【 #ディスティニーチャイルド 】今のWBについて【 #デスチャ 】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【 #ディスティニーチャイルド 】今のWBについて【 #デスチャ 】

2019-12-12 01:52
    どうも、FAKE?です。WB12thで1位取れました!
    新規ブログの進捗が引っ越しやら仕事量の増加やらで全くできていないので、こちらでちょこっと書こうと思いました。文字数が多いので、暇潰しに最適かもね!
    基本的な編成方法なんかは「吟味さん」(←クリックでジャンプ)で詳しく書いてます。
    この記事では今回のルール変更なんかによる影響がどのように作用しているかを書き記そうと思います。

    【今の編成あれこれ】
    現在は大まかに3種類の編成方法が存在します。
    デバフ型、ハイブリッド型、スタンダード型の三種類です。
    ※瞬間火力:上振れ時のダメージ量
    ※総合火力:ダメージ中央値の高さ
    ※編成難度:そのままの意味

    「デバフ型」
    瞬間火力:★★★★★
    総合火力:★★★☆☆
    編成難度:★★★★★
    ナヴィとバートリーをバフ対象に据え、超回転のデバフ祭りを発生させる編成。すべてのデバフが通りやすくなり、結果的に全体の火力が向上する。踊る刃による防御ダウンが常時入ってしまえば全員にバフを付与しているも同然。こんなムーブが弱いはずがない。デメリットは上級魔王候補生のみに許された編成ということ。つまり駒も凸も揃ってないとその凶悪さの鱗片も味わえない。

    「デバフ寄りハイブリッド型」
    瞬間火力:★★★★☆
    総合火力:★★★★☆
    編成難度:★★★★☆
    上記のデバフ型はバフがかからないと途端に火力が落ちてしまう。そこでブラウニーを投入して木属性(主にナヴィとバートリー)のリカバリを行う戦法を取り入れた型。バフ失敗時のダメージが安定する代わりに、瞬間火力を犠牲にしてしまう。安定を取る場合は選択肢として全然アリ。上級者に足がかかった中級者向け。

    「スタンダード寄りハイブリッド型」
    瞬間火力:★★★★☆
    総合火力:★★★☆☆
    編成難度:★★★☆☆
    スタンダード型にブラウニーを突っ込んだような編成。少しでもデバフがかかるように努力するだけで、火力は少なからずとも確実に上昇する。単純なスタンダード型の進化系とも言えるので、デバッファーが育っていなくてもブラウニーさえ居れば組めるお手軽さがある。逆にブラウニーが居ないと候補にすら挙げれない。初心者~中級者向け。

    「スタンダード型」
    瞬間火力:★★★☆☆
    総合火力:★★★☆☆
    編成難度:★★☆☆☆
    WB初回のケプリから今回のジヴァまで長きに渡り使われてきた戦法。ディーラーを強くして殴る、それだけである。シンプル故にディーラーの凸数がものを言うが、駒が揃っていない場合はこの型にせざるを得ないという一面も。3FT編成にすると火力の上昇を実感しやすい編成でもある為、編成に余裕があるなら狙ってみるのも良いかもしれない。中級者になるまではお世話になる編成だろう。目指せダメージ700万オーバー。


    【ルール変更で何が変わったか】
    今回から大きく3つのルールが変わりました。それについて詳しく書きます。


    「ドライブのルール変更の影響」

    以前は最大7体までドライブを選択し7体目終了後に1体目に戻っていたが、特定の人数でループするようになった。この変更はギルティネのドライブを最大限に活かそうとする運営の思惑が読み取れると同時に、ドライブの種類によってダメージの伸びが変わる事を意味する。ギルティネのような強力なドライブでFTを行うのと、バフ・デバフがかからないドライブでFTを行うとでは雲泥の差が生まれる。1体目と2体目のドライブも前以上に重要になっており、ダメージ重視なのか3FT狙いなのかで構成が大きく変わる為、自分の編成を理解していなければならない。

