エツナカが選ぶ―第6回東方ニコ童祭―ベスト⑨
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

エツナカが選ぶ―第6回東方ニコ童祭―ベスト⑨

2014-07-06 23:52

    【第6回東方ニコ童祭】偽典幻想郷伝説【輝】あまのじゃくはウソを吐く



     まずはこれ。鬼人正邪が暗躍した東方輝針城を再解釈した作品。この作品では、正邪は本当に針妙丸とともに弱者の居場所がない幻想郷に対するレジスタンスを結成している。しかし、そのささやかな抵抗は自機たちの圧倒的な力の前に追いやられていく。その時の正邪の紡ぐ言葉には心を動かすものがあります。和歌ではないですが、言の葉は目に見えぬ鬼神をもあはれと思はせとはよく言ったものだと思います。

    【第6回東方ニコ童祭】陰で企む者たちは 天【東方手描き】




     この作品は実は前作があります。それは sm21809495 の”【東方手描き】ご英断恐れ入ります”です。前作は、古明地さとりとそのペット火焔猫燐そして星熊勇儀の雑談として進みます。この時の話題は月面戦争の時、地上側は勝てなかったのか、そしてその時にもし策士であるさとりが地上軍を率いていたらどのような采配を振るっていたかというものでした。その時さとりは、自分なら戦争は敗北を避けられない以上、血気盛んな妖怪を玉砕させて敗北を悟らせるというものだった。

     この動画、”【第6回東方ニコ童祭】陰で企む者たちは 天【東方手描き】”はその月面戦争に続く旧地獄の誕生までの間に、八雲紫や四季映姫がそれぞれの思惑と立場を胸に秘めてどのように暗躍していたかを魅せてくれます。

    ③ 【第6回東方ニコ童祭】逃飛行の先に【弾幕アマノジャク】

     


     この作品は鬼人正邪が主人公の作品です。幻想郷の秩序の転覆を図った正邪は地上の妖怪に追い詰められ絶体絶命の危機に陥ります。しかし、もうお仕舞いかという正邪は再起をかけて新天地に向かう。小物界の大物と言われた正邪がどのように足掻こうとするのか、ひねくれるのも180度を越えて360度に至れば格好良くすら感じます。

    【第6回東方ニコ童祭】 天気予報をお届けします




     このテレビ番組はまったくもってカオスですがそこが楽しいです。まず初っ端にミスティアの屋台が登場するのだが、そこで出される料理がカキ氷と称する水であり、その後氷を作れる妖精の話題が出てくるのに(当人のチルノがすぐ横にいるのに)チルノの名前が出てこない。最初からこんな何を言っているのかわからないような状態ですが、動画で観るとシュールな面白さに変換される。百聞は一見に如かずなのでぜひご覧ください。


    【第6回東方ニコ童祭】面隠し【東方MMD



     この作品は東方心綺楼を題材としたPVです。心綺楼の主人公とも言える秦こころが辿ってきた人生が他の東方のキャラクター達が辿ってきた人生と交わることで心綺楼という物語が生まれたのだということを活き活きと見せてくれます。あと、こころは能のお面の妖怪だという設定があり、それを反映して作品全体が日本の伝統演劇を思わせる雰囲気になっています。自分の勝手な想像ではこころが心綺楼の時のあとに、幻想郷の人々に能を披露したという話に重ねてきたように思われます。この真偽はわかりませんがそういう想像を膨らませるのもこの作品の魅力の一つです。

     ただし、残念な点が1つあるというのも申さなければならなく心苦しく思います。それが何かと言うと、作中にあるこころが能を舞う場面と薙刀を振るう場面で、彼女の動きが機械仕掛けの人形のように見えてしまうという点です。それでも舞の迫力は消えることなく、作者のそそいだ魂が感じられます。

    【第6回東方ニコ童祭】東方⑨大電波ソングが幻想入り


     この作品は昔流行ったいわゆる電波ソングが幻想入りさせ、幻想郷の住人が中二病のノート開陳に似た阿鼻叫喚の地獄を味わうという作品。古参にとっては懐かしい気持ちを呼び起こさせ、そうじゃない人にとっては新たな音楽との遭遇をさせてくれる動画です。

    【第6回東方ニコ童祭】人形師アリス!!~第3弾~【糸PROJECTここに完結♪】


     このPV風の動画はアリスのMMDモデルでPVを作ろうとした作者が何があったのか精巧ないとモデル作りにはまった結果の集大成です。いやはや職人技はすごいですね。
     事の発端から見ていきたいという方はこちらからどうぞ> sm22812475

    【第6回東方ニコ童祭】10人くらいで無責任リレー



     
    名は実を表すとはよく言ったものですが、このリレー動画は東方の絵師、手書き作者達が、話を作っては次の人になげというネタ投げをしたというその名のとおり無責任な合作です。予想の通りというかなんというかみんなの無茶ぶりがうず高く積み上がり収拾できなさそうになり、最後の人の手腕が試されることになります。そのためどうなるか、最後まで目が離せません。

    ⑨ 【第6回東方ニコ童祭】 インスタントレジスタンス




     この作品は"小傘とぬえ"シリーズ( http://www.nicovideo.jp/mylist/22237105 )の外伝です。この作品は同シリーズを今まで見てきた人向けですが、このシリーズのファンはニヤケたりホッコリとしたりできるのでぜひ見るべき作品です。





    • 前の記事
      これより過去の記事はありません。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。