• 〝劇場版 艦これ〟TOHOシネマズさんのトラブル対応の微妙さで貴重な時間が〝またしても〟無駄になった話。

    2016-12-03 18:49

    結論、映像トラブルに対する補償の無料鑑賞では入場者プレゼントは貰えない様だ。どうしても入場者プレゼントが欲しければ・・・金・以下略

    ↑を見れば↓の書き殴った文章は読まなくてよしw

    誰も見ないブログだし愚痴書いちゃいますわ・・・。

    まず先週の話をしないと今日の話が分らないので書かせてもらうと、
    〝艦隊これ〟の劇場版を初日の初回に観に行ったんだよね・・・・。
    実はその回は舞台挨拶のライブビューイング付きという事だったので無理して行った訳です。

    ・・・・TCXなるTOHOさん自慢の大きなスクリーンで観れて満足だったのですが、
    なんと!エンドロール途中で〝舞台挨拶云々で準備中、暫くお待ちください〟的な静止画が差し込まれたんだ。

    !?っと思っていると、何やら音が聞こえてくるんだよね・・・

    そう! エンドロール後に映像が残ってた・・・っぽいwwww

    差し込まれた静止画の画面で音だけが流れて・・・場内がざわめく。

    そりゃ ざわめくさww こないだやってたマジェプリのエンドロール後のボイスドラマ!?じゃあるまいしwある意味デジャブったねww
    (※マジェスティックプリンス、エンドロールが終わった後にボイスドラマを1週2週と亘って流してました)

    その後に舞台挨拶が始まるからひとまず黙って観るんだが・・
    そりゃ~モヤモヤしますわw だって最後が気になるし、観れなかった訳だからww

    で、その舞台挨拶が終えると、そりゃ~TOHOシネマズのスタッフに文句を言う人が続出するよねw

    「ラスト見せてくれるってよ」(もしくは、ラスト見せて貰おうぜ ワシは動かんぞ!)
    的な事を言って清掃中の劇場に乱入する輩も10人ほど居たくらいにねww

    あの場に居た皆の貴重な時間が大袈裟に言えば〝あの〟映像カットで台無しになったわけだ・・・・。

    だってラストが入って無い訳だしねww

    そして、TOHOシネマズ梅田さんのHPに
    〝重要なお知らせ〟と見出しがあり、
    【11月26日(土)『劇場版 艦これ』9:30の回をご鑑賞のお客様へ

    該当の上映回のエンドロールにおいて一部映像が映らない事象がございました。
    恐れ入りますが該当回のご鑑賞チケットを上映期間中にお持ち頂ければ、再度のご鑑賞対応(12月3日舞台挨拶上映回を除く)をさせて頂きます。楽しみにご来場いただいたにも関わらず、ご迷惑をお掛け致しました事、誠に申し訳ございませんでした。
    「本件に関するお問い合せ」
    劇場名:TOHOシネマズ梅田
    電話番号******(伏せます)

    と、書かれているもんだから「そりゃ当然だわ!」と声も出ますよねw
    そして、どうせ折角また観るなら次週の入場者特典の時じゃん!

    と思ったんだけど、そりゃ普通だよね?
    休みの土日に観に行ったら来週の土日に観るし、
    だったらついでに入場者特典もって頭に入れて予定入れるよね・・・。

    私はそう判断しちゃった訳だけど、これには罠があったのです・・・。

    今日、夜勤明けだけど入場特典の為に・・・というか、
    半券持ってくれば見せてあげますよ!と書かれていても、
    ネット予約も出来ないわけだから・・それに半券見せればOK的なアバウトな案件なので、
    そりゃ~早く消化したいよね。電話するのも面倒だし、なので土曜日の初回に観に行ったんだけど

    ※初回8:45分の回

    早めにTOHO梅田さんに着いたんだけど、OPENの時間が8:30分なので、
    長蛇の列が出来てた・・・うわ~入れてもチケット云々の時間合わせたらギリギリやん・・。
    そもそもちゃんと観れるのかも心配だったしね・・。

