絵について考えるその193(切り返し)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

絵について考えるその193(切り返し)

2018-07-09 08:03

    たまには本気で描かなきゃな~…と思って
    某生放送で らんま1/2のシャンプー描いて!と言われたので
    この1週間(正確には3日)で仕事から帰ってきては
    寝る前に描いてました







    この頃いろ塗りも勉強しなくちゃなということで
    色を塗りました それがこちら





    うん…なんかもうね、新しい塗り方を試したもんだから
    いつもの塗りの方が良く見える気がする
    結局やろうと思ってた色トレスもしてないし…なんだかなぁって所です。

    話は変わって本日は一晩で次回策予定の漫画を描いてました
    本当はもっと面白い内容の描きたいのですが
    もう本格的に暑くなってきだしたので、早く描き終わりそうなネタを選出
    ブロマガを見てる人に全体図を見せちゃうぞ

    1日もしないで下書き終わったぞ!!俺って天才!!(言いすぎ)
    さーせん…素材使いまくりです


    上から見た視点・下から見た視点が
    入ってるのわかります?
    密かに練習してたんですよ ふっふっふ…、

    もう清書してセリフとトーン貼るだけ
    まーたマミさんの首とんでるよ












    さて・・・これだけじゃあなんなので
    今回は絵描きなら かなりの人が知ってるお絵かき練習法をお話しするよ

    絵を描いているとね
    あれ?この線苦手だなとかこの向き苦手だなというのが出てくるんだよね
    苦手な線はだいたい利き手に影響を受けやすく
    曲線を手首で描いてるか 腕全体で引いているかで決まってくる

    この場合の一番簡単な解決方法は
    描いている紙(キャンパス)を回転させて描くということ


    次にキャラを描いてるときに苦手なキャラの向きというのがあるのね
    これも利き手に左右されやすい
    そして同じ絵を左右反転させて模写しようとしても脳が混乱を起こして
    得意な向きよりずっと描きにくいのだ

    ん?アナログでの左右反転のさせ方がわからないって?
    そうだねー…光に透かしてみたり、鏡に映してみては??

    この現象を逆手にとって一度得意な向きのキャラを模写したあと
    反転させてもう一度同じ絵で苦手な向きを模写する
    わたしはこの練習方法を「切り返し」と呼んでいるわけだけど
    いい感じに脳がパニック状態になって、いちど得意な向きで描いてるから
    どこが苦手なのかが理解しやすい

    あーここはこんな風に描いていたのに
    反転させただけでどうしてこんな描けないんだー・・・・、って
    不思議だよね、いかに脳が無意識に処理してくれていたのかが分かる
    普段やってない人、知らなかった人は是非やってみて欲しい

    それじゃあねー♪
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。