• 【牢獄姫杯参加構築】頑張るサザンガルドマリバナ【13勝2敗、最終1653、3位】

    2018-11-03 16:49

    |ω ▼ )おはこんばんちはだミィ~
    我が名はチラチ仮面。謎のチラーミィだミィ~
    今回は、ラスティ氏の主催で開催されたポケモン仲間大会、プリズンプリンセスカップ、別名牢獄姫杯に参加してきましたミィ
    かなりいい成績が残せましたので、記念に構築記事を書かせていただきますミィ☆なお、解説はめんどくさいので語尾にミィはつけないミィ~





    いつものサザンガルドマリバナです。
    7世代はこの構築で通す予定。
    以下個別紹介です。

    フシギバナ@メガ石(NNふーすけ)
    ヘドロ爆弾、地震、宿り木の種、光合成
    穏やか
    187(252)、108(0)、144(4)、143(4)、178(172)、110(76)
    H 振り切り
    D 臆病メガネラティオスのサイキネ確定耐え(臆病テテフのフィールドサイキネ確定耐え)
    S 4振りFCロトム抜き抜き抜き
    S7で使っていた個体の努力値構成を見直しました。長らくバナはSに振らずに使ってきましたが、みがわりポリ2にハメ殺されたのをきっかけにS振りを決意しました(H252きせきポリ2のみがわりが無振りメガバナのヘドロ爆弾を高確率で耐えるため突破できない)。
    みがわりポリ2のSラインが107と聞いたので108以上は確定。Dを無補正テテフのフィールドサイキネ耐えまでがっつり振って、端数をBとCに割り振った結果、S実数値110という数字に落ち着きました。大抵のバナミラーや、半分以上のレヒレの上が取れたこの調整は個人的には気に入っています。
    技構成はメインウェポンのヘド爆と呼ぶドラン・ジバコ・ウツロに刺さる地震、耐久バナに必須の光合成と耐久ポケとの対面性能を確保するやどりぎと外せる技がありません。
    バナの地震については諸説ありますが、少なくともD振りのバナには必須クラスだと思っています。めざ炎もほしいですけど!

    サザンドラ@ゴツゴツメット
    悪の波動、みがわり、挑発、はねやすめ
    おくびょう
    167(0)、×、110(0)、177(252)、111(4)、165(252)
    ガルーラ対策兼受けループをはじめとした受け気質なパーティに出します。最速にすることによって準速100属を抜けるのがグッド。グライオン入りがどうしても苦手なので、みがわりを搭載してギロチン・毒を回避するようにしたところ、勝率が大きく上がったため気に入っています。こいつと組まれることの多いドヒドイデ・ラッキー・エアームドを後述のガブのステロと合わせてハメ殺すのが基本戦術です。HSではなく火力確保のためCS振り。火力に降らないと「落とされないが落とせない」状態に陥り結局PP切れになって負けるのが嫌だからです。

    ギルガルド@ゴーストZ(la chocolat)
    シャドーボール、せいなるつるぎ、かげうち、キングシールド
    なまいき
    167(252)、70()、173(20)、70(0)、220(236)、72(0)
    H 振り切り
    D シールドフォルムで悪巧み積んだアーゴヨンの大文字確定耐え、ブレードフォルムでアーゴヨンの大文字確定耐え、11n調整
    B 余り
    S 個体値V(妥協した・・・)
    チノ「ココアさんがギルガルドになってしまいました…」
    というSSから生まれたココガルド。
    以前から構想にあったなまいきなココア。アーゴヨン絶対殺すマン。
    ダメージ計算にある通り、特殊耐久に関しては素晴らしい固さを誇ります。
    ブレードフォルムのこいつにアーゴヨンが死に出しされても択にならず、堂々とゴーストZをぶっぱなせます。ブレードフォルムにおいて無振りサザンドラと同じ特殊耐久を持つので、特殊相手にキングシールドの択による隙を見せにくいのも評価点。

    AC無振りでもギルガルドですので、それなりに火力も出ますし対面性能もあります。

    襷ギルガルドに対して特化シャドボ(55%〜65.8%)と無振りかげうち(28.7%〜33.5%)を耐えるため対面でなら返り討ちにできます。対面性能が自慢の襷ガルド、恐るるに足らず!さらに特化シャドボZを守るで凌いでからの特化シャドボも耐えるという、耐久力。とても魅力的です。