    まぁ 話を省くと、半券見せると・・・察してくれた様で、

    「申し訳ございませんでした。」
    「この席で宜しいですか?」私「はい!」
    的な一連の流れ。

    チケットには〝招待券0円〟って表示されるんだ~へぇ~・・・

    と、思っていると〝入プレ済〟とボールペンで書かれていたんだよね・・
    正直何を書かれているかその時は分らなかったんだけど、入場時に分っちゃったんだよね、
    つまりの所〝入場プレゼント済〟扱いだったわけね・・・

    「ヴぇぇぇぇぇぇ・・・この対応は・・・」

    そもそも、そういう説明も何も言わずにボールペンで書き書きしてるし・・・その時点でどうなの?普通は・・・例「先週に入場プレゼントをお渡しているので、今回は入場プレゼントをお渡しする事が出来ませんが宜しいですか?」とか・・ん???何言ってんの?って内容だけど、せめて説明くらいするやろ?無言でスッって何やねんwwダメなスタッフだなぁ・・・と思っちゃったんだけど・・・。

    と、考えて居る内に上映時間ギリギリだったから、
    仕方なく鑑賞するしかなかったんだ。

    TOHO側のミスなのに、この微妙な対応って何なの?例の件の補償があるからとわざわざ梅田を選んで来た意味って・・・先週と引き続きでモヤモヤ・・何か私が悪いわけ?おかげで二回目の鑑賞とはいえ内容が頭に入ってこないわ・・・てか、他の入場者と区別してプレゼント配布の排除で差を付けて誰が気分良く見れるのだろうか?ほんとナニソレイミワカンナイ・・・だわ。

    で、そもそも〝あの回〟を観た人の補償ってこの共通の対応なのか気になったんだよね、まだ使ってない知人も居たし・・なので再度TOHOスタッフさんに聞いてみたわけよ。

    「あの回を見た人、この無料鑑賞券では入場プレゼントを貰えないというので合ってるんですか?」
    「あの回を見た人に共通でこの対応なんでしょうか?」
    「貰えないと分かって居たならわざわざ土曜日の朝に来なかったんですが?」
    「HP上にはそう書いてなかったんですが・・・」
    「もしそういう対応だったなら入場プレゼントを貰う為にお金出してましたよ?」
    (この対応と知っていたなら他の劇場選ぶ)

    大体、こういう感じの事を言ったと思います。

    そうすると、スタッフさんのアンサーはこれ!

    「共通の対応です。」
    「プレゼントはお渡し済なので今回はお渡し頂けません」
    「HP上で書かれていなかった点は申し訳ありません。」
    「入場者プレゼントも数に限りがございますので・・・ゴニョゴニョ お渡し出来ないんですよ」
    「もちろん、お金を出してチケットを買って頂きますと繰り越しの回でお渡し出来ると思います。(多分?もしくは曖昧な感じ)」

    とか、こんな感じでした。
    何やら〝ゴニョゴニョ〟部分でややこしい事を言ってましたが、結局はお金を出してチケット買ってくれたらお渡し出来る・・・でも入場者プレゼントに限りがあるので・・・どの回で入場プレゼントが終わるか分らない的な曖昧感・・でもこの回では入場プレゼントは渡さないよ!という決定事項は絶対に曲げませんって感じ。誰が決めたんだろうね~。

    と言うか、入場者プレゼントが絶対欲しいから~と思っていたとして・・その可笑しいと思っちゃった対応を受け入れて金出して観たくないよ・・・「じゃあ~次の回をお金出して観まーっす♪それなら入場プレゼント頂けますしね♪」とか・・・流石に??その画を想像しただけで気持ち悪い・・・何このメンドクサイ感じ・・。

    そもそも・・・〝また〟観た映画をまた観ろとか・・・極端に言えば、入場者プレゼントは金出した人だけ!みたいな?何かこっちが悪いの?って感じだし、お金出して入場者プレゼントだけ貰って帰ればいいって?それって一般的に恥ずかしい行為だと思ってる訳で・・っていうかトラブル起こしたTOHO梅田さんが悪いんじゃんか・・何か気分を害する対応に酷いぃぃぃぃぃと思ったよ。

