【2015.8.26更新】機材について
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【2015.8.26更新】機材について

2013-02-07 02:28
  • 1

以前、別のブログにてご紹介していたものを
こちらにも記載しておきます。(別ブログのURLはこちら
私の使用機材のメモです

※現在も販売しているものはサウンドハウスさん、価格.comさんのリンクを主に、及び
 HPへのリンクなども画像と機器名に貼ってます。現時点での参考価格までに。


■録音/生放送 共通  ※生放送・・・歌生放送/雑談放送共通の意

・マイク : audio-technica AT4050


憧れのマイクでした。
高音質にトークや歌を放送したり、録音したりしています。
飾り気のない音は逆に、ミックスダウン時に音を作りやすいという利点にもなり得ます。

・ヘッドフォン : SONY MDR-CD900ST


ド定番。
録音でも、生放送でも使用しております。
ヘッドフォンは最早これじゃないと・・・って感じです。

・ポップガード : STEDMAN PROSCREEN 101


こちらも憧れの一品でした。
録音時、生放送時共通で使用しております。水洗いできるのがGOOD。
個人的にはポップガードはもうこれじゃないとダメな気がしてます。

・マイクケーブル : 友人の手作り

【更新】・マイクスタンド : TAMA
 MS205


足がしっかりしたこちらに買い換えました。

【更新】・PC : Apple MacBook Pro (Retina, Mid 2014) 15inch



スペックの詳細は以下の通り。
O S:Mac OS X 10.9.4 (Marvericks)/Windows 7 Ultimate 64bit(Bootcamp)
CPU:Core i7-4870HQ(2.5GHz)
RAM:16GB(1,600MHz DDR3L SDRAM
SSD:256GB
GPU:Intel Iris Pro Graphics 5200(CPU内蔵)

※2014年に引越しとともにiMacから刷新しました。主に生放送はBootcampを使用して
 Windowsで放送しています。現在ではほぼWindowsにして録音もしてます。


【更新】・外付けHDD : WD Elements WDBUZG0010BBK



容量:1TB(5,400rpm)

※録音時はこちらを繋いでプロジェクトごと保存してます。
 静音性が高く、丈夫で気に入ってます。

・インターフェース : RME Fireface 400(※リンクはUSB接続のFireface UCです)


憧れのI/F。
内臓マイクプリも優秀でこれとマイクをケーブルで繋いだだけの録音。
FireWireなので、現在はThunderbolt⇔FW変換アダプタを使用しています。


■録音でのみ使用

【更新】・DAW : Avid Pro Tools 10 / 11


長らく使っていたDigital Performerから鞍替え。現在の私のメインDAWです。
録音では32bit仕様のPro Tools 10を使用することが多いです。


■生放送でのみ使用

【更新】・ミキサー : MACKIE 802VLZ4


堅牢なボディとノイズレスな音質。
スイッチひとつのマイクミュートは個人的に生放送では必須です。
※マイクミュートが欲しいがために402VLZ4を断念しました・・・。

・エフェクター : TC HELICON 
VoiceLive Play

これは1台で、ボーカルエフェクターとしてリバーブもディレイも、
ダブリングからハーモナイザー、さらにはケロケロボイスまで
リアルタイムに唄いながらエフェクトがかけられるスグレモノ。
個人的には今の私の歌生放送用には必需品と化しています。

【更新】・放送用ツール : ニコ生公式ツール NicoNico Live Encorder


長らく使用していたXSplitから鞍替え。
高画質、高音質放送が手軽です。

・Webカメラ : Logicool C920

これまでは、iMacに付属のiSightを使用していましたが、
新たに導入してみました。画質やズーム機能など気に入ってます。


■外配信用(カラオケ外配信用)

【更新】・ノートPC : Apple MacbookAir(Mid 2011) 11.6inch

外配信専用にはもちろんしておりません。
外出が増えたので、大事な連絡手段としてSkypeやデータの確認などにも使用。

スペックの詳細は以下の通り
O S:Mac OS X 10.7.4(Lion)/Windows 7 Ultimate 64bit ※Bootcamp使用
CPU:Core i7-2677M(1.8GHz)
RAM:4GB(1,333MHz DDR3オンボードメモリ
SSD:256GB(換装しました ※自己責任にて)
GPU:Intel HD Graphics 3000(384MB DDR3 SDRAMをメインメモリと共有

・マイク : AKG C3000B(※リンクは後継のC3000Bです)

私の初コンデンサマイクで、数々のレコーディングも共にしてきたかつての相棒。
AT4050を導入してからは、録音に使用することは減ったため、
その堅牢なボディを生かし、外配信のときのコンデンサマイクとして現在は活躍中。

・マイクスタンド : audio-technica AT8652

卓上用のマイクスタンド。
組み立て式でコンパクトに持ち運べるし軽量。
なのに、倒れたりしないので外でコンデンサマイク立てたいという奇特な人にはオススメ。


・インターフェース : Roland(旧EDIROL) UA-4FX

私の初48Vファンタム対応のI/Fで、前述のC3000Bで数々のレコーディングをしてきました。
ニコ生のスタンダード機になってしまったのは、私からしたら随分後になってからです。
電源不要なその特性から、現在では外配信用のI/F、また、その多機能なエフェクトから、
ボイスチェンジを使った生放送用や一部で有名な「匿名希望」になるために使用しています。

ということで、参考までに記述しました。
かつてあった機材などは手離したりもしています。
よりシンプルに、コンパクトに。
無駄な機材を減らして必要最小限にこれからもしていきます。
何がベストかは人それぞれですしね。


【追記】
忘れてました。私一応電源もノイズ対策をしてまして
安価ながらなかなかいい感じのこいつを愛用しています。

・電源タップ : FURMAN SS-6B

ま、完全にこれは気休めです。
広告
×
いつもダリルさんの投稿聞かせて頂いてます!
機材、参考になりますヽ(* `・ω・´*)ノ
マイク買い換えたいと思ってまだ迷い中でしたので、オーテクも候補に入れようと思います★
76ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。