• 【 #ディスティニーチャイルド 】イグニッションという名の魔物【 #デスチャ 】

    2020-09-16 21:31
    どうも、今回のWB38位のFAKE?です。
    軽く流したんですが、ダメージ量が跳ね上がったせいか今回の順位となりました。
    使ったクリスタルが半分ほど戻って来たのは嬉しい限り。

    ・・・さて。

    もう皆さん十二分に堪能していると思われますが、今回はイグニッション(以下IG)について個人的なお話でも書こうかなと思い、キーボードをカタカタしている所です。
    前回(4月だよ!)は細工について色々述べさせて頂きましたが、IGに関しては言いたいことはシンプルですので、記事的にはそこまで長くないと思います。


    【何が強いか】

    増幅攻撃を+400できるザインコア一択と言っても過言ではありません。またはテットコア(メイン増幅機敏)やタヴコア(メイン増幅クリティカル)に増幅攻撃が付与されたものを使用して下さい。増幅防御のヘットコアは現状DR用ですので、無視してもらって構いません。

    増幅攻撃は他の増幅バフと違いバフの影響を受けます。その為、他の増幅効果以上に火力を上昇させることが出来ます。どの位やばいかと言えば、今回のWBで最終IGした水マフデトがたった1人で5000万ダメージを出すほどです。3名居れば余裕の1億ダメージオーバーに。今まで3000万チャレンジをやっていたのが馬鹿らしいほどの火力アップとなっています。

    ほら!スライドを放つたびに300万吹き飛んで行くんですよ~。
    バシャバシャ~っと10スライド打てばもう3000万。
    ね、簡単でしょ?(ボブ・ロス)


    【誰をIGするか】

    これも簡単です。ダメージを出したいので攻撃型が最優先になります。余裕があるのであれば、補助型→妨害型と進めていきましょう。特に攻撃型はスライドのダメージ効果がワンランク上の性能になるので、増幅攻撃との相性は抜群となっています。

    イブが6連打になって超火力を得たり、タナトスが通常攻撃4連打からノーマル4連打に変化して火力が上がったりと、恒常チャイルドでも高火力を出しやすくなっています。特攻チャイルドを取ってIG無しで挑むか、手持ちの恒常チャイルドをIGして火力アップを狙うか、そういう駆け引きが今後は重要になってくると思います。

    特攻チャイルドを最終IGする魔王候補生が居る?
    そいつはトップランカーだ。絶対に参考にするな


    【いつIGするべきか】

    初心者や無課金中級者であれば手を出さない方が火傷しないのは確実です。しかし、そんな曖昧な回答では回答足りえません。個人的に「ここからならIGスタートしてもいいぜ!」という基準がありますので、ご参考程度に書いておきます。すべて恒常チャイルドに限定したスタートラインですので、どなたでも物差しとして使えると思います。

    攻撃型:星4全員完凸。星5全員+4以上
    防御型:ダナ、マルス+4以上
    回復型:シュリンクス、マアト+4以上
    妨害型:ミダス+4以上
    補助型:コウガ、パンテオン+4以上

    これを見て「無理でしょこんなの・・・」と思った人は絶対にIGをやるべきではありません。要はまだ『その時』ではないという事です。逆に「こんなんで良いんだ!」という人も居ると思います。そういう人は1体に絞ってIGを進めていっても苦労することは無いはずです。

    なんでこの基準なのかと言うと、各素材がが手元に無ければ確実にガス欠状態でIGをする羽目になるからです。恒常で使用率の高いチャイルドをメインに記載していますが、これら下地となるチャイルドの凸数が少ないのに攻撃型をIGしても、対して効果を実感できないというのが本音としてあります。

    見誤っていけないのは、IGはエンドコンテンツであると言うこと。他のエンドコンテンツである温泉や細工以上の効果を発揮し、派手さも十分あります。しかしその効果は、日々コツコツと下地を固めてきた魔王候補生だけが享受される恩恵です。

    どうしてもIGしたいのであれば上記くらいの駒数を揃えるべきですし、更に言うなら、

    オニキスやゴールド等の素材は潤沢か?
    WB人数分のカルタ完凸が有るか?
    WB人数分の装備品に細工を全て仕込んであるか?

