2013年6月に見た映画&上半期ベスト10♂
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

2013年6月に見た映画&上半期ベスト10♂

2013-06-30 21:21
  • 5

ある会社員
大激怒した主人公の感情を『エンジン爆音時速300kmの仏恥義理スポーツカー』
で表現するという、男らしいにも程があるカチコミシーンが最高に熱かったです!!
ちょっと笑っちゃったのも事実です!!


イノセント・ガーデン
今年期待度ナンバー1!!!!!
ガッカリ度もナンバー1!!!!!


リアル 完全なる首長竜の日
つまんなかったぞw
最後に怪獣が出ようともワシは懐柔されないぞw


はじまりのみち
僕が生涯で最も愛する映画『ギャラクシー・クエスト』で、
他愛もない子供番組を食い扶持にしている自分をずっと恥じていた登場人物が、
ある出来事によってそんな自分の人生が無駄ではなかったと悟るという名シーンがあります。
『はじまりのみち』の川辺で語らうシーンにはそれと同じ感動がありました。
さすがの ワシも 泣くわ たまらん


嘆きのピエタ
冒頭で男が炒飯する映画は今年で二本目だぞ歪みねえな!!
でも女が炒飯する『イノセント・ガーデン』より断然おもしろかったです!!


はじまりのみち
ワシは2回見たぞw
上記の川辺のシーンも泣けたけど、本編後の木下作品ダイジェストはそれ以上に泣けたぞw
「木下恵介ってあれやろ、二十四の瞳の人やろ」程度の認識だったせいで、
『わが恋せし乙女』の映像が流れた途端、主人公の願いが叶ったことを知って大号泣だぞw


6月まとめ
あっ、シャマランの新作見てねえや



2013年上半期ベスト10
  1. はじまりのみち
  2. きっと、うまくいく
  3. 世界にひとつのプレイブック
  4. ライフ・オブ・パイ / トラと漂流した227日
  5. 嘆きのピエタ
  6. プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ 宿命
  7. ある会社員
  8. ムーンライズ・キングダム
  9. ジャッジ・ドレッド
  10. 桜、ふたたびの加奈子

1~3月、特に話題作山盛りの3月は思ったほどグっと来る映画が少なくてモヤモヤしてましたが、4月末~6月はかなり豊作だったと思います。

『きっと、うまくいく』『世界にひとつのプレイブック』は見ている間とても楽しかった映画
『はじまりのみち』『ライフ・オブ・パイ』は作品のメッセージに強く胸を打たれた映画
何度も繰り返し見たくなるのは前者ですが、見たあと何度も思い出す映画は後者ですね。
どっちも歪みねえな!!!!

『嘆きのピエタ』『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ』も重い余韻が深く残る傑作でした。
個人的に上位6本はどれが今年ベスト1でもええぞ!!!

『ある会社員』『ジャッジ・ドレッド』は個人的にとても面白かったのに大して話題になってないせいで偏愛気味かもしれません。
『ムーン・ライズキングダム』は作りこまれた画面と世界観とハゲが良かったです。
『桜、ふたたびの加奈子』はキチガイでした。
広告
×
ワシは全部100回ずつ見たぞw
85ヶ月前
×
ワシのブロマガにもコメントしてれよww
85ヶ月前
×
>すぎもと
お前が100回見るのは昼ドラだろ!!

>chono・uni
コメントしてきました

85ヶ月前
×
流石ですねじゃんごろじーさん… 良い映画は何度も観たくなりますものね。


G.I.ジョー バック2リベンジという映画が最初から最後までアクション性高く、その中にサスペンスも織り交ぜてる感ありましたね。
アフターアースが設定とストーリーのシステムとか映画らしくて…というか、ゲームを取り入れた感覚で面白かったです。。

あと自分のおすすめなんですが、真夏の方程式という映画…あのサスペンスストーリー…映画の中にのめり込んでしまう感じがあります。
85ヶ月前
×
『はじまりのみち』は映画愛に溢れていてホント良かったですねぇ。地味な作品ですがこのまま下半期も含めて今年1番の映画になりそうです。
G.I.ジョー2はブルース・ウイリスとイ・ビョンホンが同じ画面にいるという異次元っぽさでちょっと気になってましたねw
真夏の方程式はドラマ版の方を全然見れてないんで、まずは今度地上波で放送する劇場1作目を見てみます!
アフターアースはシャマランの新作なんでいずれ見に行くつもりです!でもシャマランの新作だからやっぱり見に行かないかも!
85ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。