    このルール変更で重要度が増したチャイルドは間違いなくガネーシャだろう。彼女もギルティネ同様、ドライブがFTにフィーチャーしている。火属性はスタンダードな強さが売りのゴリラディーラーが多い為、ガネーシャの有無で火力が大きく変わってくる事は明白だ。
    ダメージ重視構成であれば火モナ(サンビーチモナ)が強力なドライブとして挙げられる。バートリーの踊る刃と重ねてやると、防御力がほぼ0になるのは破格と言わざるを得ない。スライドスキルもオンリーワンの能力で替えが居ないのも追い風になっている。もう暫くはWBの常連として居座り続けるだろう。
    3FT構成の場合は恒常チャイルドのアリアが使いやすい。今回は無凸でもギルティネを持っていればFTの火力が上がった為、3FTの恩恵は計り知れない。恒常の為、凸もしやすく前列に置ける耐久力に育てやすい。光有利WBであれば準ディーラークラスのダメージも期待できる。


    「ボスのデバフ耐性+30%の影響」

    明らかなナヴィ対策その1。初日であまりにもデバフが入らなくなった為、調べたらしれっと追加されてて本当にビックリした。
    サロメWBで登場したナヴィは特定の魔王候補生から「流石にヤバくね?」と噂され、実際その能力を最大限発揮し大暴れ。続くタマモWBでは不利属性にも関わらず、ナヴィとバートリーをバフブーストさせる「デバフ型編成」がそのまま通用し、破壊の限りを尽くしてしまう。流石にマズい、と思った運営が取ったのがこの耐性+30%というわけだ。安直ながら、実に効果のある耐性である。

    この効果を緩和するのはタマモWBから採用されていた戦法で、デバフ回避率ダウンのリーダーバフを採用するという編成だ。デバッファーの凸数が多ければ多いほどデバフの効果が上昇するため効果が出やすい。完凸レベルであれば総合的な火力はかなり上昇する。
    このルール変更で重要度が増したチャイルドは各属性のデバフ回避率ダウン持ちチャイルドとなる。火属性:火イブ、水属性:バベル、木属性:ナヴィ、光属性:ニルティ、闇属性:メデューサは各-15%となっている。
    そして全属性-12%のイピスは、各属性の-15%を持っていない場合に使用できる便利カードとして使用できる。闇属性のメデューサは防御型で攻撃力に乏しいので、ここをイピスにしても問題はなさそうだ。兎にも角にもイピスが非常に便利。そしてリーダーバフさえあれば良いので、無凸運用も可能。これはお財布にも優しい。

    …ここまで書いておいてなんだが、デバフ型編成は上級者向けのチューニングである。妨害型の凸数がそこまで揃っていないのに無理にデバフ型編成にしても、当然ながら火力は上がらない。寧ろ減るだろう。このルール変更の肝は、デバフ型編成をしないのであればあまり関係のない話になっているのである。しかし、あくまで「あまり」なのだ。どうしてもデバフ耐性によってスタンダード型も火力は減ってしまう。そうした場合に効果的なのが木属性補助型のブラウニーだ。WBなら確定で入るミダス、Nモナ、バートリー、ナヴィの加速装置として使用し、デバフを数撃ちゃ当たる戦法に変える。スタンダード型のアクセントとしても、デバフ型のリカバリーとしても優秀な為、完全なデバフ型編成が完成するまではお世話になるだろう。


    「ナヴィのスライドスキルナーフの影響」

    ナヴィ対策その2。名指しで運営から「お前は強くなり過ぎた。騙して悪いが…」と言われているようだ。実際ナーフ前の能力が超強力なのは確か。ナーフ内容は簡単に言うと、スライド効果を他のデバフに重ね掛けできなくなったというもの。これによってナヴィでフォローできない隙間ができる。ナヴィのスライド効果が無い隙間に他のデバフが入ると抵抗される可能性が高まり、デバフ効果を最大限享受できなくなってしまうという算段。

