ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

無駄を省いた人の生き様
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

無駄を省いた人の生き様

2013-08-30 07:47
  • 6

 合理化したり、最適化するということを突き詰めていくと、そこには一切の無駄を省いた遊びのない状態を完成と思う人が世の中にいたりする。



 故人の話の話なのだけれど、無駄なこと捨て、遊びを一切省くことに心血を注いだ人間がいた。



 彼は生まれついて、
 裕福な身の上で親から受け継いだ遺産で、
 身の回りのを世話する人間から大きな家、
 会社をいくつも所有していた。


 彼は、親の遺産を少しでも目減りさせることを嫌い、
 無駄を省くことにばかりに執着していた。

 あるときは、会社の無駄とも思える部署を潰し、
 赤字である部門はことごとく切り捨てていった。


 それでも、無駄は減らないと、
 身の回りを世話してくれる人達も解雇して、
 自分の身の回りのことは自分でやるようになった。


 この辺りから彼は、
 遺産を守ることよりも、
 無駄を廃することにこそ心血を注ぐようになった。

 大きな家も一人で住むのには不適切だと言い
 小さなアパートで暮らすことにした。

 そのうちに会社をいくつも経営していても、
 自分を養うのに必要ではないと処分していった。

 会社も使用人も大きな家も捨て、
 彼の手元にはお金だけが残った。

 しかしながら彼にはお金を持っていても、
 無駄なことに興味を示さない。

 そうこうしてるうちに、
 小さな家で一人孤独に生きいることすら無駄に思い
 彼は自らの命を絶ってしまった。


 遺憾な話である。

 彼は、どうしてこうなってしまったのだろうか?


 凡人たる私には、今だに理解の及ばないところではあるが、彼の自身の意思を貫いた結果なのならこれが彼の幸せ、良い死に様だったのだろうか?

 無駄や遊びを省くという合理化の果にあるのはこいう結果なのかもしれないと思う。

 だからこそ、無駄なことや遊びを真剣に捉えて、無駄なことも無駄ではないと思い何かをすることが大事なのだろうなーと思う。


 でも、無駄だと思えることって、やっぱりやる気でないんだよね。 

 ”わかっちゃいるけど、やめられない”


 今日は、この言葉が私に重くのしかかるのでした・・・・・・。









 もう、これは無駄ともいえる、つまらないアニメでも見るしかない、それでどうにかしてこの膠着状態を打破しよう!

 今のところ、何かつまらないアニメってあったけ? そうだあれだ! 過去最悪過ぎて切れしまった。

 ウェルベール物語にしよう。 あれは本当にツライくらいにつまらなかった。よし挑戦だ!

 ウェルベール物語に挑戦だ!

 はっきりいって 1話2話耐えれるか分からないけどやってみる価値はあるだろう、何故なら無駄だと分かっているのだから・・・・・・。

広告
×
 これは、おもしろい話だな~。究極に無駄を省いていった人生か。確かに、最後は何もかも捨てて、命まで捨ててしまいそう。
 何か1つだけ残せば良かったのにね。そうすれば、その1つの道を極めるコトができたかも知れないのに。何かの目的の為に、効率化をはかったり、無駄を省いたりするのはいいコトだと思うんだよね。それ以外は、一切排除するっていく。でも、“無駄を省くコト自体”が人生の目的になっちゃったか~

 「ウエルベールの物語」
 アレは、つまんなかった。ほんと、つまんなかった。確か、2期もやったはず。信じられないコトだけど。
 意地で全部見た気がする。もう、あんまりストーリーとか覚えてないけど。
 でも、ニコ生でコメントしながらだと、見るコトができるかも。ミョンミョ~ンっていう謎の効果音とか、会話よりも背後のセミの鳴き声の方がうるさいとか、ツッコミ入れながら。一人で見るとなると、拷問以外の何ものでもないね。
95ヶ月前
×
個人の最適化を社会貢献、社会構造の維持を無しに行うと
個の力は微力であり何の貢献ももたらさない=無価値=死
いかなスポーツ優等生であっても周りのサポートがなければ無価値
何にも影響されない個と言う事はつまり、
周りから見れば邪魔もしくは無意味な物、路傍に転がる石と同じ

