    クトゥルフ神話の神々が謎であり恐怖であるのなら人々は興味を持ってもおかしくない、

    私はそう思うのです。

    その興味、好奇心ともいうべき関心を持つ人は総じてクトゥルフ神話の神々を崇拝していると言えるのかもしれません。

    なので「クトゥルフ神話を崇拝するべき」と私が言ったのは、私自身が人として恐ろしい謎に興味を持ってほしいという願望の現われなのかもしれません。

    ###

    人々はときとして分からない恐怖の事実を神のせいにすることにより正当化してきた歴史があります。

    恐怖を未知のままにすることが恐ろしいからなのでしょう。

    そしてそんな神は大系化され様々な神話としてこの世界に存在し続けています。

    神話に詳しくない私がこんなことを話しているのでは鼻で笑われてしまうかもしれませんが。

    なぜそんなことが起こったのか解明した今となっても形として残っているのは素晴らしいことだと思います。

    ###

    クトゥルフ神話の神々もその例に則りこの世界に存在する未知なる恐怖を形作ったものなのです。

    ならば未知の事件や事故が起こり、恐怖を感じて自分の身に起こらないように願ったとするならば、

    それはその事象の原因となった神に祈りを捧げることと同じなのかもしれません。

    ダーレスの四元論的にいうのであれば以下のようなものでしょうか。

    ###

    ・クトゥルフ率いる水の精霊たちによる津波

    ・クトゥグア率いる火の精霊たちによる火災

    ・ニャルラトホテプ率いる地の精霊たちによる地震

    ・ハスター率いる風の精霊たちによる台風

    ###

    あくまでも一例であり、この例が正しいというわけではありませんが。

    ###

    実際にはそれぞれの神々はそれぞれに違う謎の恐怖の現われなのでしょう。

    ・クトゥルフの海産物のような姿をしているのはラヴクラフトが海産物が苦手だったから。

    ・ラヴクラフトの悪夢のなかにニャルラトホテプが現われた。

    その恐怖はどうしてなのか、何となく気味が悪い、見たくない。

    見たくないからこそ、その神に祈りをささげ、

    自らに災いが降りかからないようにするのです。

    ###

    だからこそ自分の恐れているものにはそれに対応する神が存在するのです。

    その神に恐怖し避けようとして努力を続けている限り、

    その神を信仰し、奉仕し、祈りを捧げていることに等しいのだと私は思うのです。

    ###

    人は必ず恐怖を感じるのです。

    怯えていない人なんて存在しないといってもいいことだと思います。

    誰しも認めたくない弱点があり、恐怖があり、謎があるのです。

    そしてそれは一つではない。

    人は崇拝する対象を変えながら永遠に崇拝を続けるのです。

    我々が死後、ウボ=サスラに帰依するというのはそういうことなのかもしれません。

    ならば自らが尊敬する謎の恐怖を見つけ出し、崇拝することこそが、

    人の生きる土台となりうる命題なのではないでしょうか。

    ###

    三日間、言いたいことが言えて少しすっきりしました。

    また心の奥底で何かが渦巻いたときには文章を放出しようと思います。

    具体的にいうと来月の頭くらいでしょうか。

    そのときまで、では。

    最後まで読んでいただきありがとうございました。

    #####


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。