    その後、梅田をプラプラ歩いてるとやはり、この問題が胃の中で消化仕切れない感じだったので、
    TOHO梅田は行きたくない・・・なので、なんばパークスシネマで入場者プレゼントを貰ってスッキリしようと思ったんだ♪何の為に来たか分らなくなるからね♪

    最悪な事は忘れちゃえばいいや♪

    だけれども、悲劇が起こってしまった・・・

    〝あの〟入場者プレゼントの数が多いと噂のなんばパークスシネマにて入場者プレゼントが終わっていたんだ・・・絶望したね。梅田で朝にあの入場者プレゼントを劇場内で「いいなぁ・・・」と見ていただけに・・・入場したのに入場者プレゼントを貰えないという経験をしたの私だけじゃないだろうか・・・w

    補足だけども、その日は難波と梅田で舞台挨拶があって一部の回は普通には買えないし、
    2000円という割高で販売されてたそうだ。その日の上映スケジュールはこんな感じ。
    なんば(①通常、②特別、③通常)
    梅田(①通常、②通常、③特別)と言った風に、
    私が観たのは梅田の①、そして難波の③・・・。
    入場者プレゼントが無かったので、なんばパークスシネマは①と②で特典は終了してたという・・・・現地にてネットでチケットを衝動買いしていたので、あの時にキチンと確認して買えばよかったと後悔の嵐。

    入場者プレゼントの数の少なさと舞台挨拶、不運が重なって悲劇となったわけだ・・・ついてない・・・
    と言う風に、夜勤明けの私の今日の一日、貴重な時間は無駄に終わったのだった・・・。

    そして、あの時にキツメに放った
    「HPにその事を追加で書いてくださいね!!」
    「お願いしますよ!」

    と言ったお願いだけは通じだ様だ・・・でもさぁ・・・・

    ちゃんと、×月××日、×時に追記だとか表示しないと意味ないっしょwwww
    その前に見てた人がまた悲劇に会っちゃうじゃん!
    「ちゃんとHPに書いてございますが?御覧になってないんですか?」
    とか言われたらキレちゃうよwww
    「前書いてた内容と違う様な・・・あれ?・・・」
    みたいな可哀想な人が出ちゃうじゃんかwww

    その追加されたのをまんま載せておきます。
    【11月26日(土)『劇場版 艦これ』9:30の回をご鑑賞のお客様へ

    該当の上映回のエンドロールにおいて一部映像が映らない事象がございました。
    恐れ入りますが該当回のご鑑賞チケットを上映期間中にお持ち頂ければ、再度のご鑑賞対応(12月3日舞台挨拶上映回を除く)をさせて頂きます。※入場者プレゼントの再配布はございません。予めご了承下さい。
    楽しみにご来場いただいたにも関わらず、ご迷惑をお掛け致しました事、誠に申し訳ございませんでした。
    「本件に関するお問い合せ」
    劇場名:TOHOシネマズ梅田

    ※入場者プレゼントの再配布はございません。予めご了承下さい。
    ↑これが追加されただけ、なんだよ再配布って!

    先週に入場者プレゼントしてるから、今回は映像の補償であって入場者プレゼントは別だろ?だから土曜の朝に来ようが入場者プレゼントは無しな!そんなに欲しけりゃ金出して観るんだな!ガハハハハ!!と推測するが・・・それを納得出来る様に説明するのがTOHOの人の仕事やろうが!言葉足らずな癖にジャイアンみたいに強引な理屈を押し付けるなよ!それなら最初から補償が無かった方が良かったまであるんだよ!ほんと更に気分悪くさせてどうすんだ!っと・・・それなら最初に、せめて選択肢を提示させて対象者に〝選ばせろよ!〟と・・・・永遠書きそうなので、愚痴はひとまず置いといて・・・

    これだけ見ると、私が人柱となったその影響で出した文、謝罪というより、最初の映像カットの部分を引き継いだ形の申し訳ありません・・な訳で、最初から(この無料鑑賞での)入場者プレゼントの配布しません!って書いてましたけど?みたいに取れる形になってるしさ・・だって最初の文読んでる人しか分からないからね・・私のデリケートな気持ちの部分は汲み取ってくれなかったんだなっと・・むしろエグって来てるじゃんこれ・・・腹立たしい・・。

    そんなんでいいの?TOHOシネマズさん!