    ・・・のはずだったが、完成形のデバフ型編成はあまり実感できないナーフとなっている。バフブーストしたら隙間なんてそもそも無くなる。と言うか、コウガのシングルブーストだけでもほぼ隙間が無くなるので、デバフ寄りのハイブリッド型も実質被害無しに近い。一番被害を被ったのはこれまたスタンダード型という事になる。だが、スタンダード型を編成するのは基本的に初心者魔王候補生だ。まだ駒も揃いきっていない状態のはずなので、初心者はダメージを出す編成ではなく死なない編成を心掛ける。結果的にこのナーフが一番響くのは「駒はあるが凸が低めの中級者魔王候補生」という、とてつもないピンポイントな話になってしまうのだった。


    「上記結果でどうなるのか」
    初心者、中級者、上級者が更にハッキリする変更と言える。駒が揃う度に、凸が増える度に、今まで以上の加速度で火力が上昇していくだろう。特にナヴィ単体で言えばデバフ回避率やナーフの影響が大の為、中級者がWBで火力を出すならナヴィは真っ先に完凸を目指すべきチャイルドとなった
    デバフ型が最適解である以上、デバフ回避率ダウンのリーダーバフを持つチャイルドも活躍する可能性が出てきた。火イブをWB編成に入れるとは1年前なら誰も思わなかっただろう。
    そしてナヴィのデバフが時間系に相当するので、ボスが時間系デバフ無効を纏わない限りナヴィ無双は絶対に止まらない。これは今回のWBで確信した。
    時間系デバフが通るという事はランフェイが選択肢として挙がってくる。少しでもドライブを遅らせる事が出来れば、初心者でも長時間戦えるからだ。
    ガネーシャ系のFTフィーチャーチャイルドも各属性に今後登場するだろう。こいつらは無凸でもFT貢献が可能なので、積極的に取りに行きたい。


    「自分はいったい何級なのか」
    超簡単な測定方法がある。WB編成を構築したら、凸数を全部足して20で割ればいい。無凸は0として扱う。0~2.9なら初心者。3.0~4.9なら中級者、5.0以上なら上級者と言える。また、各型(攻撃型や妨害型、補助型)の凸数を人数で割った数値を出しておくと、正確に自分が火力を出しやすい編成が見えてくるのでオススメだ。

    全体の数値が低くてもデバッファーの数値が5.0以上であれば、デバフ寄りのハイブリッド型にした方が火力を上げる事ができるだろう。
    逆にデバッファーの数値が悪いが他チャイルドの数値が良好な場合、デバフ型ではなくスタンダード寄りのハイブリッド型にすると火力を上げられる。
    攻撃型の凸数のみ突出している場合は素直にスタンダード型で組むのが良い。下手に他の型に色気を使うと火力が落ちてしまう。

    ここに2FT編成か3FT編成か、防御に割く人数をどうするか、を調整していくのがWBの編成の基本になる。最初は全員死なずに戦闘を終えることに集中し、余裕が出てきたら防御を薄くしていって火力に回す。最初っからデバフ型を目指そうとせず、少しづつ編成を強化していくのがWBと上手に付き合うコツである。
    特に「駒は揃っているが、どの型にするべきか悩んでいる」中級者魔王候補生が多く見られた。一番編成に幅がある区間なので最適解を出すのは確かに難しい。だが上記の方法である程度の指針は立てれるので、是非活用して欲しい。

    「終わりに」
    暫くはWBが無いと思われます。それまでに少しづつ下準備を進めておくと良いですね。WBは総力戦なので、駒の数と凸数がモロに影響するイベントです。無理せず駒と凸を増やしていき、火力アップを目指していきましょう。特にナヴィ持ってる人は優先的に黄泉の花使っていきたいですね。

    次回のWBでデバフ回避率+50%とかになってたら上で書いたこと全部意味なくなるんで、運営さんお願いしますね?

    御清覧、有難う御座いました。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。