プロ野球12球団親会社の経営状況
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

プロ野球12球団親会社の経営状況

2016-09-22 22:16
    どこかのまとめで親会社の経営状況について語られていたので、
    2016年3月期の営業利益を調べてみました。

    ソフバン9994億
    -------------ほぼ一兆の壁-------------
    オリックス2877億円>広島(マツダ)2267億>阪神1102億
    -------------1000億の壁-------------
    楽天946億>西武659億
    -------------500億の壁-------------
    日ハム463億>ヤクルト400億
    -------------200億の壁-------------
    DeNA198億>ロッテ96億
    -------------斜陽産業の壁-------------
    中日43億>巨人-7.5億

    単位は円。中日は2015年、ロッテは2014年のロッテ製菓単体データ。
    中日はブンナビから拾ってきましたが中日新聞って業績開示してましたっけ?

    以下、印象。
    中日や巨人なんかはまとめ記事やコメントを見ると
    「不動産産業が好調」という謎の記述を見ましたが、
    とても本業の斜陽っぷりを支える規模ではなさそうです。
    なるほど確かに読売新聞グループ本社の2016年3月期の営業損失は7.5億円、
    それに対して当期利益は12億円ですから、
    営業損失を埋め合わせた利益の一部に不動産がある…かもしれません。
    しかしながら、阪急阪神HDや西武グループの「不動産事業」とは
    あまりにも規模が違います。
    例えるなら、トヨタグループにおける東和不動産とか、
    サンシャインシティ、世界貿易センタービル、東京流通センター程度。
    良立地にいいビルをちょっと持っていた程度では
    球団を所持するメリットも所持できるほどの利益もないでしょう。

    ちなみに日本テレビHDの営業利益は531億円、当期利益は368億円。
    ただ、日本テレビが巨人の地上波をやらなくなったことを考えると…

    あと、日本ロッテの立ち位置も見えてきました。
    日本における主力事業であるロッテ製菓だけで見ると、
    2014年3月期の営業利益は96億円、当期利益は25億円。(1ウォン=0.090864円換算)
    ロッテそのものは営業利益2300億円の韓国5大財閥ですが、
    その利益は製菓以外から(特にロッテ百貨店、ロッテケミカル)の寄与が大きい。
    製菓の数字は日韓連結なので日本ロッテ製菓はこれより規模が小さく、
    重光オーナーの立場が危うい今、ロッテが球団を売却する可能性は意外と高いと言えます。
    同じ食品と言えど、ヤクルトや日ハムとは事業規模にかなり開きがありますねー。

    ちなみにオリックス何をやっている会社かというと、
    自らを「多角的金融サービス業」と名乗る通り多角的なサービスを行っており
    一言では言い表せません。
    国内リース業最大手。他に不動産と金融業が柱。
    不動産業は用地取得から、建築、維持管理、運営、リース、投資顧問と
    「不動産」と名の付くことはすべて行えます。
    金融業も生保、銀行、クレジット、融資、債権回収等損保以外の一通りの金融業が傘下です。
    最近では弥生会計等のIT事業、オリックス電力による電力事業にも参入。
    2016年3月期の営業利益は2877億円、当期利益は2601億円で盤石。
    業績より宮内オーナー以外球団所有派が少ないことの方が問題。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。