    ※追記
    それにHPの入場者特典の配布終了の情報もあえて遅らせてる感じだから注意した方がいいんだよね・・HPで入場プレゼント終了の知らせがあるんだけど、二週目の所は何も書かれてなかったから翌日の朝にわざわざ劇場で聞いたけど配布×(予想は出来たw)出掛ける前にHPは当然チェックしたんだよねぇ・・聞く所によると昨日に配布終了との事(知ってたw)※在庫は随時変動あるって書いてるけど、お問い合わせ先の電話の対応時間10:00~21:00だし、朝の9:00の回にあるのか確認も出来ない訳で・・・朝にせめて〝HPの情報を更新しろよ!〟←これ!あんなにスタッフいるのに何やってんのかねぇ・・・こすいわ。今回を含む度々のトラブルでも分かるけど、利益の為に(当然だけどさw)あえて手を抜いて仕事してる所なんだなって思うわ。


    尚、なんばパークスシネマさんの方はある程度はちゃんとHP上で確認出来ます。
    (入場者プレゼントの情報)

    どうせこんなブログなんて誰も見ないだろうけど愚痴を書きたかったんだ・・・後悔はしていない。

  • 広告
  • アニメ〝ラブライブ!〟NHK・Eテレで再放送決定!! 何故、めでたいのか?

    2015-11-20 16:47

    めでたいニュースが舞い込んできた♪

    な、なんと!!
    NHK・Eテレで1月2日(土)の夕方の4時〝ラブライブ!〟の再放送が決定したよ♪

    いや~めでたい♪ めでたい♪
    NHKでの民放からのアニメの再放送は〝日常〟のイメージが今尚残ってますね♪

    そして何より!!!

    地方で地上波でラブライブ!が観れなかったor観づらかった層としても大喜びです♪
    某地域のM○NPAというアニメ番組内でやきもきしながら録画していた私も感涙です!!

    昨今のNHKは何かとラブライブ関連の特集番組もしてましたし、歌番組のゲストでもμ’sを呼んでましたからね♪NHKが今流行りの去年で言う〝妖怪ウォッチ〟所謂〝特定層の人気取り〟として〝ラブライブ!〟を取り入れてきたか~と言った感じですねw

    けれど、それでも良いのです!!
    〝夕方の4時〟に放送されるのだから!!!!


    今のアニメは〝深夜に多数が放送され〟内容も深夜特有のモノだったり、〝夕方に流しても良いモノ〟まであります。今の夕方、ゴールデンタイムに流れているアニメはえらく長いモノが多いし(特に漫画原作)、十年やそこら経っても完結しないアニメが鎮座してるもんだから〝メッセージ性〟もあって無い様なモノが多数・・・それまでに子供が成人しちゃいますよ・・ゴホン・・。

    たしか、2000年辺り?まではアニメは〝夕方〟に主に放送されてましたよね?

    故に、今の子供は
    〝自由度の少ないアニメを観させられている!選べない!〟
    と言っても過言じゃないと思います。子供には小難しい内容だったり、
    精神年齢が上の内容、表現・・・大雑把に言えば〝毒〟が少し入ってるくらいが良いと思います。

    それに、幼い頃に観ていたアニメを大人になって再度観返して楽しめた方が素敵だと思うし、
    子供は何かしらをアニメからプラスやマイナスの要素を取り込んで〝成長〟するモノだと思うから。

    とは言っても、銀○は褒めませんがw
    もっと違う意味で考えさせる様な毒が好ましいかなw

    ちなみに、ラブライブ!が毒と言ってるわけじゃないですよ~!
    前向きになれる様なプラスの要素、内容のある素晴らしいアニメです。
    まっすぐ突き進んでいく、いわばド直球なラブライブ!のアニメは大好きですよ♪

    ・・・〝ラブライブ!〟の内容から軸が少しずつズレ始めてますが・・・w、

    続けますw

    毒という以前に、今の夕方にやってるアニメは〝メッセージ性が薄い〟様な・・・(汗)
    ふんわりとした感じと言いますか・・・土日アニメをずらーっと見ると、
    〝子供に寄り過ぎ〟なイメージです・・。