    技構成はシャドボは確定。対面性能確保のかげうち、オニゴーリと偶にバンギに撃つ聖剣、そしてキングシールドの構成。意外とキングシールドを使う機会が少ないため、どくどくかS個体値を厳選し直してジャイロボールもありかと思います。ナットレイが重いのでまさかのめざ炎とか・・・。

    マリルリ@こだわりハチマキ(Richert)
    じゃれつく、アクアブレイク、アクアジェット、はたき落とす
    いじっぱり
    207(252)、112(252)、100(0)、×、104(4)、70(0)
    安定と信頼のハチマキマリルリ。この子と同じ役割を与えられそうなレヒレやアシレーヌを使ったりもしましたが、どうにもしっくりこずここに戻ってきてしまう。全体的にSが遅いパーティなので、高火力の先制技はやはり大切なのです。


    テッカグヤ@イアのみ(iris)
    ヘビーボンバー、火炎放射、どくどく、まもる
    のんき
    204(252)、121(0)、159(172)、132(84)、
    こちらもいつもと変わらないバナの相方テッカグヤ。マンダミミッキュハッサムナットとたまにテテフの相手もしてもらっています。優先度の高い上記技構成にしていますが、これに加えてやどりぎとめざ氷とギガドレがほしいです。技スペ厳しすぎぃ!


    ガブリアス@こだわりスカーフ(Capitaine)
    げきりん、地震、岩雪崩、ステルスロック
    ようき
    189(44)、151(4)、116(4)、×、131(204)、169(252)
    某強者の構成を丸パクリしました。構築単位でゲロ重いリザードンを見る枠。他、特殊炎・電気への後出しを意識してDS構成にしてみました。使ってみると火力を落とした弊害はほとんど感じることがなく、リザY・デンジュモク等のめざ氷を一発耐えられるのは大きな強みだと思います。とはいえ何度も受け出せるはずもなく、使い方は慎重を期すべきかとは思います。

    技構成はテンプレですが、火力削っていっそめざ氷や火炎放射入れてみようかとか考えてます。下降補正かけた火力で意表を突こうとするのは悪いクセ?



    今大会の戦績はタイトルの通り13勝2敗で3位という自分の中では超のつく好成績でご機嫌でした。2敗のうち片方は選出ミスした挙句運にも見放されるというダメ試合。もう片方は主催者さんにボコられました・・・。

    最後になりましたが、対戦してくださった方々、主催者のラスティ様、ありがとうございました!

    主催者のラスティ様のページ:https://www.nicovideo.jp/user/38963083/video



  • 広告
  • 【ウルトラサンムーン】種族統一大会を開いてみた【ポケモン】

    2018-05-27 18:02
    ウルトラスーパーハイパーチャレンジお疲れ様でした!
    シャドースチールの時も思ったが・・・種族統一楽しいo(^∀^)o タノシイ♪
    せっかくこのために構築した種族統一パーティをこのまま解散させるのは惜しい・・・

    というわけで、大会開いてみたよ!
    エントリーはこちらをクリック!

    特に景品とかは出ませんが、一緒に楽しみませう!
  • ウルトラスーパーハイパーチャレンジに参加してみた@チラチーノ統一

    2018-05-27 15:46

    ウルトラスーパーハイパーチャレンジへの参加、お疲れ様でした!対戦してくださった方々、ありがとうございました!

    今回もシャドースチール同様チラチーノ統一で参加させていただきました。

    せっかくなので、使用したチラチーノ統一の構築記事と対戦雑記なんかを書きます。

    よろしければ見ていってやってください。





    チラチーノ@こだわりハチマキ

    NN:cereales

    AS252、ようき、スキルリンク

    スイープビンタ、タネマシンガン、ロックブラスト、アイアンテール

    純粋なハチマキアタッカー。非常に活躍してくれました。基本的には火力不足気味となるチラチーノですが、ラプラスやカイリューといったポケモンを相手に存分に腕をふるってくれたと思います。上から負荷がかかるため、先発させて良し、控えさせて良しと頼もしかったです。アイアンテールはミミッキュをはじめとするフェアリーを沈めるために入れてみましたが、メガディアンシーを一撃で葬るなど見せ場がありました。NNの由来はなんだったか忘れた。


    チラチーノ@こだわりスカーフ

    NN: ショコラ

    AS252、いじっぱり、スキルリンク

    スイープビンタ、タネマシンガン、ロックブラスト、はたきおとす

    シャドースチールでも使用したスカーフチラチーノ。当時と構成はまったく同じ。種族値上上をとってくるポケモンからさらに上をとり、補正ありの火力を押し付けていくスタイル。前回同様とても活躍してくれた子。NNはフレッシュチーズだったかな。


