『ゲームマーケット2013春』に行ってきた!【その2】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

『ゲームマーケット2013春』に行ってきた!【その2】

2013-05-02 14:58

    2.同人のボドゲ
    ※基本的にバーコードが付いていないモノを”同人”と分類しています。







    同人ボドゲの購入数:17













    『箱庭の人狼』 ¥2500
    今回のゲムマにもいくつかの人狼系ゲームが売られていましたが、『箱庭の人狼』は特に注目されていた人狼ゲームである。
    前回のゲムマでNo.1の人狼ゲームとなった「ワンナイト人狼」とは違い、ルールを加えて改良することで新しい人狼ゲームを生み出したと思われる。
    しかしルールは人狼自体よりも複雑化しているため、ポスト「ワンナイト人狼」となれるかはまだ分からないw
    来月のウチのボドゲ会は人狼がメインなので早速やりたいところだが・・・
    このゲーム、実は少人数制の人狼で最大プレイ人数が8人なのである。
    今回のボドゲ会は参加者10人を予定しているのでプレイは無理そうだ><















    『ドラゴンズストーン』 ¥3200
    前回のゲムマで資金に余裕があったら買おうかと思っていたら、イベント開始30分ほどで即売り切れてしまった為に購入できなかったゲーム。
    プレイしたことがまだないのでどういうゲームかわからないが、コンポーネントが凝っていて非常に良い^^
    ボードゲーム制作サークル「Power9」の作品で、同サークルはポッドキャストもやっているのでそちらを聞いてみると色々情報が得られると思います。

    Power9 Radio http://power9.seesaa.net/















    『カード・オブ・ザ・デッド 日本語版』 ¥1800
    結構前のゲムマから販売されていたこのゲーム。
    元々はアメリカのカードゲームに影響されて日本の同人ゲームにも関わらず英語表記で販売されていたのだが、満を持しての日本語表記版が発売されたのであるw
    ルールも毎回調整されて改訂版ルールが出ていたのだが、今回新しいカードが何種類も加えられて新ルールとなった。なのでルールは第一版とはかなり違ってきているので正確には『カード・オブ・ザ・デッド2』のような気がしないでもないw
    プレイ人数は2~5人の為、『ラストナイト・オン・アース』を遊んだ合間にプレイするとちょうど良い感じ^^
    ルールは簡単だけどゾンビワールドをよく表現してあってオススメ!












    『I-GR-Making』 ¥500
    『キラークイーン』 ¥500
    『ねこっと』 ¥500

    知る人ぞ知る、サークルManifestDestinyの新作。
    このサークルは以前からゲムマごとに6~7種類のゲームを販売するものの売れ行きが芳しくなく、2chのボドゲスレで「どうすれば売れるようになるんでしょう?」と相談を持ちかけたのがきっかけでその話題性から有名になったみたいで、今回は売り切れ続出という感じでした。
    元々このサークルのゲームのクォリティーは高く、カードのイラストやコンポーネントの質はTOPレベル。ゲーム自体の独創性もあって非常に素晴らしいのだが・・・「マニュアルの書き方が独特過ぎて内容がよくわからない」「種類が多すぎてどれがメインなのかわからず、サークルごとスルーの対象になってしまう」という欠点があり売れ行きが伸びていなかったらしい。
    しかし2chスレでの書き込みのアドバイスを採用して色々試行錯誤された結果、前回のゲムマから行列ができるようになり、今回はメインゲームともいえる『ラストセブンデイズ』が早々に売り切れていました^^
    今回アル隊長が購入したのは500円ゲームの新作の3ゲーム。
    500円ゲームのためパッケージは簡略化されていますがカードの質は相変わらず高く、ちゃんとカードの角も丸くカットされておりこだわりを感じます。
    ここのサークルさんにはこれからも頑張ってもらいたいですね^^













    『賭博英雄伝セブン』(中古)※チップなし ¥500
    バザールのコーナーで購入。
    カワサキファクトリーが以前発売したゲームで、当時は結構話題に上がっていたような気がします。
    今回は本来コンポーネントに含まれる蔓印堂製のチップセットがない(チップセットは他のゲームで色々と使えるので、売り手の人が売らずに手元に残したため)ので、それ以外のコンポーネントが売られていた。
    まぁチップセットはイエサブや蔓印堂の通販であとから買うことも出来るし、多分自分が持っているポーカーチップも使えるであろうという理由から購入決定w
    ちなみにココは小さな女の子連れのお父さんがブースを出しており、購入後「たまきととーちゃんのおみせ」と書かれた名刺をもらった。
    こういうのって誰もが参加しているイベントって感じがしてイイネ!(*´∇`)b
















