絵について考えるその135(絵描きのタイプと描く喜び)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

絵について考えるその135(絵描きのタイプと描く喜び)

2016-10-15 14:29
  • 10
うーむ…またしても虫歯が見つかったぞ…しかも
歯と歯の間の3本 歯医者に行って手入れしてもらって
自分でも気をつけてるのに まだ私の手入れの仕方がダメなのか…、

良く何か悪いところがある時って自分では悪いところって
気がつきにくいんだよね、だから自分で悪い所を見ようとしないし
すぐ人のせいにする さらに俺は俺の道を行くと頑なに他人から指摘されてる
ダメな所を否定しようとするのが人間だよね。
私もさ、そういうところって多かれ少なかれあるんだけど
そういう所ってなるべく無くしていきたいと思ってます


さて、ピクシブにてなにやら面白い考察を
見つけたので簡単にその考察を少しだけ皆様に紹介したいとおもいます


絵描きには3種類のタイプがいて
生産系絵師・消費絵師・自炊系絵師の3タイプに分かれるそうです

●生産系絵師
というのは世の中でいまこれが流行ってる、人気があるなどを敏感に感じ取り
その需要に応えるべく常に研究をしている
注文があるとそれに対して合わせる事が得意で「自分の描きたい絵」よりも
周囲に求められている絵を生産し続けるので
プロになるタイプはこのタイプが一番多いらしい

自分に直接メリットが無い絵はすぐに切り捨てる・依頼されて描いた絵は自分のものでは
無いと判断するためそういった絵に執着しない

●消費者系絵師
元々、アニメや漫画などの絵を観るのが好きで
沢山の絵を見てきた絵描きさん もっとも今面白いといわれている
ものを追い求めるけいこうがあり自分が好きだという絵柄というのを
それぞれ持っている 流行の絵柄などに影響されやすく
いま一番みたい絵だけを厳選してみて 絵を描くときも今まで見てきた
自分が好きなアニメや漫画などに強く影響されてる
『少数派より多数派につくタイプ』

自分の描く絵を褒め称えられたい・趣味があわない人には見てもらいたくないが
他人が描いた絵はすごく見たがる・2次創作系の絵を描く人がほとんど

●自炊系絵師
『わが道を行くスタイル』
自分だけのルールを持っていて職人気質
人に言われて行動変更をしないタイプで、自分で思い通りに描く絵が一番楽しい人
他人の評価はあまり気にしないのでこの中でプロになる人は少数らしい

とにかく自分の絵を見てもらいたい
自分の世界観を他人に理解して欲しいため宣伝のため無料で配布したりお金を払ってでも
自分の描いた絵をより多くの人に見てもらいたいと思っている
お金の為に絵を描くという概念はあまりない



みなさんはどれが一番当てはまっていると感じましたか?
私はどれも当てはまってる部分があるのですが…おそらく消費者系絵師に近いと
思いますね。

さて次にここからは私なりの考察に入るわけですが
これを踏まえたうえで皆さんの絵を描く事による喜びってなんでしょう?
過去になんどもこれに関してお話してるのですがコレは本当に大事な事なんだ

絵を描く人でそこそこ
描けるようになってきたのほとんどは『上手いね』と
人から言われて嬉しかったはずです。
その一言が欲しくてまた絵を頑張るんですよね
ところが最近…ネットという怖さがあったり様々な他の要因もあったりして
ネットを通してすごく上手い絵を描いて不特定多数の人に見てもらっても
コメントに残してくれる人ってほとんどいない 寂しいね。

私の描く絵はまだまだ思わずコメントしたくなるような絵を描けてないと
自分自身に言い聞かせていたりするのですが…、
そういう思いがあるからこそ全員には無理でもせめて気になった絵・知り合いの絵
自分でよかったと思う絵には時々私はその絵を褒めるコメントを残してたりします。
しかし自分が描く絵は自信が無いため
なかなか不特定多数のひとに見てもらおうと踏み出せない人もいます。
絵描きが一番恐れているのは自分が描いた絵を批判される事なんですね

あとそういった中々反応を聞けないことや批判されたくない事から
自分から様々な絵描き友達を作ってその知り合い同士で
描いた絵を見せ合い刺激しあって、絵を描く喜びにしてる人達が数多くいます
いま私がこういうつながりを増やしていきたいと思ってるのがこの時点なんですね。
特に同じ作品が好きな絵描き同士なら友達になっておくべきでしょうね
自分もその作品を描いてさらにむこう友達の同じ作品が好きな人が自分のことを
好きになってもらうかもしれない