    チラチーノ@カクトウZ

    NN:farine

    CS252、おくびょう、テクニシャン

    きあいだま、めざ地、マジカルシャイン、アンコール

    本来チラチーノがどうにもできない鋼タイプへの対策枠。特にヒードランとジバコイルをどうにかするためのめざ地面。実際はカクトウZぶっぱして散っていくケースが多かった。他の型にも言えることですが、テクニシャン補正でめざパの火力が思ったより出るので、意外と対応範囲は広いように思いました。NNの由来は小麦粉。


    チラチーノ@たべのこし

    NN:チラニキ

    耐久調整残りC(確かメガハッサムのバレパン耐えだったような?)

    めざ炎、10まんボルト、アンコール、みがわり

    オスのチラチーノにしてめざ炎完全理想個体(A30)。6世代でコンテストを制覇したイケメン。我が分身。ハッサムナットをどうにかする型。仮想敵に備えてみがわりアンコを搭載してみたが、今大会では活きる機会に恵まれなかった。種族値にそぐわず、補助技を積極的に使ってくるポケモンの統一パが相手だと結構粘り強く戦えます。NNの由来は語るまでもない。


    チラチーノ@こだわりメガネ

    NN:Tournesol

    CS252、おくびょう、テクニシャン

    きあいだま、10まんボルト、めざ氷、マジカルシャイン

    シャドースチールにおいて、ガブリアスやランドロスに対して苦戦した経験を活かしてめざ氷特殊型を追加。仮想敵の耐久をぶち抜くためにメガネ搭載。今大会においては、統一パよりも幻入りのパーティに対して頑張ったこの子。なんとジガルデを2匹も狩ってくれました。かわいくってつよぉい!C65でも努力値振ってメガネかければ意外となんとかなります。NNの由来は小森まなみさんの名曲「ひまわり」から。


    チラチーノ@ハガネZ

    NN:カプリス

    AS252、ようき、スキルリンク

    スイープビンタ、タネマシンガン、ロックブラスト、アイアンテール

    シャドースチールにおいて2度対戦したミミッキュ統一に2度とも勝てなった怨みから生まれたハガネZ搭載チラチーノ。以前は守り神とのマッチングを警戒してのドクZだったが、種族統一で1ロムで一匹しか手に入らないポケモンの統一パなどそうそう当たるわけなかった。上記ハチマキ型と違って撃ち分けしつつフェアリーに最高打点をぶち込めるのがよかったです。NNの由来はフレッシュチーズだったか。


    総合戦績

    20勝25敗

    レート1450くらい?


    対種族統一戦績

    9勝7敗

    VSカイリュー 〇

    選出:cereales(先)、ショコラ、Tournesol、

    ハチマキチラチを先発させ、早期決着を図る。ロクブラが命中した瞬間相手の弱点保険が発動してキモを冷やしたものの、そのまま突破。2匹目も同じように落とせたものの、3匹目には耐えられ、神速2セットで先発ダウン。とはいえ十分な仕事をしてくれたので、後続に繋いで安全に勝利。


    VSテッカグヤ ●

    選出:farine、チラニキ(先)、Tournesol

    無理w一応10まんボルト持ち3匹を選出してみたものの、相手の先発がA特化(ハチマキ?)だったため、全員ヘビボンで一撃のもと沈められて終了。一体落とすのがやっとでしたわぁ。


    VSマッシブーン ●

    選出:farine(先)、チラニキ、Tournesol

    無理w特殊で攻めればなんとか・・・と思ったら相手の先発がスカーフ持ちで馬鹿力連打で何もできず終了。ビーストブーストで下がったAが元に戻るのが強いと感じました。


    VSフェローチェ 〇

    選出:cereales、ショコラ(先)、Tournesol

    無理wかと思いきや完全試合達成!スカーフチラチで上からビンタビンタして終了。今回はタスキ持ちがいないため、一発でもスイープビンタ外すと負けというおっかない試合でした。


    VSアバゴーラ 〇

    選出:cereales、ショコラ(先)、カプリス

    タネマシンガンで完全試合達成。草四倍勢は外しの危険もなく一番のお客様。今回はスカーフによる相手スカーフの対策も、ハチマキによる火力補強もできるので万全。


    VSミミッキュ 〇

    選出:cereales(先)、ショコラ、カプリス

    キタ━(゚∀゚)━!