    今の毒っけの無さを雑誌で例えると、昔のジャンプは〝枠が無い〟ので色々幅広かったけど、今は〝ヤング〟があるもんだから、今のジャンプは自然と大人しく見えちゃうよね~って感じ。

    土日の夕方枠のアニメにしても漫画原作が目立ちます。それ故に、途中で終わって〝未完結〟
    〝2期マダー?〟っていうのはダメだと思うんですよね・・・そりゃメッセージ性も薄い。例え途中であっても〝内容のある終わり方〟が良いわけです。最近話題になった高○あいさん主演の〝青い花〟とか二期なんて要らない!と言っても良い位の終わり方でしたし・・二期をやるにしても一期で〝一つの形としての終わり〟は示すモノだと思うんですよ・・・日曜日の夕方に放送してるガンダムみたく〝完結〟するまでやってくれる形が理想ですね。

    昔のアニメは2期ありきの頭で作って無かったが故に〝一球入魂〟だったと思います。
    要は、原作が連載中であっても〝アニメとしての終わり〟を示して気持ち良く終わって欲しいのです。

    それに、二期(完結)を念頭に置いたとしても、そこまで漕ぎ着けられるアニメが少ない・・・。
    〝どれだけ待たすんだ!〟〝え?無理なの??〟っていうのが一番ダメ!
    (円盤が売れなければ二期できません!みたいなのは問題外)

    今のアニメには〝一球入魂〟が足りていない!
    故に、子供の身にならないし〝印象にも残らない〟と思います。


    ゴールデンタイムにやってた世界名作劇場が私の欲しいと思うそれなんですが・・・
    かなり前に終了しましたし・・Gのレコンギスタも夕方にやっていてくれたら・・・。

    ・・・・・・・・・また昔みたいに夕方やゴールデン枠に色々なアニメを流して欲しい・・。

    ・・・・・・・色々な縛りの無いオリジナルアニメをバンバン増やして欲しい・・・。

    ・・・・・ちゃんと完結してこそ、子供の身となり記憶に残るんだよ・・・。

    ・・・それに、子供に深夜アニメを漁れとも言えないわけで・・・。

    何故なら子供は深夜に起きてちゃダメです!おっきくなれません!!
    (成長ホルモンが主に分泌されるのが深夜なので)

    だ・か・ら・こ・そ・の めでたいニュース!!
    今回、NHK・Eテレで再放送が決定された〝ラブライブ!〟というアニメ!


    この物語、内容、大まかなメッセージ性からして、
    〝誰もが通る青春〟〝一生懸命がんばろう〟〝勇気を出して一歩踏み出そうよ〟
    などなど、適当に書きましたがw 個々で感じる部分が沢山あると思います♪

    そして、アニメ化の前から公式が掲げるメッセージである、
    〝みんなで叶える物語〟
    これに尽きます。

    目標に向かってみんなで一歩一歩進んで行くストーリー

    そして、


    歌が・・ものスゴく良い!!

    ほぼほぼ応援歌です!! 聞いててとってもとっても元気を貰えます♪

    青春を駆け抜ける物語とμ'sの歌が相俟ってマ○ロス7で言う所の、
    歌エネルギー、つまりはサウンドエネルギーをサウンドブースターで増幅させて、
    山を動かしてしまう様な!? とてつもないチバソング値を叩き出す様なモノで、

    身体を駆け巡るゾクゾク美ィ!! アニマスピリチアァー!!!な訳です!!

    ・・・ナニソレイミワカンナイ・・・

    なので、とっても元気を貰える作品です。
    今の子供達にはピッタリじゃないかな♪
    悩んだり、落ち込んだりする時、そんな後ろ向きな気持ちの時、
    その人にとって前向きな、何かの〝キッカケ〟になって欲しいですね♪

    13話×2本(2期も放送されるなら)
    ちょうど良い長さ、ゴールまで振り返らず駆け抜けた青春♪
    だからこそメッセージ性としても伝わり易いはず!

    そ・れ・に、〝夕方の4時〟に流してくれるのだから!!!