仮にどんなに上手でない絵を自分が描いていたとしても
その友達たちは自分の好きな作品の絵を頑張って描いているというだけで
自分のことを好きになってくれるはずなんですね

勇気を出して一歩踏み出してみましょう
それが万が一どこかで踏み外して悪い結果になったとしても いい結果の方が
大きいはずです。



最後に今描いているうる星やつらの画像の途中経過
ここまで進みました まだ増やすよー







広告
×
毎回思いますが、と絵里さんブロマガ記事に感服しますよ。
絵描きタイプ3種類別れるのですか。成程私が知らないことばかりです
絵、続き頑張ってくださいね

どうもあちらでは書きにくいコメントなのでこちらで書き込みますが
以前から気になってるんですよ(汗)ここ部分が特に知りたい!
某方のゲーム動画は絵里さんのように「長い付き合いではないので」
全くわからないのですが(汗)
メイレン事件とは何だったのですか(汗)
このことでコメントしたくないのであれば別に構いません

最近の某方の動画とコメント見て一昨日、昨日と見まして成程
某方はあの例の指輪あのまま
倉庫に仕舞いっぱなしかもしれませんね。
コメントにもあったようにあの指輪使い道あるんですが・・・
後序盤で新宿倒した時、例のアイテム宝箱見落としてるしね。
50ヶ月前
×
>>1
この絵描きの考察は他の方が言っていた事を
私なりに言いなおした事なので完全なわたし独自の
考察ではないんですよ…、

メイレン事件と言うのは
お話しても大丈夫な内容なのでお話しますが
これは当時某氏が視聴者のコメを鵜呑みにして
ゲームを進めて 強い全体術しか使わなくなったので

当時の視聴者が全員共犯になって首謀者の私が
メイレンを育てておくといいよーとコメントした
のがきっかけです
超風強いぜ!オラオラオラ!!のぶっぱプレイ
していた某氏はラスボスでメイレンが裏切り
クリアできなくなったのが事の真相です。

あの指輪は上手く使えばLPを全回復し
精神耐性があります
詳細なデメリットの回避方法は伏せさせて
いただきますがその方法は気がつかないでしょうね

七英雄も作中ではあまり語られてないですが
『英雄』だったんですよね~…、
人々を救った英雄がなぜあんな状態になってしまったのかは
ニート君のお話に登場させたいと考えてますが
いつになることやら
50ヶ月前
×
指輪デメリット回避確かにありますよね。
私も知ってます。(笑)
でも絵里さんのおっしゃる通りまずそれすら見落として
分からないでしょうね。まさか某氏後で分かったりして

絵里さんのコメント通り【精神耐性】が凄く大事なんですよ。
でも後半戦闘で敵倒せなくて困っても某氏は何時もの名セリフ
(なんとかなるでしょう)で
最後まで何とか突っ走る感じがしますね。

ロマサガ全般に言える事ですが一番怖いのは味方からの混乱で
の攻撃ですね、サガフロ、ミンサガでもそうですが
敵の混乱攻撃はマジで怖いですね、混乱攻撃されて味方が火の鳥、
ブレードロール等味方にぶっ放したときとか・・・

メイレン事件その様なことあったの知りませんでした成程
私昔クーン編プレーした時、序盤しかメイレン使わなかったし
後半3列目で控えでしたが。クーン編のみの登場の指輪
指輪特殊能力が指輪毎にあり
他のキャラ選択の時でも指輪があればなぁと思ったことあります。
(特に神秘の指輪)

しかし超風ぶっぱなしでラストは裏切り(笑)
当時の様子《ダイレクト》で動画見たかったです
絵里さんのコメント見る限り今と昔(力技でごり押し)一緒ですね
50ヶ月前
×
>>3
ロマサガ2経験者ならだいたい知ってますからね
ただその方法を記述するのはさすがにまずいので
省略させていただきました。
宝石鉱山の宝箱の罠といい一度罠にハマると警戒して
対策しないのはこまりものですよねー…、

