KATO EF210の紹介
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

KATO EF210の紹介

2019-03-15 19:53
    KATO EF210の紹介
    2019年3月15日 D.M著

    みなさん、こんばんはD.Mです。
    当ブロマガで私が所有するNゲージを紹介していきます。
    記念すべき第1回目の今回は、私が初めて入手した電気機関車の「EF210」です。



    KATO 3034 EF210です。
    EF210はJR貨物が運用している直流電気機関車で、1996年から製造され現在(2019年)も運用されている車両です。



    EF210のEは電気機関車、Fは動輪が6輪(模型は4輪)、200番台は直流電気機関車の交流発動機を表しています。



    最高速度は110km/h、パンタグラフは走行時両方とも上げます。
    一度に26両(1300t)のコンテナ貨車を牽引します。



    愛称は「ECO-POWER 桃太郎」です。



    ここからは模型の話です。
    模型の全長は119mm(連結器含125mm)で、
    前照灯は点灯しますが、尾灯は点灯しません。

    品番は3034で、この他に
    同社の「3034-3 EF210 100 シングルアームパンタグラフ」
    TOMIXの「9141 EF210 0」
    同「9142 EF210 100 シングルアームパンタグラフ搭載車」
    同「9143 EF210 300」
    同「2140 EF210」(※旧製品)
    同「2146 EF210 100」(※旧製品)
    同「92491 EF210形コンテナ列車セット」(※旧製品)
    が発売されています。

    シングルアーム搭載型の100番台とカラーリングの異なる300番台は入線(入手)させたいですね。走行動画はコンテナ貨車やタンク貨車を入手した時に撮りたいと思っています。

    それではまた次回お会いしましょう。

    次→


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。