ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

えむさん のコメント

丁寧で素敵なレポート有難うございます!
No.3
89ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
 3月13日~16日に行われた、 ロマサガ×佐賀県のコラボレーションイベント   「ロマンシング・佐賀」 に行ってきました。  1989年から続くサガシリーズ。  今年で25周年の記念としたイベントと言うことで、単身フリーファイトで会場の六本木ヒルズに行って参りました。    私は14日(金)に行ってきましたが、平日の午前中にも関わらず開場前で既に列形成。  物販、展示、カフェと列が別々だったので、お目当てのカフェの方に並びました。    連携メニューはこちら。メインはロマサガ1とサガフロ1ですね。  カフェにはテーブル席が8つとかなり小さかったです。  各テーブルには各作品のワンシーンが載っていて、ちゃんと見えてない部分もありますが、7つまでは何とかわかりました。  ロマサガ3:ビューネイ共闘戦(今回私が座った席)  ロマサガ2:ラスボス戦  ロマサガ1:ねんがんのアイスソード  アンサガ:戦闘シーン  サガフロ2:ソフィーがギュスターヴを叱るシーン  サガフロ2:ワイド奪取の日の出のシーン  サガ2:オープニングのシーン  後1つが遠くで見えずわかりませんでした(サガ1かな?)  実際座られた方、教えていただけるとありがたいです。  テーブルが8つしかなく、私のように一人だけの方も結構多かったので  なかなか循環せずに長い列になっていました……相席でもよかったんだけどなぁ。  食べ物はコンプリートしてきましたので、写真と感想を交えながらご紹介。  ----------キリトリ線----------    1: キャプテン・ホークの海賊風フェデリーニ  ¥1300  佐賀海苔とシラスが入ったペペロンチーノ。  ペペロンチーノと言ってもにんにく臭さがない上、海苔の風味が利いていてクセがなく  想像以上にあっさりしていて食べやすかったです。    2: シフのバルハラント式フモトアカドリ・クリームパスタ  ¥1400  「 ふもと赤鶏」のもも肉と ドライポルチーニ茸が入った濃厚なクリームパスタ。  こちらは非常に濃厚なコクがあり、程よい硬さのふもと赤鶏と絡みあったクリームソースは正に美しい連携と言えるでしょう。個人的に一番美味しかった一品です。    3: 佐賀通秘宝伝説  ¥650  イカしゅうまいです。(注:ヨークランド産ではありません)  すり身にされたイカの甘みはそのままでポン酢がまた味を引き立てます。  一口サイズより若干大きいくらいなので量もそこそこにありました。  刺身などとはまた違う食感も味わえて新鮮な感覚で食べた一品でした。    4: 皇位継承サラダ  ¥550   白石レンコンのスライスが入っているタラモサラダ。  タラモとは魚卵を表す言葉なので、たらこ+じゃがいもと言う意味ではないそうです。  ポテトサラダのように見えますが、たらこが入っているので少し桃色になっています。  レンコンのシャキシャキした食感はクセになります。  左にZIPPOを置いて比較していますが、器も量もとても小さいです。  美味しいだけにもう少し食べたかったなぁと名残惜しい気分でした。    5: マーグメル  ¥650  クーンの故郷であるリージョンから取ったみかんのタルト。  「 さがみかん」の爽やかな酸味とカスタードの甘さがちょうど良く、  カスタードクリームも甘すぎずタルト生地と良く合います。    6: シュライク  ¥650  「 さがいちご」が上に盛りつけられたティラミス。  見た目が鮮やかで視覚的にもきれいですが、まろやかな マスカルポーネムースといちごの酸味でくどくなく食べられました。果物系の甘さの方が私は好きみたいです。  普段デザートは食べないのですが、デザートの二品は想像以上に美味しかったです。  ただし、限定数が非常に少なかったのが本当に惜しいところ。  女性の方が多かったので、この二品は早々に完売したかと思います。    7: カフェ・ラテ  ¥650  カフェラテアートが施されたカフェラテ。  写真では「愛がアップ!」ですが、この他にも閃きの電球等もあったそうです。  文字の後ろもハート型になってたりと細かいです。飲むのがもったいないですw  さて、写真を見てきましたが、このメニューの器に注目してみてください。  皿や器に 「有田焼」 が使われているんですね。芸が細かいです。  他にストロベリーラテの「乱れ雪月花」と、さがみかんのジュース「愛がアップ!」があるのですが、注文してないので残念ながら味の方はわかりませんでした。    ちなみに全部しっかり完食いたしました。  お値段は「5850円」でした。頼まなかった2つを足すと約7000円ってところでしょうか。  ----------キリトリ線----------  カフェの方はこんな所で、小林智美氏の原画展と有田焼の展示もありました。  