おっしゃるとおり精神異常が一番怖いんですよね
強力な力を頼りすぎるとその力が跳ね返ってきたり
通用しなくなると最悪なケースになって後戻り
出来ない状態になるんです。
いまからでも某氏のクーン編を時間があるときに
見てみるといいですよメイレンの超風に頼りきって
絶望的な状態になってますから
50ヶ月前
×
興味深い記事だったので読ませていただきました。
なるほど「生産系絵師・消費絵師・自炊系絵師」の3つに分類できると・・・
画家や芸術家は「自炊系絵師」の部類なんでしょうか。あと「生産系絵師」と「自炊系絵師」は熟練の域だと境目がなくなっていきそうなイメージがしますね。
もしかしたらプロではない人にとっては、プロになることがひとつの大きなゴールで最短距離を探すことが目的になってるかもしれませんが、
プロのひとたちにとっては、プロになる前の(プロになりたくて)「生産系絵師・消費絵師・自炊系絵師」の選択を誤ったことを修正するのに苦労してる人もいるのかもしれません。
50ヶ月前
×
>>5
コメントありがとうございます
他の方の情報をまとめただけなんですが…、
画家や芸術家も同じように
分類できるんじゃないでしょうか?
自分が絵を描くことの喜びの理由はそれぞれ違って

求められる絵を描いて喜ばれる喜び
他の作品に影響を受け同じようなものを作る喜び
自分だけの価値観を持ちそれを表現する喜び

この3種類の絵描きのタイプからは
それぞれなれる確立は違ってても3タイプ共に
プロは出てくるそうです

私の考えとしては仕事としてやっていきたいのなら
「生産系絵師」が一番良いのでしょうが
それよりもっと大事なのは自分の絵はどの部分が強みなのか
はっきりと明確に分かっている方が重要だと考えております。

私は自分で勝手に思っていることですが
私自身の絵は「表情の豊かさ・見てて楽しくなる絵」が
強みで・自分の武器だとおもっておりますが
その自分の武器=長所を伸ばしていくのが結局は
プロになるため、もしくは上達の近道なんじゃないでしょうか?


50ヶ月前
×
>>6
返信ありがとうございます。
喜びの3タイプですか。もしかしたら年や経験を重ねることによってもこの3タイプの狭間をいったりきたりすることもあるのかもしれませんね。
もしくは絵を描くことだけが仕事ではない場合にも、この3タイプの内の1つに限定しない生き方ができるのかもしれません。

そして自分の絵の強みについてですが、個性とも言い換えることができそうですね。
自分で認識してる強み以外にも、人から言われて気づく強みもありそうです。
最終的にはそうした強みをどう表現するかが難しいところであり大事な所なんでしょうね。
50ヶ月前
×
>>7
おはようございます私の考える一例なので
これ以外にも描く為の喜びというのはあると思います
勿論絵を描き続ける事で様々な楽しさが
増えてくることもあると思いますから
より多く楽しんだ方が絶対にいいでしょうね

自分の絵の武器=個性=強みというのは
他の様々な所でも言われている事でして
おっしゃるとおり自分では気づいてない絵描きも
かなりいるんですよ。
私は自分が描いていて楽しい所やこだわっている場所が
長所になりやすいと思っていますが
苦手な部分を克服するより長所を伸ばす方がいいんだよ
と他の絵描きさんは言っておりました
50ヶ月前
×
ゴリラに例えて考えると、生産系ゴリラ、消費者系ゴリラ、自炊系ゴリラ、
になって、やれ今の時代は自炊系だの、いやいや消費者系一択だのあれこれ議論しても、
実際のゴリラはどれも強いので、
絵が描けて作品を作れる人はみんなすごいってことなので、上手くスケジュールを工夫して、
作品作ることが最優先で建設的に考えろ、ゴリラについていくら語っても、道路や建物は出来ないぞ、
ということなのかなぁと。

ちなみに、自分は自炊系寄りの生産系かなぁと読んでて思いました。
50ヶ月前
×
>>10
コメントありがとうございます!
ゴリラの例えでくるとは…Σ(゜□゜;)
確かにゴリラはみんな力が強いですからね!!

おっしゃるとおり作品を作っていかないと何も
進まないんですよねぇ…、
元々わたしはスケジュールを組むのが大の苦手で
例えスケジュールを組んでもそのスケジュールどおりに
動こうとしない私が居ます
それが鈍筆な私のお絵かきに現れているのでしょうが
そろそろスピードアップしていきたいところです。

私はパロディがかなり好きなんですよ
自分で組み立てたキャラクターやお話も作るのは得意ですが
そういった理由で消費者系絵師なのかなーと感じます。
絵を描くより漫画読んだりアニメ観るほうが好きだし
50ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。