『レジスタンス:アヴァロン』というゲーム
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

『レジスタンス:アヴァロン』というゲーム

2013-05-12 16:50
    『レジスタンス:アヴァロン』は以前発売された「レジスタンス」”円卓の騎士”をテーマとして加えたゲームです。





    『レジスタンス:アヴァロン』






    『レジスタンス』












    まずは「レジスタンス」の説明を・・・




    「レジスタンス」”脱落者のいない人狼”と言われています。
    それは人狼のように正体隠匿系のゲームではありますが、レジスタンス側とスパイ側にわかれてミッションを成功させるか失敗させるかで勝敗を決める為プレイヤーが死ぬ事はなく、脱落せずに最後までゲームに参加できるからです。
    あと司会者も不要なので、参加者全員でゲームが出来るのもいいですね。


    レジスタンス側はスパイの正体を探りながら腐った政府を転覆させるミッションを実行し、スパイ側は政府のスパイとしてレジスタンスのメンバーに紛れ込み、そのミッションを失敗させる事を目的とします。
    ミッションはゲーム中に5回行われ、レジスタンス側は3回成功させれば、スパイ側は3回失敗させれば勝ちとなります。


    「レジスタンス」は卓m@s動画を円卓Pがうpしているので、そちらの動画を見ればよりレジスタンスのルールと世界観がわかると思います。
    円卓Pは世界設定をかなり細かく表現していますが、実際のゲームではそこまで設定を考えてプレイする必要はありません。
    しかしただ成功か失敗かを決めるためにプレイするよりは、円卓Pの動画のように色々と世界設定を考えながらTRPGみたいに多少のロールプレイングをしながらプレイするとより楽しく遊べるのではないでしょうか?



    【卓M@s】レジスタンスへの誘い・ルール編【ボードゲーム】




    あと「レジスタンス」を紹介してるサイトがこちら(参考までに~)
    http://tbgl.p1.bindsite.jp/games/The_Resistance.html




    話を『レジスタンス:アヴァロン』に戻しましょう。
    上記に書いたように『レジスタンス:アヴァロン』「レジスタンス」の基本ルールは全く同じです。テーマが【SF】か【中世風ファンタジー】かというだけです。

    しかし勿論それ以外にも違いは存在します。

    それは『レジスタンス:アヴァロン』のキャラクターには人狼の役職のように特殊能力を持つ者がいるということです。
    「レジスタンス」では拡張ルールで特殊カードを使用するルールがありますが、『レジスタンス:アヴァロン』においては基本ルールから特殊能力を持つキャラクターを使用します。


    そのキャラクターの特殊能力は先日アル隊長がニコニコにうpした・・・


    これから『レジスタンス:アヴァロン』を始めます。




    の動画を見てもらえれば大体わかると思いますw


    そして『レジスタンス:アヴァロン』を紹介してるサイトがこちら
    http://tbgl.p1.bindsite.jp/games/avalon.html





    同じ正体隠匿系ゲームですが人狼とはプレイ感覚はかなり異なる為、人狼は知ってるけどレジスタンスは知らないという人に是非一度プレイしてもらいたいゲームですね^^

    他にも「レジスタンス」的なゲームで『エミッサリー・クライシス』というゲームがアル隊長のオススメではありますが、このゲームの事はまた別の機会に紹介するとしましょう。
    このゲームに関しては同じく卓m@s動画でエアPが動画にしているので、気になる人はそちらの動画をご覧下さい。
    ちなみにこのゲームは台湾のゲームですが、今年中にアークライトから「裏切りの工作員」というタイトルで日本語版の発売が決まっています。



    【卓m@s】響クライシス 第1回【EMISSARY CRISIS】








    まぁなんでいきなり『レジスタンス:アヴァロン』のことを記事にしたかというと、今月末の人狼会でやりたいと思ったからです。

    元々今回の人狼会は参加者10人で行う予定でした。
    それはこの『レジスタンス:アヴァロン』も遊ぶ予定で、このゲームの最大プレイ数が10人だからです。
    しかし今回の人狼会はなぜか参加希望の方が多く現状で12人、現在予定調整中の人が数名いらっしゃいます。
    そして会場となるカラオケの鉄人両国駅前店の最も大きい部屋が16~20人部屋、次が9~15人部屋となります。

    16~20人部屋


    9~15人部屋



    前回の人狼会は参加者が13人だったので9~15人部屋で行いましたが、13人でも部屋は手狭でした。
    なので今回は20人部屋を16人で使って(部屋の広さ的に)ゆとりのある人狼会を行いたいと思っています。
    なので参加者は16人まで集めたいので、もう少し参加者を募集することにしました。



    そしてここからが本題ですが、16人であれば8人ずつ2卓に分けて『レジスタンス:アヴァロン』がプレイ可能になるのです!(≧▽≦)/





    丸一日中人狼を遊ぶのもいいかなと思いましたが、他のゲームも遊んでみたいという声もあったので「うそつき人狼」の他にも「疑心暗鬼の人狼」「クク」「お邪魔者」「レジスタンス」「レジスタンス:アヴァロン」「ゲシェンク」「ロストレガシー」「ラブレター」「髑髏と薔薇」などを持ち込む予定です。

    ちなみに『レジスタンス:アヴァロン』は1つしかないので、2卓に分かれて遊ぶ場合は『レジスタンス:アヴァロン』「レジスタンス」の卓に分かれて遊ぶ事になります。
    一度遊んだ後にゲームを取り替えてもう一度遊ぶというのもアリですが、参加者の中に『レジスタンス:アヴァロン』を持ってる人がいたら持ってきてもらえると助かります^^;



    今回の人狼会は今までと違って過半数以上の人が初対面なのでかなり新鮮な感じでゲームを楽しめそうですw
    そしてせっかく参加してもらうのだから、しっかりと楽しい一日を参加者の皆さんに過ごしてもらえればと思いますネ(*´∇`)b

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。