ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

  • ProcessingでR4のタイトルを再現する回 その3

    2018-08-01 17:38
    前回の記事

    http://ch.nicovideo.jp/FallenAngel-a_reaper_with_ribbon/blomaga/ar1635689

    で完成したといっていた、Processingを使ったR4のローディング画面の再現ソースコードをOpenProcessingにて公開しました。

    https://www.openprocessing.org/sketch/577059

    あとは例の黄色いタイトルを置けば完成・・・ですが、これはクリスタとかで描いてPImageを使って乗っけるのが早そうですね。でも今のところは考えていません。
  • 広告
  • ProcessingでR4のタイトルを再現する回 その2

    2018-07-26 18:48
    いつだかやってたR4のタイトルの再現
    http://ch.nicovideo.jp/FallenAngel-a_reaper_with_ribbon/blomaga/ar1538774

    思い切ってやってみたら完成しました。

    Lightクラスを作成し、この中でR4のタイトル画面のネオンサイン風の物体を作ります。このクラスを配列付きの変数で呼び出す

    Light[] Lights = new Light[10];
    ・・・

    Lights[0] = new Light(width - 20, height/2, width - 20, 347, 83, 99, 99, 0, Lights);

    ことで物体を複数生成しました。あとは実行中に

    stLocX = width - random(50, 200); // decide the first location.x
    stLocY = height/2 - random(-100, 100); // decide the first location.y

    Lights[update] = new Light(stLocX, stLocY, stLocX,
    random(320, 359), random(0, 99), 99, 99,
    update, Lights);
    こんな感じで呼び出していって、
    for(int i = 0; i <= maked; i++){ Lights[i].exe(); }
    実行。物体を増産できるところ、クラスは強い。

    え?詳細?今のところ、OpenProcessingあたりで公開を検討しています。
    データはもうひと手間加えてenty, pixivFANBOXあたりで配布しようかな。
    待てないならTwitterのDMに凸

    1日1Processing。しばらく勝手にお休みしてしまい、申し訳ございませんでした。
    8月から再開を考えています。今までどうりソースコードをここで公開していくと同時に、OpenProcessingでも公開、ひと手間加えてenty, pixivFANBOXで配布という流れです。

    それでは。

    ------------------------------------------------------------------------

    VJ出演の告知です

    ANISON TRIGGER VOL.8
    @青山EDITION
    7.28(SAT) 23:30 ~ (翌日)05:30 入場2000円
    ☑︎コスプレ参加OKです。
    ☑︎4000円(入場料込み)で飲み放題です。飲み過ぎ注意。
    ☑︎DJ17名+VJ5名が2フロアでアニソンを推しまくります。
    twipla.jp/events/324313

    AMNESIEL PSYTRANCE FULLON FREAKER & GRACE LOUNGE
    @中野heavysick ZERO
    7.29(SUN) 16:00 ~ 22:00 入場2500円
    怪しげにサイトランスを味わうイベントです。

    https://twipla.jp/events/323989

  • 堕天使の1日1Processing 28日目

    2018-07-11 19:07

    ( ^ω^)・・・

    第28弾。何が起きるかはProcessingにコピペして実行するまでのお楽しみ。
    同日連投。

    ソースコード
    ----------------------------------------------------------------------

    /**
    * 2018.07.05, Fallen-Angel_R-K
    * "Everydays Processing Day 28"
    **/

    void setup()
    {
    size(1280,720,P2D);
    smooth();
    noStroke();
    background(0);
    frameRate(60);

    textLine = createFont("SansSerif.bolditalic",60,true);
    }

    void draw()
    {
    translate(width/2,height/2);
    background(0);

    write();
    rectMove();
    RECTANGLE();
    rotate(angle);
    RECTANGLE();
    sizeAlign();
    }

    float thick = 50.0, angle = 0.0;
    float ratio = 1.0, move = 0.0;
    float c1x, c1y, c2x, c2y, c3x, c3y, c4x, c4y;
    boolean textPopUp = false;
    PFont textLine;
    float[] Rect = new float[5];

    void write()
    {
    if( abs(c4x - c2x) == 30 )
    {
    if(textPopUp == false){ textPopUp = true; }
    else{ textPopUp = false; }
    }

    if(textPopUp == true)
    {
    textFont(textLine, 60);
    textAlign(CENTER, CENTER);
    text("Visual Jockey", 0, -30);
    text("Fallen-Angel_R-K", 0, 30);
    }
    }

    void rectMove()
    {
    c1x = 0; c1y = - height/2 + thick/2 + 0.9*move;
    c2x = - width/2 + thick/2 + 1.6*move; c2y = 0;
    c3x = 0; c3y = height/2 - thick/2 - 0.9*move;
    c4x = width/2 - thick/2 - 1.6*move; c4y = 0;
    }

    void RECTANGLE()
    {
    rectMode(RADIUS);
    rect(c1x, c1y, width/ratio,thick);
    rect(c2x, c2y, thick,height/ratio);
    rect(c3x, c3y, width/ratio, thick);
    rect(c4x, c4y, thick, height/ratio);
    }

    void sizeAlign()
    {
    ratio = ratio + 0.1;
    move = move + 5.0;
    angle = angle + PI/36;

    if(frameCount % 180 == 0)
    {
    thick = 50.0; angle = 0.0;
    ratio = 1.0; move = 0.0;
    }
    }

    ----------------------------------------------------------------------

    Processingのダウンロードはこちらから。無料なので大丈夫。
    Processingのデータを解凍したらCドライブ(windowsの場合)に置いとけばOK
    https://processing.org/download/

    Processing was initiated by Ben Fry and Casey Reas. It is developed by a small team of volunteers. © Info