絵について考えるその48(消せないペンで描く意味)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

絵について考えるその48(消せないペンで描く意味)

2015-04-02 23:37
    最近考察ばかりでみんなが知りたがってるような
    テクニック的なものとか描いてなくてすいません。
    次あたりにでも、ちょっとした事を書こうと思います。

    では…今回は以前私が消せないペンで描くといいと
    聞いたことがあるので、今回はそのお話

    最近私は練習方法に漫画用のつけぺん(Gペンなどのペン先を付け替える奴ね)
    これを使って、下書きもなしに模写をするということを付け加えました
    やっぱり、なれない画材なんでガクッと下手になる。

    ですが…、使っているうちにふと 消せない筆記用具で練習することによる
    利点を私なりにいくつか思いつきました、その理由とは…、


    1、修正が効かないので線の一つ一つを気をつけて引こうとする

    2、無駄な線を極力減らそうとする

    3、意味を考えて描くようになる

    4、練習を重ねるのでその筆記用具に慣れるようになってくる

    5、自然に本番の気持ちで取り組むことが出来る

    6、(追記)線が綺麗になってくる

    こんなところでしょうか?
    私が思いついただけでこんなにも意味が隠されていたんですね!!

    もちろん、デメリットもあると思います。
    それは…消せない線を引くのでアタリを取れないこと
    でも、こんなのはちょっと工夫するか気をつければいい話かと思います。

    いままで、鉛筆で下書きを書いてからペン入れをしてた人
    もしくは鉛筆だけで終わってた人(←これ私)これからは
    時々、消せないペンで描いてみてはいかがでしょう?
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。