この書かれている故事は
マイナスを無くす事で人はプラスに成れるのか 当然 否
人は最終的に相対評価に依存しているって話でしょうか。

持つ物の義務(ノブレス・オブリージュ)を放棄した哀れな男の転落人生
むしろブラックジョークに連なる笑い話だと思いますよ

不採算事業を改善する意思がない、結果だけ見て無駄と判断
不採算だが公共や自社の将来に貢献する要素の取捨を放棄
会社に相応しい住居や家政婦の雇用による労働力創出の放棄

社会貢献(公共の利益)を自己保身に変質させてしまった事
最後の最後で公共の利益と比較してしまい自決
コレは悲しい物語じゃなく、滑稽な笑い話だと思いますよ。
95ヶ月前
×
>>1
 
 ヘイヨーさん コメントありがとうございます。

 何かを残す・・・・・・ですか。 言葉か形か行動か? 以前同じようなところで悩んでいたことを思い出しました。せっかく 生まれたのだから何かを残したい。 それも大きな衝撃をできるだけ大きな人達に与えたい。それでこそ人生であり目標とすべき理想の姿なんだと。 でも、それだけが人生でもないなーと いつの頃か変わってしまったのが僕です。

 楽しいことや、面白いこと、辛いこと、悲しいこと、色々なことでこれからも悩むだろうけど、出来るだけ無駄にならないように過ごしていきたいものです。

 ウェルベールですが、もう挫折しそうです。 戦車のキャラがなんか駄目だわーー。 どうしよっかなー。 

 
95ヶ月前
×
>>2

 ガンマさん コメントありがとうございます。 & 解説にいたみいります。

 うーん。 相対評価に依存するというか、相対評価にならざるえないのが世の中だと思います。その規模が年々グローバル化をともない大きくなっていっているのが今の現状だと思います。エントロビーの増大は避けられないといったところでしょう。 ですが、一人、山に篭って修行僧のように過ごせべ別なのでしょう。

 ノブレス・オブリージュの放棄をした報いですか。 そうかもしれませんが、だけれど、彼にとっては転落したというよりは自らの死に場所を見つけたとも思えたりするのですけどね。 そう考えると、一般的な尺度から見れば哀れな人かもしれないけれど、彼は綺麗に逝けたではないだろうか? そんなことを思ったりします。 

 何かを出来る人間が、何かをしないを罪悪だと思うのも分かるし、そうあるべきだと僕も思ったりしますが、するもしないも、それは個人の自由意思が尊重されてもちっとも不自然ではないと思ったりします。

 ですから、何かを残せたり、何か大きなことが出来たかもしれない、人間が何もしないを選んで逝ってしまうことに少し哀れみに思ったりするのが僕なのかもしれません。

 すいません、なんか答えになってないような返答で申し訳ない。
95ヶ月前
×
今更ですが。

うーん、色々考えたんですが、
ひとつ思うことは、彼は幸せではなかったろうということです。
確かに、その人にとって何が幸せかなんて本人にしか解らないでしょうし、他人から見れば不幸な人生でも自分では最高にハッピー!というのはあると思います。孤独だけど好きなアニメ毎日見れるぜヒャッホー!もありだと思います。
しかし、彼は最後に「孤独に生きていることを無駄に思」った、とあります。これは「なんのために自分は生きているのだろう」と自問した結果だと思うのです。その答えがおそらく見つからなかった。つまり自分が生きているのは「無駄」だったと結論付けた。これで幸せだったとは、私は思えないのです。
ここで「なんもかんも合理化するの楽しい!生きがい!」となっていれば、最後の結末はなく、彼は一生孤独だろうが幸せだったと思うのですが…まぁこれも、結局は他人の視点なのですがね。ほんとのところはわかりませんね。

他にも色々思うところはあったのですが長くなりそうなのでこのへんで。
94ヶ月前
×
>>5

 あかさん コメントありがとうございます。

 幸せかどうか? そう考えると確かにそうではなかったと思ったりもしますが、僕の中で、生物が一番乗り越えないといけない壁というのが死ぬという概念の壁だったりするので、ある意味、何も未練なく、無駄と思ってこの世をさるというのは、ある意味、人間超えたのかもしれないとか思うけど、自殺を肯定するのはどこか間違っているとも思うけれど、それでも、時間に殺されるのか、自分の意思で死ぬことを選ぶのか? 他人に殺されるのか? どれを選ぶと言われると、自分で死ぬ時期を決めたいかもしれないなー。 

 そんなことを思ったりもするんですけどね。 難しいです。
94ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。