    くらいは最低限やっておきたい所。まだだとしたら、『その時』ではないです。
    道のりは遠いですが届かない距離ではないので、日々DRで牙を研いでいて下さい。


    【Pay to Winか】

    当然ですが、IGした方がイベントは格段に楽になります。答えはYESです。ただ誤解してはいけないのは、IGが実装されていなかったとしても、普通の魔王候補生では現在のトップランカーに勝てないのは変わりません。昔は100万の差をどうにか試行錯誤して詰めていく作業が、1桁多くなったという話。強さがより数値に出やすくなった。それだけです。

    IGついて一番恩恵の有るのは中級者~上級者付近でIG可能な魔王候補生だと思っています。IGをやってない魔王候補生をゴボウ抜き出来ますし、最上位プレイヤーに近づくことが出来ますからね。今回のWBでもダメージ量の増加によって報酬を多く貰えた魔王候補生をよく見たのを覚えています。つまり、

    IGはそれほどに費用対効果が高いのです。


    【最後に】

    正直な話、私はIGについて反対派でした。あまりにも環境を変えすぎるというのが理由です。現にWBの環境は激変しました。ただこの変化もありなのかな、と今は思えるようになっています。
    未だに引き摺っているのは、温泉や細工の効果があまり戦闘に影響を与えていない点だと思います。これは同数のIGチャイルドの時にようやく差として現れる部分ですので、IG数もIGチャイルドもまばらな現在のイベントでまず効果を実感できないでしょう。
    ですが最終的に温泉や細工の効果は響いてくると思っていますので、疎かにする事無くコツコツ蒐集していきたいですね。

    以上、御清覧有難う御座いました。
  • 広告
  • 【 #ディスティニーチャイルド 】細工実践編【 #デスチャ 】

    2020-04-13 12:36
    どうも、ナラティブよりストーリー周回が日課のFAKE?です。

    いやー石も研磨も足りない足りない。
    ナラティブがここまでオマケになるくらいに、細工は衝撃的なアプデですね!

    前回紹介した細工のすゝめですが、実際に能力付与をする上での考え方を交えながら解説しようと思います。
    今回も長いですが、参考になれば幸いです。


    「チャイルド選定」
    まずは装備から!・・・と言いたいですが、能力を付与する上で方向性は必ず必要です。そこでどのような方向性にするかを決める為に、先にチャイルドから決めてしまいます。今回はDevilRumble(DR)で一定の人気があるこの方にしました。

    新機軸の妨害キラー

    はい、オルダードダビ(妨害ダビ)です。能力はこの通り。

    Slide(S)の失明付与+デバフ命中率ダウンが強い

    能力は完全にDR専用ですので、能力付与の方向性は「DR特化」に決まりました。


    「装備品選定」
    装備品は妨害ダビに合わせてこの3種に決定。


    イベント装備品ですね。この時期に始めた方なら全員持っていると思われます。
    そしてこの装備品を付けたステータスがこちら。

    満遍なくステータスが上がる装備品セット

    今回はイベント装備品に付与しますが、現在持っている最強の装備品に付与しても構いません。但し妨害ダビ専用の装備品という位置付けから、他のチャイルドとの相互性が無くなるという事を考慮しておきます。本音を言うと最強の装備品はRagnaBreak(RB)の攻撃型に装備させたいですからね。


    「カルタ選定」
    ほぼDR専用で妨害の妨害特化として位置付けされている妨害ダビ。最優先で欲しいのはデバフ命中率が上がる機敏性。そして攻撃を凌ぐためのHPや防御力が次点で挙げられます。妨害ダビの特性上、2体までの妨害型をソフトロックできる事や、Sが攻撃型を対象にしない事を考えると、セルケト・サロメ・イブ等の攻撃型が付与する中毒に対する耐性も欲しい所。そうなると、自然と付けたいカルタはこれになりました。

    防御力と機敏性を底上げして中毒もカバー

    VACATIONは正にうってつけのカルタと言えるでしょう。HP上昇がありませんが、そこは編成でカバーする方向で行きたいと思います。カルタ装備時のステータスがこちら。

    防御力と機敏性がかなり高いステータスに

    全ての装備品を妨害ダビ付けました。ようやくスタートラインです。


    「仮編成構築」
    妨害ダビの装備品が決定したら、仮で良いので編成を考えます。今回はDR用ですので5名編成を構築します。
    まず妨害型を妨害ダビが抑え込む為、Dot系ダメージは中毒が殆ど。中毒付与はノーガードですが、ポモナやシュリンクスで解除or無効化することで緩和させれますね。また、昨今のパンダナの隆盛を踏まえて、デバフ爆発による追加ダメージや睡眠による防御力0攻撃も必要だと感じます。後は防御寄りにするか加速寄りにするかといった感じ。そして出来た編成がこれ。

