ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

【S1レート2000達成】ヤドキングト&Aキュウコン2軸展開構築~燃えよ!ヤドキング~
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【S1レート2000達成】ヤドキングト&Aキュウコン2軸展開構築~燃えよ!ヤドキング~

2017-01-18 00:24

    7世代でのブログ投稿は初めてとなります.

    だいすけといいます.

    普段はニコニコ動画の方に動画を上げている実況者です.(楽しくガチるシングルレートシリーズ)よしなに


    7世代最初のシーズンということで,使えないポケモンや,逆に考慮しなくてもいいポケモンが多いシーズンでした.

    (メタ張りに縛られない=)自由に構築を組めるのはこのシーズンしかない!と思い,今回は第6世代ではそこまで手を出さなかったトリルと壁展開の2つを組み込んだ欲張り構築を使用してみました.


    というわけで,使用したポケモンは以下のとおりです.トレーナーカードが何故かうまく作れなかったので自作です^^;





    最終順位は272位だったみたいです.

    1.ヤドキング

    調整:控え目 HCぶっぱ

    技:なみのり だいもんじ れいとうビーム トリックルーム

    持ち物:ホノオZ

    トリル軸の起動要因かつエース.耐性と能力値がかみ合っておらず,受けだしはできないがそれでも1発は耐えてくれる.ヤドランとの違いは,特殊相手にも1発耐えてくれるかどうかであり,安定してトリルを張りたいのであればヤドキングに軍配が上がると判断した.具体的にはカプ・コケコの持ち物なし10万ボルトならOK程度.一応,マンダの特化捨て身も高乱数で耐える.カプテテフに対しても,勝てないがトリルを張って後続につなげることができる.また,雨グドラの眼鏡ドロポン2耐えも可能だったりする.

    最大の特徴は持ち物ホノオZだが,これを持たせることによってテッカグヤを1撃で葬ることができるようになった.(追記:計算しなおしてみたら,7割の乱数でした.どこかで計算ミスがあったようです.すみません.しかし,それでも奇襲としては十分な火力だとは思っています.)マイナーポケモンの強みは奇襲,わからん殺しであるため,その際に与えるダメージを大きくできるZ技はマイナーポケモンと非常にマッチしているように感じる.(わからん殺しの結果,立ち直れないほどの致命傷を負わせることができるわけですからね!)相手はまさかヤドキングに一撃で飛ばされることを想像していなかったのか,引っ込まれたりまもみがされたりするテッカグヤはほとんどいなかった.そのため,その多くを焼却処分することができた.



    2.ダダリン

    調整:意地 HAぶっぱ

    技:パワーウィップ シャドークロー アンカーショット じしん

    持ち物:とつげきチョッキ

    ダダリンのテンプレ型だと考えている.カプ系全種,ジバコイルなど,環境にいるほとんどの特殊アタッカーに対して強く出られる.(ゴーストZ以外の)特殊ゴーストの攻撃も1撃耐えてくれるので,タイマンでもある程度期待できる.ただし,鬼火祟り目ゲンガーは無理()

    こいつに関しては自覚がなさ過ぎたので,本当に育成しなおしたいレベル.急所は引くし,麻痺ると半分は動けなくなるし,熱湯,炎攻撃技での,火傷の追加効果は“必ず”引いていた.(でもゲンガーの鬼火をよけてくれたことは2回あった.)次ダダリンを使う機会があれば1から厳選しなおすようにします.

    ちなみによくテッカグヤを後投げされたが,ダダリンとヤドキングに一貫する技が(どくどく以外)ないので,カグヤが出てきたらヤドキング引きがかなり安定する.そして焼却処分へ…



    3.ハッサム

    調整:意地 HAぶっぱ

    技:バレットパンチ とんぼがえり はねやすめ つるぎのまい

    持ち物:メガストーン

    テンプレ型のメガハッサム.対オニゴーリ,マンムー,パルシェンを意識して採用した.どの技も優秀で使い勝手の良いポケモンであったが,瓦割りや泥棒がほしい場面は多々あった.相手のハッサムへの打点がほしかった.壁展開にも,トリル展開にも対応できるポケモンだったため,非常に使い勝手が良かった.



    4.アローラキュウコン

    調整:臆病 CSぶっぱ

    技:こごえるかぜ ムーンフォース オーロラベール アンコール

    持ち物:きあいのタスキ

    起点づくりに特化したキュウコン.あられは襷つぶしとして優秀なように見えるが,今の環境では襷マンムーやパルシェンが多かったため,その恩恵を受けられるケースは思ったより限られていたように感じた.パーティで重いポケモンが多すぎたが,それに対して次に紹介するポリゴンZと組み合わせてごまかしていた.本PT唯一のマンダストッパーなので,2番手以降に控えることもあった.

    正直なところ,こいつの最大の役割はマンダ,ガブを初手で呼ばないところにある.

    これらを呼ばない→コケコ,テテフなどのほかのメンツが初手で来やすくなる

    ということなので,初手ダダリンの出し勝ち率を上げるための見せ駒としてもかなり貢献してくれたと思う.


    5.ポリゴンZ

    調整:ひかえめ CSぶっぱ

    技:10まんボルト れいとうビーム みがわり テクスチャー

    持ち物:ノーマルZ

    テンプレのポリゴンZパーティで重いハッサム,ポリゴン2などに対する駒として採用.キュウコンと組み合わせることでこれらを胡麻化していく.ただし,ポリゴン2などの火力のないポケモンを起点にすること前提で立ち回ることもあったので,キュウコンがセットにならないこともある.ヤドキング,ダダリンのトリルで突破できない相手を見つけたら選出といった感じ.ハッサムはよく見たので結局出していた.

    こいつ1匹で壁無しで3タテした試合が何度もあったので,上位環境でも十分に刺していけるポケモンだと感じた.


    6.ガブリアス

    調整:陽気 ASぶっぱ

    技:げきりん じしん ほのおのキバ ダブルチョップ

    持ち物:こだわりスカーフ

    PT唯一のUBにしてレー島を統べるカプ系の王.ポケモン界の主人公.電気の一貫を切る枠として採用した.キュウコンがたすきを所持していたのでスカーフで採用.ゲンガー,催眠後のデンジュモク,メガマンダなどの上が取れたのはものすごく評価に値する.相手のポリゴンZや,ミラーを意識して陽気スカガブを採用…というのは建前.意地っ張りガブをバンク解禁前に厳選したくなかったので陽気でそのまま突っ込んだだけ.技に関しては逆鱗,地震,炎の牙までは確定.ほかは何でもOK.どうせ撃たない.



    ☆基本選出

    ヤドキング+ダダリン+1

    トリル展開をするときに採用する並び.状況次第でダダリンが初手になることもある.ダダリンは本PTの貴重な対ガルーラ枠でもあるので,大事に扱うこと.(なお雪崩がルーラには勝てない模様)


    キュウコン+ポリゴンZ1

    壁展開.相手にマンダがいてキュウコンがいないと舞われたら負けるときなどにも採用している.その場合はキュウコンが2番手以降になる.初手でダダリンなどが暴れ,その後キュウコン展開→ポリZで全抜きを狙う.


    サンムーン最初のシーズンということで満足いく結果が出せてよかったです.しかし,動画の中では2100を目標に頑張ると公言しているので,この結果よりもさらに上を目指して精進していきたいと思います.

    最後まで見てくださりありがとうございました.

    それでは,失礼します!


    Twitter@Daisuke_poke 変な人以外はお気軽にフォローどうぞ



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。