    『焼肉するよ!』 ¥1000
    基本的にアル隊長は同人ゲームの場合あまり「試作版」は買わないのですが、このゲームはちょっとひかれるモノがあり購入してみました。
    ゲムマ直前にこのゲームを紹介しているTouTube動画を見る機会があって、それを見て「買ってみようかな」という気になった訳です。
    やはりゲムマにゲームを出すのであれば、こういう事前情報を色々とやっておくことは大切なのだなぁ~と思うのでしたw













    『7th Night』 ¥1500
    さとーふぁみりあさんで購入。
    前回のゲムマ後の評判が非常に良かった2人用ゲームで、今回は予約をして購入したのだが…
    その「予約した」という行為からこのサークルを回るのが後回しになってしまい、もう一つの目玉『死神コイン』を購入し損ねたという失態><
    ゲームマーケット前日ゲーム会で長谷川登鯉さんに試遊させてもらい面白かったので購入するつもりだったのに、”ゲームを予約してあるサークルはあとで回る”という思考から買い逃したのであった・・・
    さとーふぁみりさんの場所は会場入り口のすぐ近くで、列の前の方(50人以内)に並んでいたアル隊長は買おうと思えば間違いなく買えたはずなのでそれが悔やまれます・゚・(ノД`)・゚・
    ただ今回のは試作版でゲムマ2013秋に正式版が出るので、それを楽しみに待つ事にします。


















    『HIDELOT』 ¥2000
    スロットをテーマにしたオサレゲーム。
    ゲムマの前情報からかなりのオシャレ感を出していたため気になっていました。
    サークル自体がサークルの特色を前面に出していたのも理由のひとつかもしれませんw

    ↓サークルの特色w



    題材がスロットでカード自体がオシャレなので一般の人でもゲームに誘いやすいし、ポーカーチップを使用した上級ルールはゲーマーにも楽しめると思われます^^



    ただ、今回はちょっと問題が・・・
    ゲムマ翌日のニコ生『ボドゲ@スクランブル』を聞いていた人は知ってると思いますが、放送中にこのゲームの開封をしているとカードの何枚かに折れ目がある事が発覚!
    この手のゲームで折れ目があると何のカードか裏面でわかってしまうのでゲームをするには致命的な問題となります。
    そこで「これはサークルの方に連絡した方がいいかな~」と話していたところ「HPで対応しております、本当に申し訳ないです」とコメントが・・・
    なんと偶然にもサークル関係者の方が放送を見てくれていたのでした!
    なので問題発覚からわずか数分で問題解決にww
    放送終了後に一枚一枚確認すると合計10枚のカードに折れ目が見つかり、それをHP上からの連絡で伝えるとしっかりと対応してくれて、既に先ほど速達メール便で10枚のカードが郵送されて来ました!
    ううむ、迅速な対応、しっかりとしたアフターサービス・・・素晴らしいデスね!
    今回の件はサークル自体ではなくカードの印刷をした印刷業者の方のミスだと思うので、業者の方にはしっかりと補償をしてほしいです。
    せっかくこのサークルさんが良いゲームをつくり、良いサークル活動をしていこうと頑張っているのに、製作過程上のミスの賠償をサークル側が負担する事になっては今後の活動に影響がでてしまいますからねぇ
    通常カードゲームの商品が出来上がっても、梱包されているその全てのカード状態のチェックをする訳はないので、今回の件は印刷業者側の責任が大きいと思います。
    初期不良の報告はかなり上がってきているようなので、サークルさんは今後の対応も大変かと思いますが頑張って欲しいです!


    mamag3's diary  http://mamag3.hatenablog.com/













    『ROBOTRINO』 ¥1000
    なんとなくテーマが気に入ったので購入してみました。
    今までにないプロット型のトリックテイキングという事でもの珍しさもありましたねw
    「ロボットの性能差が戦力の決定的な違いではない事をみせてやる!」
    といったプレイも可能で個人的には楽しめました。
    ただバッティング要素が強いので、色々考えても運ゲーになってしまうケースも多々あり、好き嫌いが分かれるゲームかもしれませんねw

















    『ダイスガールズ』 ¥500
    今回唯一購入したアイマスゲーム。
    「王への請願」っぽいゲームということで購入してみましたw












    『キャットファーザー』 ¥500
    前回のゲムマでは『ホシリンピック』で有名になった大気圏内ゲームズさんの2人用ゲーム。
    当初は購入予定に入っていなかったのですが、友人に頼まれていたホシリンピックの予約分の購入の為このサークルに立ち寄った際に「せっかく立ち寄ったし、500円で安いから買っておくか」という気軽な気持ちで購入しました。
    しかしこれがなかなかの傑作!
    1回のプレイ時間が短い為何度も繰り返して遊べる上に、勝利条件が2種類ありゲーム展開に応じてどちらで勝利を狙うかを悩むのが楽しいです。
    くにちー先生の『アンギャルド』に似た感覚のゲームですね。
    これは二人用ゲームの定番になりそうな良いゲームでオススメです!


