    あくまで仮ですが妨害ダビの方向性が明確に

    オフォイス :ダナ潰し
    妨害ダビ  :妨害型の妨害
    シュリンクス:中毒緩和
    バンシー  :ランダム一撃必殺準備
    ティスベ  :全体加速兼即死回避

    妨害ダビとバンシーでソフトロックをかけつつ、オフォイスの火力で捻じ伏せていきます。保険のシュリンクスに各チャイルドの加速でティスベを起用。結構丸い編成ですね。
    ここまで固定すると、妨害ダビがどのような動きをするかがハッキリと見えてきます。

    1:機敏性上昇によりデバフ付与率を上げる
    2:スライド運用で妨害型をソフトロック
    3:パンダナ1体残りでDrive(D)からFeverTime(FT)でコンセプト瓦解

    スライドを多用する事、デバフ付与に機敏性が必要な事、パンダナ用にDからFTに入れる可能性がある事。この辺りが妨害ダビに求められている事象です。ここを細工で伸ばしていきます。


    「装備品の細工」
    まずは武器Ⅰカテゴリから付与を行います。候補は画像の通り。


    妨害型に攻撃力は必要ありません。特に今回は役割が明確になっている以上、攻撃力アップ系はほぼ不要。HPを少しでも底上げしたいので、HPアップ系を狙っていきます。


    丁度欲しい能力が出てくれました。続いて武器Ⅱカテゴリの候補。


    スライドを多用するのでスライド系能力が欲しいですね。先程攻撃力は必要ないと言いましたが、ここでは攻撃力アップ系のみしかありませんので、スライド系の何かで妥協します。


    Sカテゴリ付与とかマジか・・・(素)
    性能Eでクリティカル依存ですが外す理由は全くありません。このままで武器Ⅲカテゴリへ行きます。


    ここはスライドでダメージが上がる能力を狙いに行きます。武器ⅡでSEが出たので、火力にも期待ができるようになったのは嬉しい所。


    サクッと付いてくれました。今回の付与で最終ダメージが最低でも500増える計算に。他の細工も考慮するともっと上がるかもしれません。嬉しい誤算です。
    武器が完成しましたので、防具Ⅰから付与をしていきます。


    防具Ⅰは妨害ダビにとって欲しい能力ばかりとなっています。どれでも良いですが、Cカテゴリ以上で上質な能力が欲しいですね。


    S性能で付けれたので、今回はここで終了。Bカテゴリ以上が来たら嬉しかったですけど、妥協します。
    続いて防具Ⅱの候補です。


    DRなのでスライドを受ける事が殆どです。そこで、S被弾時の能力を狙いに行きます。E~D能力は流石に弱いため除外です。


    これは嬉しい!
    スライドダメージを約4/5に出来るので、生存率がグッと上がりますね!
    この調子で防具Ⅲも能力付与していきます。


    防具Ⅲもスライド系能力を狙いに行きます。既に防具ⅡでAカテゴリが付与できた為、能力付与の難易度を下げても良いですね。


    非常に悩みました。BカテゴリのS性能ですがノーマル被弾時の能力です。しかしFTのダメージを1/4吸収は効果が高いと考えて残すことにしました。能力を移すことも可能ですので、よりよい防具に付与する事もできますからね。
    最後は装飾です。装飾Ⅰは下記の通り。


    機敏性アップやHPアップ、防御力アップが多くハズレはほぼ無し。出来れば機敏性アップが欲しい所です。


    運良く機敏性アップがすぐに手に入りました。続いて装飾Ⅱの付与に行きます。


    妨害ダビの為の能力がDカテゴリにあるので、絶対に取りに行きます。これを取らない理由は全く無いです。


    何故か結構沼りました(冷や汗)
    DE~DCは出るんですがなかなかDSが出てくれず、結局DAで妥協してしまいました。ここはいずれDSに変更します
    そして最後の装飾Ⅲです。


    ここもスライド系に合わせて行きます。ノーマルを受ける時は基本FTなので、兎に角スライド系能力で固めたいです。


    Dゲージアップが付きました。ほぼオマケ的な能力ですね。実は装飾Ⅲはどのような構成でも確実に沼にハマる箇所です。E~Bがそこまで強くありませんので、A以上狙いがメインになると思います。しかし今は細工石も少ないですし、取り敢えずCカテゴリで我慢します。