    これが全て♪♪

    なので、めでたい! NHKよくやった!!

    元々は深夜枠からですが夕方に流すべきなのです!!

    是非とも子供達に見て欲しいアニメですね。


    それに、今年はラブライブの映画も公開されましたしベストタイミングですね♪
    (今も尚、公開されてますがw 驚きです。)

    しかしまぁ・・・誌上、CD等で始まったラブライブ!の歩みを見れば感慨深いです♪

    ここにきてNHKで再放送が決定という事は、
    μ’sの・・・紅白出演〟が決定しちゃった!?様なモノかも知れませんねw

    紅白出場なら喜ばしいね♪



    ・・・・・・・・・。



    そして今後を見据えて漂ってくるのは、
    ラブライブのコンテンツ継続の流れ・・・

    ・・・・・地獄のローラー・・・・うわぁぁ・・ダ・・ダレカタスケテェェェ・・
    ・・・サ、サンシャインめ・・・アパッチの雄叫び!!ウラララー!!

    ・・ナニソレイミワカンナイ・・・

    と、ネタにしちゃいましたが、
    ラブライブ関連の話をして終わりにしようと思いますw

    少し前にG'sマガジンの誌上で始まった〝ラブライブ!サンシャイン〟
    只の後釜という形でサンシャインに繋ぐという考えは私は余り好きじゃないですね。

    やるなら〝挑戦的で土台は同じとしても全く違う事〟をやって欲しいと思ってます。

    〝焼き回しじゃん!〟と言われない内容ならば良いのですが、ちょこっと言わせて貰うと、
    個人的にはスマホアプリ絡みでAqours(アクア)も9人に固定されてるのなら残念ですね~。
    無印と被らない様になのか、髪色も突飛な感じですね・・・名前も只々ぶっ飛んでるとしか・・・
    ここは現実思考で全員黒髪とかでも良かったような・・・土台がスクールアイドルが存在するラブライブ絡みは基本としても、やはり無印と違う事をして貰わないと・・・メンバーの1人が車椅子で、それでもスクールアイドル、ラブライブ出場を夢見てるとか。そういった比較出来ないモノになるくらいが丁度良いと思いますね。


  • ラブライブ!をラジオで弄んだ芸人●●の話に物申す!!後篇

    2015-08-09 04:312

    前回の続きです。

    芸人特有のネタ話にする為に色々盛りに盛ってますねw
    (省いた所にも多数、例オタクに変装して劇場に足を運ぶ等)

    で、私が勘違いしてしまった村○氏の発言がこれ
    〝そこで一回皆でこの夢諦めかけて、〟
    〝諦めるなよ〟
    とラジオで喋っておられました。

    前篇でいうところの
    〝μ’sのみんなが夢を諦めかける場面〟

    夢??一回皆で夢を諦め掛ける??諦めるな!???
    でも、これって・・・正直、どの場面?

    μ’sのメンバーの夢が仮にラブライブの優勝だとしても、それは二期で終わってるので、村本氏の言っている所が正直言って分かりません・・・謎として引っかかります。というか個人的にはラブライブ優勝がメンバーの夢とは思ってないです。

    ・・・・少し脱線して熱く語るなら・・
    今、その時だからこそ夢中になれて、熱くなれたモノ!それは夢ではなく、その熱量の最終到達点がラブライブの優勝!そこはあくまで青春のゴールという事であり、人生の通過地点という意味で〝夢では無い〟と思います。けれどフォローを入れるとすると、矢澤にこちゃんにとってラブライブに出場、優勝する事は未来の自分の夢に繋がっているとすると夢のカケラかも知れませんね。

    更に言うと、今回の映画では夢のカケラに注目するとより楽しめると思います。

    話を戻すと。

    映画の場面で悩む場面?もしくは未来のラブライブの為にμ’sをどうするのか?
    という意見を出し合って熱くなったところなのかな?ドーム開催が夢??
    少し苦しいけど、こういう事だろうか?? いや、違うくない??

