1時間でお絵描き=ワンドロ、1時間で東方アレンジ=?
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

1時間でお絵描き=ワンドロ、1時間で東方アレンジ=?

2019-11-25 21:57
    まぁ呼び名は何でもいいんですけどね、こんばんは、F.J.C.です。

    いやぁ本当に楽しかったですわ、第11回東方ニコ童祭Ex。
    特に楽しかったのが東方半刻制作劇場っていう生放送企画でしたね。
    ランダムに選ばれたお題に沿って、1時間で絵なり動画なりをするという企画で、
    私はその中で一番しんどいであろう東方アレンジの部門に参加してきました!
    そのときに制作したアレンジがこれです!

    ちなみにそのときのお題がラジオ・CD・筆・ダンボールの4つだったかな?
    そのお題が発表されたとき、私は「ラジオしか東方アレンジで再現できねぇ」と考え、
    イントロとアウトロをラジオのチューナーを合わせるときの音にしてみました。

    そうと決まれば原曲を何にするか?もうね、その瞬間ピキーンときましたよ。
    今までで一番多くアレンジしてきたピュアヒューリーズしかない!ってね。
    でもピュアヒューリーズって1ループで4分以上かかる曲なので、1時間でアレンジして
    動画にエンコードして投稿するには間に合わないと判断し、後半部分のみを使用しました。
    そして制限時間に4分ほど遅刻しましたが、何とか運営側の温情で受け付けてもらいまして。
    本当は動画エンコード開始して4分ほどしたところでとあるミスに気が付いて、
    すぐにやり直したので本来ならば間に合っていたんだけどね。まぁしゃーない。

    とまぁ何とかかんとかアレンジは完成して提出することが出来た訳なんですが、
    ぶっちゃけ本来の制作スタイルならば1時間ではとてもじゃないけど間に合いません。
    ここだけの話ですが、お題が決まってピュアヒューリーズにすると決めた瞬間、
    既に立ち上げていたDAWでアレンジの制作を開始していました。
    これに関しては運営側もOKしていたのでいいのですが、さらに裏がありまして……

    もうね、予め用意していたプリセット使いまくりでベースラインもキーに合わせて固定して、
    ループ素材やワンショットのボーカル素材使いまくりで一気に仕上げたんですよ。
    もちろんラジオのチューナーっぽい音も一発勝負で録音しましたよ。
    そうでもしないと3分弱のアレンジとはいえ動画エンコードの時間に間に合わない。
    実際のところ、やり直しも含めて20分はエンコードに費やしましたからね。
    いやぁ古いPCだとこういうとき大変ですわとしみじみ感じました。
    そして何とか間に合った?ときは感無量でしたねぇ。やりゃ出来るじゃん!ってね。
    かつて1日でアレンジだったかオリジナル曲だか制作したことがあったけど、
    さすがに1時間は段違いの難易度だったことは言うまでもありませんでした。

    まぁそれはそれとして、今回の東方ニコ童祭Exには2曲ほど投稿しておりまして、
    ついでにそちらも貼っておきますね。



    どちらも前半はピアノ、後半はギターを使用したPsyTranceに仕上がっています。
    個人的には後者のAt The Endの方が出来は良かったと思っていたのですが、
    どうやら視聴者の方々には前者のDestroy'em Allの方が受けが良かったようです。
    そこらへんちょっと納得いかない部分ではありますが、せっかくのお祭りだったので、
    いまさら無粋なことを言って混ぜっ返すようなことをするつもりはありません。
    コメントもしっかり頂けましたし、そこそこマイリストにも入れて貰えたことですし、
    これ以上言うことなし!です。

    さてさて、後夜祭があるとはいえ、しばらくイベントがなくて寂しくなりますね。
    次のお祭りではもっとカッコいいアレンジを聴いてもらえるよう精進せねば。
    そのためにもコツコツと定期的にアレンジやオリジナル曲を投稿していこうと思います。

    ではでは!
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。