ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

MG ダンバイン<後編>【プラモデル】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

MG ダンバイン<後編>【プラモデル】

2016-01-16 11:26
    <前編>からの続きです。


    外装が付くと一気に見違えますねw 突然カッコ良くなったな。


    完成です。羽と巨大なオーラコンバーターが目を引きます。
    私の作成したキットは足首の関節がゆるゆるだったので、スタンドを使用しています。


    各部アップ。腕や足の「爪」は、半透明というか乳白色で成形されており綺麗です。


    肘・膝は二重関節ですが、90度ぐらいの可動です。オーラソードの抜刀体勢も可能です。
    手首は2パーツ構成ですが、外れ易いので接着した方が良いです。接着しても剣は持てます。


    コクピット開閉。左右に開いて中央のを上に跳ね上げます。
    パイロットは接着しなくても結構シッカリ固定されます。


    バックショット、オーラバトラー独特のシルエットですねぇ。羽はモールドを強調するため、クリアーイエローを3回塗り重ね、ダークブラウンでウォッシングしています。


    羽は背中の接続部にも可動軸が有り、かなり大きく動かす事ができます。
    オーラコンバーターも基部と背中の接続部に可動軸が有るので、想像以上に動きます。


    【オーラショット】
    劇中で良く見る装備ですね。合わせ目は中央の段差になってるので目立ちませんb


    カートリッジは着脱可能で、射出口が開口されています。爪も若干ですが可動します。


    両腕に装備可能です。劇中で両腕に装備した事は無かったかなぁ? 記憶に無いですね。


    【オーラシュート】
    オープニング映像で幅広ビームっぽいのを出してましたね、歌でも言ってたしw
    劇中で使用予定だったのかな? 見てみたかったですね。


    合わせ目処理が必要なのは肩アーマーぐらいで、成形色のままでも良い感じに仕上がります。

    MGダンバインのシリーズは、このキットのみなのが残念ですね。
    ビルバインはキット化して欲しかった・・・

    キット自体は、MGガンダムのシリーズとは一風変わったパーツ形状・構成で、新鮮な気持ちで組立てられる、なかなか楽しめるキットです。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。