    ちなみに村○氏の話で映画観てるであろう発言部分はこれ!
    〝アメリカ行って、アメリカライブしてドタバタが巻き起こる〟
    〝街灯でこんな女の子に出会って云々(タイガークイーンの?)〟
    〝何であの歌はここで流れたんや??(挿入歌かな?)〟の部分。

    これは映画観てないと分からない要素ではあります。

    故に、ちゃんと観てるんじゃん!!になるのかな?

    そして、違和感の部分は、芸人がネタ話をし易くする為に分かり易い要素として取って付けたモノなのかな?そう当て嵌めていたと仮定すれば、そういう理由になる?

    まぁ〝あいつ絶対みてないわー〟
    と、何でも疑えばそう思ってしまいますよね(汗
    映画の内容は感想ブログや観た知り合いに聞けば出来ない事もないですからね。

    で、今頃言い出すんですが
    〝ラブライブ!をラジオで弄んだ芸人●●の話に物申す!!〟
    という、サブタイトル

    最後の〝ラブライブそんなおもんなかったぞ~〟←これ

    これについて物申しまくりたい!!

    ネタ話の前から分かる通り〝オールナイトニッポン〟という武器を使って過去に受けたラブライバーからの屈辱、そのうさを晴らす為の私怨じゃない?まぁ・・悪い一部のラブライバーが居るんだなって事なんで・・・。だとしても私怨を持ち込むのはダメだと思うけど、仕方なくそれ譲歩するとして・・まだ我慢出来ますが・・。

    ラジオの最後の一言の影響で〝色眼鏡なしで観に行ってください!俺からのお願いです!!〟等々、その他の褒めちぎっていた部分〝嘘〟変化するわけだ。

    ※ここから愚痴を書き殴ります。

    あー 結局、芸人がラブライブに擦り寄ってきたと思わせて〝ラブライバーざまーみろ!!〟っていう流れなんだろう?これが重要なんだけど、今現在も上映している映画に対してラジオという公共の電波を使って〝ラブライブそんなおもんなかったぞ~〟と言ってもいいのか??ダメじゃないの?え?そんな事ない?? まぁ~詳しくないから置いといて、個人的にはダメだろうって思います。彼の言葉を受けて〝あ~面白くないのか~つまり、さっきの話も嘘って事だよな?w〟刷り込みされるわけだ。例えばだけどラブライブが邦画だった場合、そういう発言すりゃ芸能界に身を置く立場としてその業界から干されるよね?なので、まずやらないでしょ?それは考えれば分かる。あ~オタクアニメってレッテル貼っちゃって小馬鹿にしてるのか?アニメを小馬鹿にしても影響無いって思ってるのか?酷くない?芸能人ある作品を面白くなかったと言えば、ラジオを聞いている層はそれを信じて観に行く事がまず無くなり、イメージも面白くないモノとして刷り込みされちゃうんだろ?そもそも発端一部の悪いラブライバーにその業界から消されかけた??ツイッター炎上とかさw一部のラブライバー関係なく炎上大好き野郎沢山居るでしょwツイッターという個人的な事から私怨で一部のラブライバーだけじゃなく純粋なファンが愛してやまない作品〝面白くない〟という烙印を押すとか・・その辺の普通の人なら言ってもいいだろうけどさ、芸能人が言っていいもんかね?ほんと、だから芸人って最低だな!

    ※〆で〝芸人って最低だな!〟と使いましたが、わざとであって本心ではないです。
    一部だけを見て全体まで叩く様になったらダメですからね♪

    それはただのレッテル貼りですから!!

    というか、その芸人がネタわざと面白くない言っていたとしても関係ないです。
    最後の一言パァーです。嘘、真実関係なくラブライブという作品イメージを下げるだけネタ話になっちゃったわけですからね。

    ラジオとかで私怨を理由好き勝手にしてもいいなら、こんなイメージの刷り込みって簡単に出来てしまう・・アニメというだけでレッテル貼りされちゃうとかさ、恐ろしいよ。
    前々回に書いたブログでもそうですが、アニメの地位って一部モラルの無いファンが起こす問題もだけど、それ以上に厄介と思ってるのは、〝叩いても良い!〟〝そういう空気だから!〟という集団意識を好む層無差別にレッテル貼りする事です。

    こういう事が増え続けてアニメ全体衰退して行く未来が見えた気がしました。