    『面接開始5分前!』 ¥1000
    以前から気になっていたゲームで今回は購入してみました。
    まだ未プレイw












    『ギャングスター☆パラダイス』拡張カード ¥300
    ボドゲ@スクランブルのリスナーで、よくコメントもしてくれるトンマーゾさん製作のゲーム。実は基本セットは新作で発表された当時に購入していたのですが、今までなかなかプレイする機会がなく未だに未プレイ^^;
    「今回は試遊してルールを覚えるぞ!」と思いサークルスペースに行ってみると、試遊卓には人が沢山集っており非常に盛り上がっていました。
    拡張カードを購入した後にしばらくその様子を見ていましたが、すぐには終わりそうにない感じだったのでインストをしていたトンマーゾさんに挨拶をし、名刺交換をしてからその場を後にしました。
    結局試遊してルールを覚えて帰ることは出来ませんでしたが、あの盛り上がりようであればかなり面白いゲームであることは確実です!w
    早くプレイする機会をつくって遊んでみたいものですネ。


    ↓人だかりもでき、非常に盛り上がっていた試遊卓















    『YAMINABE』 ¥1500
    前回のゲムマではのーPが試作版を購入してゲマム後のボドゲ会で遊んでみたもののルールを間違って遊んだため「これってただの運ゲーじゃんww」という評価でした。
    しかし後日「ゲムマ2013大阪」で正式版が発売されて、ちゃんとしたルールで遊んでみたらしっかりゲームとして楽しめたので購入を決定!
    適当にプレイしたら相変わらずの運ゲーだけど、プレイヤーの思考を読んだり、カードの配分を考えたりするとブラフゲームとして十分に楽しめる内容となっています。
    その為初見の人とプレイする場合は、どういう風に考えてプレイしたら良いかを経験者の人が最初にレクチャーしてからの方が良いと思います。
    ただ蔓印堂製でしっかりとした箱に入っているとはいえ、18枚のカード+おはじき5つのコンポーネントで1500円はお高い・・・1000円であれば気軽に買える人も増えると思うんですけどね~^^;













    『酔いどれ人狼』 ¥680
    今回のゲムマで最後に買ったゲーム。
    歩いていたらゲーム会での知人の○斉さんに呼び止められ「隊長は人狼好きだから、コレ買ってくれるよねw」と言われて購入ww
    ここのサークルは知り合いの人が合同で参加していたスペースらしく、知ってる顔が沢山集っていましたw
    この『酔いどれ人狼』も水曜日の会での顔なじみ、ユースケ&ケースケの二人が作ったモノらしく、コースタータイプの人狼カードは初めてだったので物珍しさと値段の安さもあって購入。しかしこれでオレは一体いくつの人狼ゲームを所有しているのだろうか…ww

    ちなみにこの二人、五反田でカツカレーのお店「びすとろ もちゴリラ」を経営しています。
    五反田という場所は自分的になかなか行く機会がないため、この店にはまだ行ったことがないのですが、近いうちに食べに行きたいと思ってる次第です^^


    びすとろ もちゴリラ  http://ameblo.jp/bisutoromochigorira/











    総評

    ここ数年で同人ゲームのコンポーネントの質はかなり良いものとなり、一般に流通している商業製品に見劣りしないレベルになってきました。
    しかしやはり流通量に決定的な差があるため、少数しか製作できない同人ゲームの1個あたりのコストは高くなってしまうのは仕方のないことでしょう。
    ゲームマーケット自体は会場を浅草から有明に移し、イベントの規模自体は上がりました。
    しかし同人ゲームを製作しているサークル側としては、イベントの規模が大きくなったからといって製作部数を大幅に上げられる訳ではありません。
    その為イベント参加者が年々増加して今回のように5000人を超えたとしても、よほどの大手サークルでない限り製作してイベントに持ち込むボドゲは50部とかそんなものだと思います。
    故にイベント開始30分以内に完売してしまうサークルもざらで、そのゲームを欲しいという人全てに行き渡る数を用意できないのが現状の様です。
    しかも今回瞬殺して売り切れたからと言って、次回のゲムマでもそうなる補償はどこにもないのでやはり大量に製作するのは難しいと思われます。
    ワンドローやオインク、カナイ製作所の様にイベント以外でも作ったボドゲを売ることができる環境ならば大量につくっても時間をかけて捌けますが、年に数回のイベントでしか売る機会がない一般のサークルではそういう流通網がないためです。
    ドロッセルマイヤーズのラウンドテーブルのように、普段から同人のボドゲを扱う店が増えればこの辺りの問題は解決するような気もしますが、色々と難しいんでしょうねぇ・・・^^;











    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。