    「細工後の性能」
    最終的にこのように変化しました。

    細工前

    細工後

    基礎ステータス上昇値
    戦闘力:+2940
    HP :+200
    攻撃力:±0
    防御力:+279
    機敏性:+283
    クリ :±0

    付与能力
    1:攻撃時にクリティカルの10%を追加(+536.1)
    2:スライド攻撃に防御無視180追加(約+90)
    3:スライド被弾時にダメージ19%吸収
    4:ノーマル被弾時にダメージ25%吸収
    5:失明付与率+18%
    6:スライド被弾時に10%の確率でDゲージ+3.4%

    となりました。
    スライドダメが約600以上増えたので攻撃に期待ができますし、N・S被弾時の吸収効果が高く撃墜されにくそうです。
    目玉の失明付与も18%上がっていますので、妨害としての機能は十分果たすことが出来ると思います。
    後は温泉魔力で基礎ステータスを上げていけばオッケーですね!

    こんな感じで私は能力を付けています。


    「終わりに」
    まずは最後まで見てくれて有難う御座います。前回の記事の蛇足的な記事でしたが、より実践的な付与方法も記載しておこうと思い書いた次第です。
    DカテゴリやCカテゴリを付与しながらも、戦闘力は3000弱上昇しました。更に厳選を行えば+5000も夢じゃないでしょう。

    今回紹介した方法はあくまで付与方法の1つでしかありません。人によって重要視する項目も変わると思いますし、最初からA以上狙いする方も居るでしょう。細工石を抑えつつ、能力を上げる方法としてご留意下されば幸いです。

    御清覧有難う御座いました。
  • 【 #ディスティニーチャイルド 】細工というシステムについて【 #デスチャ 】

    2020-04-11 20:28
    どうも、最近はエンジョイ勢なFAKE?です。

    スキル予約の時のようにしれっと追加された【細工】というシステム。
    簡単に説明すると、装備品にランダムな能力を付与できるというもの。

    でも、どんな能力がつくか分からないし、テンプレみたいなのも無い・・・。
    そんな悩みを(なるべく)解決出来るよう、私なりに考えました。題して、

    細工のすゝめ

    始まります。
    ※長いです。今後イベント等を有利に進めたいと思った方は進んで下さい


    「STEP1」
    付く能力も分からない人も多いと思いますが、実は公式に全ての付与できる能力が記載してあります。

    公式サイト(クリックで開きます)

    下の方にズラッと記載されているのが能力一覧です。はい、非常に数が多い。しかしよく見ると、規則性がある事に気付くはずです。能力の付与は武器で3種、防具で3種、装飾で3種の計9種。そしてそれぞれが違う能力を付与するようになっています。詳しく書くと、

    武器Ⅰ:基礎ステ増加
    武器Ⅱ:N(Normal)・S(Slide)・D(Drive)のダメージ系能力付与
    武器Ⅲ:N・S・D時に回復・吸収・防御無視ダメージの付与
    防具Ⅰ:基礎ステの%分を他の基礎ステに追加
    防具Ⅱ:N・S・D被弾時に%で能力発動の付与、または%ダメ減少付与
    防具Ⅲ:N・S・D被弾時に%分ダメカット付与、または確率で回復付与
    装飾Ⅰ:基礎ステの%分を他の基礎ステに追加
    装飾Ⅱ:バフ・デバフの命中率、または回避率を%分増加
    装飾Ⅲ:N・S・Dで倒す、またはN・S・Dで被弾時に確率で能力付与

    となります。ちょっとはスッキリしたでしょうか?
    更にザックリ言えば、武器は攻撃時に関する能力防具は被弾時に関する能力装飾は武器防具には無いタイプの能力を付与できるようになります。

    なんとなく分かったら、取り敢えずよく使う武器に適当に細工をして下さい。効果の低い能力ばかりでも編成全員分の装備品に細工を施すだけで、戦闘力は1000以上も上昇します。おおよそチャイルドの1凸分に相当しますので、かなり(と言うか相当)の戦力アップに繋がります。今後装備品に細工を施さないのは、1人編成でRBのダメランを狙うくらい無謀だと断言します。とにかく細工しよう、話はそれからだ。

    細工石交換画面。アイテム欄の左下から行ける。

    赤色の細工石は武器、青色の細工石は防具、緑色の細工石は装飾に対応しています。細工石は怪しい原石を各種細工器具で加工すると、対応する細工石に変化します(お金も無くなります)。また低確率ですが、ストーリーのChapter3(N)で怪しい原石や各種細工器具を手に入れることが可能ですので、足りなくなったら通うのもいいかもしれません。


