デモンズソウルRイレヴン式防御論⑥~計算してみよう~
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

デモンズソウルRイレヴン式防御論⑥~計算してみよう~

2020-12-02 10:56

     さて、ここまででダメージ計算についての一通りの説明は終わりました。正確には最終的にモーション値まで計算したダメージに、更にソウル体補正(1.2倍)エリア傾向(~1.2倍)自身傾向(~1.2倍)友仇指輪(1.2倍)カウンター判定(1.4倍)などの様々な補正値を掛けて最終ダメージが確定するのですが、個別に考えているとゴチャゴチャとわかりにくくなりますしwiki等に載っていますので割愛します(メンドクサイワケジャナイヨ)。

    では実際に例を挙げて計算してみましょう。
    攻撃側 武器:祝福ミルドハンマー 属性:打撃/魔法 攻撃力:物理200/魔法100 両手R1
    防御側 物理防御力200 対打撃200 対斬撃220 対刺突220 魔法200 炎150
    それぞれをこのように設定したとすると、
    まず物理面については攻撃側が打撃200、防御側が対打撃200
    そして魔法については攻撃側が魔法100、防御側が魔法200
    これらの数値が計算に使われることになります。

    物理面の計算からまず行うと
    表示攻撃力が200、モーション値が1.2なので攻撃値は240
    貫通率は240÷200で1.2、およそ47.5%です。
    計算すると200×47.5%×1.2=114となります

    魔法面の計算は
    表示攻撃力が100、モーション値は同じく1.2なので攻撃値は120
    貫通率は120÷200で0.6、およそ18.8%
    計算すると100×18.8%×1.2=23となります。

    つまり実際に相手に与えるダメージは114+23で137となります。
    ちなみにもしこれがカウンターで入った場合は137×1.4で192ダメージです。

     長くなりましたが以上でダメージ計算についての説明は終わりとなります。ここまで飽きずに読んで頂いた方はこれでもうダメージ計算は完璧ですね?
     でももしかしたらこう思われるかもしれません。
    「で、これが何の役に立つの??」と。
     次項では実際の対人においてこれらの数字をどう活用すべきか考察し、当初の目的である最適なステ振りや装備を考える一助になれればと思います。
     最後に今更ですが、私は魔法については門外漢なので今回は検証していません。まあ恐らく偉大なりし某PK〇和様あたりが今後きっと調べてくれることでしょう。或いはもうすでに答えをお持ちかもしれません。餅は餅屋、ということでひとつよろしくお願い致します。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。