ER-4Sの抵抗を変えて色々遊んでみる。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ER-4Sの抵抗を変えて色々遊んでみる。

2015-07-25 19:53
    「暑いんで水分と塩分忘れずにね!」

    海行って海水ガバガバ飲めば
    いいんじゃないですかね!!!
    ※生理食塩水の濃度を超える海水飲んでも逆効果です。

    山田です。

    さて、先日分解してセミヌード状態のER-4Sですが、
    「抵抗を変えると音が変わる」ということなので
    こちらは抵抗軍
    そんなに変わるもんなのかと思って実験してみたいと思います。

    まずはホイホイ抵抗を変えるようなケーブルなんて
    ないので先日ぶった切ったケーブルを加工します。



    このイモムシひっくり返したようなところですね。
    ピンソケットを左右で4個ずつ取り付けました。
    4個並んでいますがそのうちの左半分が3.5mm
    ジャック側、右半分がイヤホン側です。
    ついでにバランス接続にしようかと思いましたが
    抵抗の味比べするのに余計な機能こさえても
    しょうがないので今回は通常のアンバランス。

    下準備も終わったことなのでアキバで仕入れてきた
    抵抗群を紹介します。
    標準の4Sとの比較だから全部100Ωですので悪しからず。

    1.オーディオDIYerはまず知ってるニクいやつ
      VISHAY-DALE(ビシェイ・デール) 無誘導巻線抵抗
      NS-2B (3W) 単価442円
    2.いろいろ探してたらオススメらしいので急きょ導入
      東京光音電波(日本)製 精密級金属皮膜抵抗
      RN65E(0.5W) 単価432円

    一緒の袋に入ってたんでね・・・

    3.元の抵抗と同じカーボン素材。だがこいつはオーディオ用だ!
      AMTRANS
      AMRG 0.75W 単価247円


    4.ホントに抵抗の値段なのこれ?評価はピカイチ
      VISHAY(ビシェイ) 無誘導金属箔抵抗
      VAR(0.4W) 単価2,160円

    素手で触れたらダメらしい。

    5.本来は産業用!でもオーディオ用としても大変優れてる?
      VISHAY-DALE 無誘導メタルクラッド抵抗
      NH-25 (25W) 単価1,512円



    以上、5名のラインナップです。
    今回はアキバにある海神無線株式会社さんで
    全部そろえました。通販も可能です。

    検証マシンはお馴染み、Cayin N6さんですが、
    インピーダンスが高いのでAlgoRhythm Picolloさんに
    ご協力いただいての検証になります。

    検証に使う曲は適当です。
    CDから直接WAV引っ張ってきて無加工でflacにしました。
    ギターのカッティングが素敵な曲から
    ゴリゴリの電波ソング系、パンク・ハードコアから
    JAZZ、ロック、ヘビーメタル、ボカロなどをチョイス。

    「音源によって音が違うと思うんですよね!」みたいな
    音源厨の方はその制限内でしか使えない曲で満足しててください。

    評価に関しては私個人が勝手に決めた結果で尚且つ、
    オーディオ用抵抗に限らず必要とされている
    エージングは行っておりません。
    同志によると1本当たり50時間から100時間と
    されているようなのでその間に耳も慣れるしで
    直観で語れない挙句面倒くさいので。

    まず純正の抵抗の評価を決めて、そこから線引きを
    しようと思います。
    抵抗の単価はもちろん1個の値段なので2個必要です。

    0.純正品
    解像度  ★★★★★
    高音の伸び★★★☆☆

    低音の響き★★★☆
      ★3つがあるのは低いわけじゃなくてこれが標準
      だからです。解像度は今までのヘッドホンとかと
      比べた中でトップ。
      音質とかはどフラットって言えばいいのかな。
      余計な脚色ない感じ。

    0.5.バイパス(抵抗なし)
    解像度  ★★☆☆☆
    高音の伸び★☆☆☆☆

    低音の響き★★★★☆
     【感想】
      前の記事でも言ったけどネットに上がってたのを
      試したやつ。安物イヤホンというかiPhoneの
      純正イヤホンの方が数倍聴きやすい。
      低音も思い切り出てるけどボウンボウンwwwって
      感じで全然心地よくはない。

    1.
    VISHAY-DALE(ビシェイ・デール) 無誘導巻線抵抗
      DALE NS-2B (3W)
    解像度  ★★★★☆
    高音の伸び★★☆☆☆

    低音の響き★★★★★
     【感想】
      最初は解像度が落ちたというか少しこもったというか
      そんな感じがしたけど低音がすごい。純正品でも
      しっかり出てはいるけど他と比べればやっぱり弱い低音が
      ゴッツリ出てくる。おかげで高音ボケたのかも・・・
      ロックとかボカロとかアニソンとかズンズン系に良いかも

    2.
    東京光音電波(日本)製 精密級金属皮膜抵抗
      RN65E(0.5W) 
    解像度  ★★★★☆
    高音の伸び★★★

    低音の響き★★★
     【感想】
      これも純正品と比べれば解像度低いのかも。
      ただNS-2Bと比べたらより純正品に近い。
      その代わり低音のアタックが純正品より強くなる。
      交換するのであれば1番遜色ないというか変な不満は
      出ないのかもしれない。
      J-POPとかよく流れてる曲にはこれが良いと思う

    3.AMTRANS
      AMRG 0.75W

    解像度  ★★★★☆
    高音の伸び★★★☆☆

    低音の響き★★★★☆
     【感想】
      評価では上のRN65Eと一緒だけどこっちは若干
      まろやかぁな感じがする。
      おかげで純正品でたまに感じる高音出すぎて
      刺さってますよあなたみたいのは一切感じなくなった。
      電波ソングとか機械音系の曲にオススメ

    4.VISHAY(ビシェイ) 無誘導金属箔抵抗
      VAR(0.4W)
    解像度  ★★★★★
    高音の伸び★★★★☆

    低音の響き★★★★☆
     【感想】
      ・・・なにこれ。こんなに変わるもんなの?
      純正品で少し足りないと思ってた部分全部解消
      したような感じ。値段高いからプラシーボかなぁ
      とも思ったけど色々聞き比べてもやっぱ違う。
      刺さるはずの音ですら伸びるのに心地いい。
      鳴ってますか?鳴ってましたねって低音も
      ちゃんと重みを増してる。
      そんな感じ。
      今んとこ何を聴いてもOK

    5.VISHAY-DALE 無誘導メタルクラッド抵抗
      DALE NH-25 (25W)
    解像度  ★★★★★
    高音の伸び★★★☆☆

    低音の響き★★★★☆
     【感想】
      でけぇよw
      
      ただ大きさに見合うだけの事はしてくれる。
      さっきのVARを聴いた後だから若干もうちょっと
      欲しいと思ったところはあるけど、他の3つの
      抵抗と比べるとこれも群を抜いて心地よかった。
      JAZZとかクラシックとか静か目な曲だと良いかも。

    とまぁこんな感じでした。
    オススメはVARだけど高いので、普段聴いてる曲に
    よりけりですがNS-2BとかRN65Eがいいかも。

    次回というか今リケーブル用の材料そろえてるので
    たぶんケーブル作ります。お楽しみに!
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。