    「STEP2」
    慣れてくると「やっぱり強い能力を追加したい!」と思うでしょう。しかし、効果が強くなるB以上は確率が非常に低いです。公式サイトには、

    E:30%(3/10)
    D:37%(1/3以上)
    C:26.8%(1/4以上)
    B:5%(1/20)
    A:1%(1/100)
    S:0.2%(1/500)

    と記載してあります。B以上の確率は実に6.2%。細工時の殆どがE~C(93.8%)です。
    更に能力にはE~Sの段階があり(恐らく均等確率)、Sを引いても能力はEの可能性もあります。例えばESと書かれた能力は「Eカテゴリ内の能力でS性能」という表記となります。SS狙いは夢のまた夢です。

    ではある程度妥協して強くするにはどうするか。それは、Cカテゴリ狙いを行うことです。
    能力を確認するとE~Cまで同じ能力付与の箇所もあったりします。強い能力はB以上ですが、よく引くE~Cの能力は段階的に強くなっている事が殆どです。そしてCカテゴリの付与確率は26.8%と狙いやすく、細工箱の節約も可能です。
    また装飾品は特殊な能力付与が多く、場合によってはES狙いをした方が良かったりする事もあります。ですが、まずは全能力Cカテゴリ狙いで細工をしていきましょう。特に武器細工、防具細工はカテゴリが上がれば上がるほど上質な能力になりますので、優先的に狙いましょう。Cカテゴリ狙いの途中でB以上が出ればラッキー、程度に留めておくのが精神的に楽ですね。

    C狙いの一例。防具Ⅰ能力が1発でBカテゴリになったパターン。


    「STEP3」
    Cカテゴリ狙い中に「能力がチグハグなのでは?」とか「これって正解じゃない気がする」という不安が残ると思います。ある程度カテゴリー別に分かれているとはいえ、それでも強力な組み合わせや正解と言われる組み合わせがあるのかも、と考えてしまいますよね。
    そこで、簡単に組み合わせを考えられる方法を考察しました。それは、

    1:チャイルド特化
    2:カルタ特化
    3:WorldBoss(WB)特化
    4:RagnaBreak(RB)特化
    5:DevilRumble(DR)特化

    以上5種のどれかを意識した能力の組み合わせを狙いに行きます。非常に悩みましたが、「汎用性の高い能力の組み合わせ」も存在するものの、STEP2のCカテゴリ狙いではなかなか難しいと判断して切り捨てました。
    だって基本Aカテゴリ以上狙いになるんだもん!

    「チャイルド特化」
    各チャイルドの特性を伸ばすような組み合わせを考えて能力を付与していきます。カルタにはチャイルド特化のものが多いですが、装備品もチャイルド特化にしてしまおう、というものです。

    装飾Ⅱの睡眠命中率20%はバンシー特化と言えるだろう。

    N攻撃を多用するなら武器能力をN能力系で揃える、挑発型に装備させるなら防具能力をS被弾時の能力系で揃える、等ですね。C狙いなら結構簡単に作成できますので非常にオススメ

    「カルタ特化」
    特定のカルタに合わせて能力を付与していく方法です。DRでは防御型のダナにコラボカルタの木漏れ日の温泉(通称パンダカルタ)を装備して撃墜しにくくする「パンダナ」という戦法が存在します。被弾時に550回復するのでFeverTime(FT)で落ちにくく、ダナが高防御でダメージも通りにくいです。さて、そんなカルタに合わせる能力と言うと、


    FTで落とせる気がしなくなる。

    防具のN被弾時の能力系で揃えることにより、FTを耐え忍ぶ超防御コンボが可能になります。この他にも、HPと攻撃力が上がるカルタ装備者の為にHPの%分の攻撃力を追加する能力を付与したり、機敏性と防御力が上がるカルタ装備者の為に機敏性の%分の防御力を追加する能力を付与するだけで最大値の効果を得られるようになります。こちらも使い勝手が良い組み合わせが多く、オススメできます

    「WB特化」
    最大20名で戦うWBの特化ってなんぞや、と思う人も居るでしょう。でもWB用の装備も作成可能なんです。WBでは前列・後列という明確な役割分担が存在する為、能力付与の方向性が決めやすいのが特徴となります。