    予定していた通りハチマキ持ちを先発させ、序盤から崩しに行きました。純アタッカーではなく補助型が選出され、でんじはやのろいを受けたりしてトリッキーに立ち回られてラス一対決まで持ち込まれましたが、最後はハガネZ決めて勝利。


    VSニンフィア ●

    選出:cereales、ショコラ(先)、カプリス

    ニンフの特殊耐久の前では特殊型が息してないので物理3体を選出。相手の先発に壁張られるわつぶらな瞳もらうわで起点作られておいわいZバトンでエース降臨。ハガネZぶっぱなして抵抗はしましたが、エースを攻めきれず敗北。


    VSアクジキング 〇

    選出:cereales、farine(先)、Tournesol

    マジカルシャイン持ち2体と火力のハチマキを選出。初っ端からカクトウZぶちかましましたが余裕で耐えられ、さらにでんじはまでもらって機能停止。しかもそのあと撃ったマジシャも耐えられるという不利展開。しかし、後続のメガネマジシャで相手先発を倒すと2体目を一撃で沈め、3体目は一発耐えられたものの、返しのアムハンを耐えて勝利。


    VSプラスル 〇

    選出:cereales(先)、ショコラ、カプリス

    何も考えずに上から火力押し付けたほうがいいと判断し、火力がある子から選出。命中重視でタネマシンガンを選んで完全試合達成。


    VSラプラス 〇

    選出:cereales(先)、ショコラ、Tournesol

    初手からアドをとるべく、ハチマキタネマシンガン連打。1体目はなにもさせずに突破できたものの、2体目には耐えられ、返しのハイドロポンプ+礫で先発が落とされます。が、メガネっ子が2体目を葬り、3体目も10まん2発で沈めてくれて勝利。Twitterでエゴサしたところ、どうもスカーフ持ちだったとか。レベル50での試合だったらわからなかったかも。


    VSドードリオ ●

    選出:cereales、ショコラ(先)、Tournesol

    上からロクブラで終了。そう思っていた時期が、私にもありました。先発でスカーフ同士が対面し、ロクブラ外して返しの飛び蹴りで終了。ちくせう!


    VSビビヨン 〇

    選出:cereales、ショコラ(先)、カプリス

    こちらも上からロクブラで終了。当たればな!スカーフを警戒して先発スカーフ。今大会はやたらロクブラを外す機会があり、そのせいで2~3戦ほど落としていますが、技範囲的に外せないのが悩ましい。


    VSニンフィア ●

    選出:cereales(先)、ショコラ、Tournesol、カプリス

    再戦!同じ人!そして負ける!初っ端からハチマキアイテを放つもあっさり耐えられ、あとは壁展開からのボコボコタイム。交換繰り返して壁ターン稼いだりしましたけど、ダメでした。初手からハガネZ撃つべきでしたね。


    VSドダイトス 〇

    選出:cereales、チラニキ、Tournesol(先)

    厳密にはナエトルとハヤシガメが混ざっていたため種族統一にあらず。だがそれがいい!相手の先発はまさかのハヤシガメ。こちらはメガネめざ氷で、と思ったら耐えられ、返しのタネ爆弾でぎりぎりまで削られました。あとから知りましたが、ハヤシガメって草単タイプだったんですね、そりゃ耐えられますわ。後続のドダイトスは2体ともメガネめざ氷で一撃でした。かわいくってつよぉい!


    VSジャラランガ ●

    選出:cereales、チラニキ、Tournesol(先)

    選出ミス!チラニキはマジシャ持ってません!展開としては先発にタスキステロで展開され、ジャラZ発動で全抜きされました。選出ミスしてなくても負けてましたね。


    VSゲッコウガ ●

    選出:cereales、ショコラ(先)、カプリス

    先発でスカーフ同士が対面し、対面構築にありがちな感じで終始有利に進められて終了。個人的にはゲッコウガは種族統一にもっとも向いたポケモンだと思っています。


    おまけ VS幻

    選出:ショコラ(先)、Tournesol、カプリス

    相手:マーシャドー(先)、ネクロズマ(ルナアーラ)、ジガルデ

    相手先発マーシャドーにこちらも先発スカーフチラチをぶつけ、タネマシンガンで抵抗。返しのインファイトで落とされる。マーシャドーが最速だった場合試合終了だが、いじっぱりだった模様。後続のネクロズマはハガネZをぶち込み、返しのフォトンゲイザーをミリ耐えして突破。ジガルデをメガネめざ氷で一撃のもと葬り去って勝利。


    ※総論

    種族統一、やっぱ楽しい!普段のレートとは全く違った感覚で対戦できるのがいいですね。公式で種族統一の大会とかやらないかしらん?