大学生活と吹奏楽 ~富山大学吹奏楽団第38回定期演奏会に行ってきた~
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

大学生活と吹奏楽 ~富山大学吹奏楽団第38回定期演奏会に行ってきた~

2019-12-09 01:07
    12月8日に、38回目となる富山大学吹奏楽団の定期演奏会に行ってきました。


    ミラージュホール
    <画像は終演後、16時半頃。>

    とみすいの定期演奏会は2016年以来3年ぶり2回目。演奏自体は昨年(2018年)の富大祭の時に黒田講堂で演奏していたたのを聞いた以来。1年ちょっと振り。


    ・プログラム
    <1部>
    1.ランドスケープ
    2.シンフォニア・ノビリッシマ
    3.魔女と聖人
    4.ケルト民謡による組曲
    <2部>
    5.マーチ「エイプリル・リーフ」
    6.カラフル
    <3部>
    7.靴が鳴る
    8.スーパーカリフラジリクスティックエクスピアリドーシャス
    9.シンフォニック・バンドのための「マイウェイ」
    10.イーグルス・メドレー
    11.キャラバンの到着
    Ex.として2曲(曲名忘失…)


    ここ数年気が狂ったかのように吹奏楽を聴きに行っていたが、就活の年であった今年は、例年行っていた石川県吹奏楽コンクール(全日)すら行っておらず、4月に兵庫県の加古川東高校の定期演奏会に行った以来で、3月の浜松市の選抜吹奏楽大会を合わせても2回、富大定演で3回という少なさだった。
    このような状況でしたので久しぶりに吹奏楽を生で聞けるのが楽しみだったし、実際2時間半という時間は久方ぶりに吹奏楽の世界・空間に入り込めてとても有意義だったと感じる。

    雑感としては、(初めて聞いた)シンフォニア・ノビリッシマがカルミナ・ブラーナっぽい、先述の理由から課題曲を聴けて良かった、靴が鳴るのトランペットから始まりサックスで終わるソロの部分のサックスが非常に良かった(数ある奏者の一人というよりも一人だけ”(サックス)プレーヤー”がいたって感じ。)、トランペットも割と高い音だったのに耳に突き刺さるような音ではなく、優しい・丸みを帯びた音に感じこちらも良かった、スーパーカリフラジリクスティックエクスピアリドーシャスを試しに5回発声してみたけど上手くいかなかったので司会の方は大変練習されたのだろう、など。



    少し話は脱線するが、大学生活を送っていく中で吹奏楽というものが私の中で大きくなった。きっかけは確かに「武田綾乃『響け!ユーフォニアム』シリーズ」のよるところが大きいが、作品に関係なく東は浜松、西は加古川、いろいろな土地で吹奏楽を聴くようになったし、また所属していた学校の定期演奏会以外にも足を運ぶようになった。
    ”五福”という場所での大学生活で見つけた「第六の幸福(六番目の幸福)」(の一つ)は吹奏楽だった、と間違いなく言える。(内定先が吹奏楽でよく行く地域の企業で、吹奏楽がなかったら受けていなかったであろうし、もしかしたら内定もまだ貰えてなかったかも?)
    来年からは社会人になり、大学時代より気軽に行くことは難しくなるのかもしれないが、吹奏楽自体はこれからも聞きに行きたい。富山(北陸)から離れ、関西で暮らすことが決まっているので龍谷大や近畿大、OSB、西宮市吹奏楽団、中国地方の広島大など楽しみだし、とみすいに関しても旅行を兼ねて来たい。宇奈月温泉とセットにして来るのが良いのかもしれない。閑話休題。


    吹奏楽に限定せず、音楽は日々の生活に彩を、人を豊かにするものであると感じている。4年生は社会人生活の開始を機に辞められる方もいるのかもしれないが、是非音楽を続けて、(烏滸がましいことかもしれないが)人々の生活をよりよいものに、豊かさを与えてほしいと思う。またそれは他人だけではなく、奏者自身にも与えるものだと思っていますので、お手すきになられましたら何卒よろしく。


    話がごちゃ混ぜになってる気がするが、要約すると、定演は非常に良かった、是非音楽続けてね、というお話でした。
    お疲れ様でした。



    ■追伸
    8番で一人反省会。
    28日の金大定演は行けたらいいのだが、どうなるかな。

    大学時代に行った定期演奏会・コンクール(2015‐2019)を数えてみると、
    高校定演…14回(8校)
    高校コンクール…18回(石川全日、石川中日、富山全日、北陸、関西、選抜)
    社会人・一般コンクール…1回(石川全日)
    アンコン…1回
    大学演奏会…5回(富大、金大、龍大)
    一般…2回(北宇治、北宇治OB。北宇治は中身は洗足学園大だからどっちなんだろ…。OBは純粋な社会人からなる団体だけど)

    計39回・日。(北陸の職場・一般と高校大編成の同日開催の重複を1つとして計算)結構行ってた。
    年ごとだと、
    2015年が7回
    2016年が15回(!)
    2017年が10回
    2018年が4回
    2019年が3回

    2016年は5月から8月にかけて毎月吹奏楽の定演なりコンクールなり足を運んでましたね。(当時のレポート記事がブロマガの過去記事にある。)

    コンクールの魅力は色んな団体の、様々な曲を聴けることと、ホールで生で聞いた時に感じたことを買ったCDで振り返りながら聞けること(聴きながら記事を書けること)にある。これが物凄く好き。

    以上。
    (この記事はダンス・セレブレーションを聴きながら書きました)
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。