    事故要因のDダメージを抑える前列専用防具はこのような能力に。

    攻撃を受ける前列の防具はとにかく事故を防ぐような構成にするのが望ましく攻撃だけ行う後列は攻撃系能力が付かない防具に能力が必要ありません。厳密に言うと防具ⅠのSに全ステータス増加があるのですが、流石に10人分揃えるのは今は無理です。
    また、もし前列の防御手段が潤沢であれば、被弾時に確率でドライブゲージが増加する能力で揃えてみるのも有りです。ドライブゲージが増える事で3FTを狙いやすくなる戦法が可能になるかもしれません。

    「RB特化」
    こちらは5人編成で戦う関係上、能力の厳選を少し厳し目にしないと効果が現れにくいです。と言っても、攻撃型の装備品の能力は基本的にN攻撃特化になっていくと思います。FTダメ伸ばしたいですからね。

    N系能力に絞ってFTダメアップを意識。クリ特化ならS系で揃える手も。

    本来RBは火力が第一優先ですが、まだ始めたての魔王候補生は生き残るのも一苦労かと思います。そういう方は防具をS被弾時やD被弾時に揃えて事故防止を図るのがオススメ。HPを盛るような能力構成も生き残りやすく強いですね。装飾のデバフ回避を専用に揃えてみるのも時間がかかりますが、効果が出やすいです。

    「DR特化」
    様々な編成を相手にするDR特化はどのように組み込めばいいか、非常に難しい話になってきます。ですが編成には役割がありますし、DR専用のモンスター達も数多く居ます。「チャイルド特化」に近い考え方になりますが、より実践的な能力を揃える事で勝ち星を取りに行けるようにしていきます。

    HPを盛るタイプのチャイルドに持たせて能力を最大限発揮。

    画像のような武器能力を付与しておくと、攻撃型、妨害型、回復型の汎用武器として使いやすいです。機敏性を重視する魔王候補生であれば、防具や装飾に機敏性関係の能力が集中しているので、そこを狙い撃ちしていきます。また、装飾品にはデバフ関係の能力が目白押しの為、DRで良い装飾品作りを行おうとすると装飾用細工石がマッハで無くなります。

    装飾Ⅱの混乱狙いで細工石120個以上が溶ける。まさに沼。

    DR特化を最後にしたのは、STEP4に半分足が突っ込んでいるからです。そう、既に「A以上の特定の能力を狙い撃ち」している為です。ではそんなSTEP4の内容はと言うと・・・。


    「STEP4」
    恐らくここまで来るには全員1年以上かかると推測する為、あくまで参考となります。その内容は、

    【全ての能力をAカテゴリ以上にする】

    ここが最終目標となります。
    結局の所、強力な能力は全てAカテゴリ以上に集中しています。ですので、細工石が4桁以上まで貯まるようなってきた頃にみんな狙い始めるでしょう。特に各装備品のⅠにあるSは必ず「全ステータス増加」能力があります。全ての装備品にこの能力が付くとSカテゴリのE能力であっても、「全ステータス1350増加」という意味不明の効果を発揮します。ゴリラかよ。
    他の能力もN・S・Dで分かれていた効果が「被弾時」に変わっていたり、各デバフ専用の効果が「デバフ命中率(回避率)アップ」とデバフの種類を問わなくなっています。

    詰まる所、汎用性のある装備品能力は全てAカテゴリ以上なのです。

    ですので、現状の魔王候補生で「汎用性の高い装備品」を持っている方は本当に少ないと思います。ですが、今は全員に300個配られただけではこんな事出来ません。コツコツと細工石を貯め、WB参加者全員分の装備品能力付与が終わってから考える作業です。まずはCカテゴリ狙いで雑に強くなるのが良いと思います。


    「終わりに」
    サラッと【細工】について書かせて頂きました。纏めると、

    STEP1:取り敢えず能力付与
    STEP2:Cカテゴリ狙いで能力厳選
    STEP3:各場面に応じた専用能力厳選
    STEP4:廃人への道

    といった感じですね。
    正直な話、鉄板の能力構成は全部SS揃えになります。ですが現状、「オススメの能力構成は?」と聞かれたら、「チャイルドに適した能力を付けると方向性が決めやすくていいよ!」と答えるしか無いです。魔王候補生によって正解が違うので、基本的にオススメ能力構成というのは無いんですよね。

    兎に角、まだみんな細工を始めたばかりですので右往左往していますが、ある程度の目標を決めて細工を行うと自分が納得できる能力構成を作成出来るのではないでしょうか?

    最後まで御清覧有難う御座いました。