• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

記事 5件
  • 【第318号】おはな詩とKIND OF RED

    2020-11-30 07:00  
    11月最終週のメルマガの担当を務めさせていただきます。
    久世孝臣と申します。よろしくお願いいたします。

    記事を読む»

  • 【第317号】女の戦略が古くなる時

    2020-11-23 07:00  
    220pt
    (注・梨泰院クラスネタバレ有り)

    記事を読む»

  • 【第316号】「嘘」の使い方

    2020-11-16 07:00  
    220pt
    【男はブリーフか?】
    その昔、どこかの高校生か誰かが「男はブリーフか?トランクスか?」という討論を真剣にやっているのをテレビで観た。
    記憶が曖昧で実際どんな番組だったかは思い出せないのだけど、数人のチームに分かれて「自分が本当はどっち派なのか」は置いておいて「決められた方の下着」を「こっちがいいのだ!」と説得する。
    その時僕は初めて「ディベート」というものを知った。

    記事を読む»

  • 【第315号】「大統領選」と「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」

    2020-11-09 07:00  
    220pt
    【綾波ランボーを回復せよ】
    今週のヤンサンは、噂の「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」でした。
    すごい人気なのは知っていたものの、観たのはこれが初めてだったのだけど、あの「繊細な少女漫画的世界」でどんな物語が語られるのかと思っていたら、まさかの「傷痍軍人モノ」でした。
    激しい戦争で両手を失った主人公はロングヘアの美少女で、戦場では「有能な人間兵器」として恐れられていたというのだ。
    美少女が「兵器」

    記事を読む»

  • 【第314号】「鬼滅の刃」だった「The Boys」

    2020-11-02 07:00  
    220pt
    今週のヤンサンは話題の海外ドラマ「The Boys」の分析。
    面白かったのは、番組の後半のおっくんの「懊悩」でした。
    アメリカの掲げる理想がどれだけ「ぶっ壊れているか」を「スーパーヒーローの腐敗」という視点で描いたこのドラマ。
    役者や脚本家を交えてのトーク番組も含めて、おっくんがこのドラマにドハマリしているのは、番組を観てくれた人には伝わったと思います。

    記事を読む»