一部は割愛させて頂きますが載せていきます。    ・エンサガのTOPにもなった一枚。    ・ミンサガの詩人。額縁もまた良い味出してます。    ・サガフロ2から一枚。真ん中はギュスターヴかな?    ・同じくサガフロ2からジニー世代一同。……あれ?一人居ないような……    ・IRPOメンバーの一枚。ヒューズ、レン、サイレンス、ドール、コットン。    ・ミンサガの三邪神。シェラハが本当に美しい。    ・アンサガから一枚。限定版のジャケットになった一枚。    ・聖王と魔王と宿命の子。原画で見るとより鮮やかな色でした。    ・ロマサガ1主人公一同。    ・ミンサガのアムトとエリス。中央はディスティニーストーンが並んでますね。   この他にもロマサガ1の各主人公達が居ました。    ・物販もしていた中皿です。魔界塔士から一枚。    ・ロマサガ3主人公一同。   元の絵にはハリードとミカエルがユリアンの左側に居るんですが見えませんw    ・サガフロ2からギュスターヴ一家。皿との相性がとても良い一枚。    ・アンサガ主人公一同。    ・ 有田焼を知るものきたれ!   非売品の展示もありましたが……よく見ると……    ・キャラドットが随所に入ってます。    ・これまでのソフトたち。……右になぜかハブられているものが。    ・アンサガの限定版です。   初めて見ましたが、大きいのかハブられていました。    ・販売された有田焼の小皿セット。各タイトルのキャラが入っています。   この下にはアンサガのアーミック、ギュスターヴ、白銀の皇帝が。   この辺りは照明がキツくて上手く取れませんでした(´・ω・`)    ・展示の中でも一際目立った大皿。こちらは直接皿に描き込まれた一枚。   ロマサガ2の最終皇帝二人ですね。   ちなみにこちらの大皿の制作風景が動画であり、カフェ内での流れていました。    動画はこちら→ https://www.youtube.com/watch?v=7yFavTJipqA    ・先ほどのロマサガ1集合絵の大皿。別紙のチラシによると 100万円 するそうです。    ・サガフロ1のブルー&ルージュ。    ・エンサガの白銀の皇帝とセルマ。      ・実はこの大皿が乗ってる家具の下にはラフや初期デザインなどが入ってました。   せんせいのデザイン画もありました。……と言うか普通に見せてくれよ!!    ・隣にはサガフロ1のドールや白薔薇が。  ----------キリトリ線----------    ・外のガラスには主人公達が。ジェラール、ユリアン、ブルーの三人。   こうして並んでみるとユリアンがモブに見える不思議。   田舎者だからね……仕方ないね。    ・自動ドアを隔ててギュスターヴとミンサガ説明書に載ってた詩人。   ギュスターヴの後ろの模様と星がかわいい。    ・上部にはサルーインとミルザが。手に持ってるのはオブシダンソードかな?  ----------キリトリ線----------  ……と言うことで約2時間程色々見て回りました。  私は14日に行ったのですが、16日は 抽選100名限定の「Premium Night」がありますが、残念ながら落選。そのイベントの絡みもあってか1 6日には小林女史が来場されたらしいです。  物販の方は開始一時間で完売が出始め、カフェが終わった後に行くと有田焼がほとんどが完売する程の盛況っぷりでした。お値段も高額で元々の用意していた数が少なかったかと思いますが、それでもビックリです。    有田焼が無かったので、マグカップとトートバッグを買っていきました。  ロマサガ1の主人公達が写っています。  元々カフェフロアの中に展示と物販を詰め込んだ感じなので、どれも手狭な所はありました。カフェのメニューが数十食限定と言うのも非常に少なく、もっと増やして欲しかったですね。  この手のイベントの食べ物っていかにも値段の割に……なものが多い中、今回のイベントは想像以上に美味しかっただけに残念です。  期間が4日間だけと言うのも短すぎるので、今回のイベントは遠方の方にはとことん厳しいものでした。これは是非他の地域でもやって欲しいなぁと素直に思います。  コラボレーションイベントでも他ではあまり見ない類のものでしたが、往年のファンの方が多く、年齢層も高めな印象がありました。  それらを踏まえても希少なサガのイベントが開かれただけでも、嬉しいですね。  私自身は遊んだ作品は少ないですが、とても充実した時間を過ごせました。  後は本命であるゲームの方ですね。  こちらは期待して待ちたいところですが、一抹の不安があるのだけが心配ですw   その前に控えてるサガをクリアしないとw  ……と言う事でとても長くなりましたが、  ロマンシング・佐賀のレポートはこれにて終わりです。  ここまで読んで頂き、本当にありがとうございました。  行くことが出来なかった方々に少しでも会場の様子を伝えることができたら幸いです。
ポリニヤタイムズ
動画や生放送のこと等中心に色々と書いていきます。