HALO4 Dispatch CTF
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

HALO4 Dispatch CTF

2014-05-05 19:04
    こんばんは、GK7です。
    今回はDispatchです。綴りが分からなくてGoogle先生に頼りました。えへへ。

    ・リスポーン!
     恒例のリスポーンチェックタイム。と言っても今回は構造上GRYBの内一箇所だけ見てしまえばおよそ全体が掴めるので楽。



    赤丸:リスポーン 赤白○:GYにだけあるウインドの中のリスポーン
    大体こんな感じ。一応ウインド手前にリスポーン自体はあるけど、沸くことは稀。

    ・フラッグの取り方
     まずどこかのタイミングで2Downを(ryっていうのはSimplexと同じ。あとは左右どちらかのウインドに固めて、そのウインドを以下の画像の通り3方向から挟撃する。イメージとしてはウインドに蓋をする形である。一方向でも崩されるとそこから敵が抜け出してしまうのでラインを維持するような形でのステイアライブも大事。


    この動きで攻め入った側のリスポーンの沸き潰しを兼ねた動きになるのである。半端に挟撃してはダメ。やると決めたら呼吸を合わせて一息に倒しきる!ここで半端な動きをするのはNG。

    ・復路
     SimplexのFlagと最大の違いはここ。Simpはリスポーンが決まればそのまま入れられる可能性が高いが、Dispatchはウインドを経由して帰る場合21-22秒かかる。つまり倒した4人がFlagを持ち帰るまでに全員復活して、持ち帰るのを妨害できるのだ。
     対岸のウインドで沸いた敵の選択肢は①Flagに触って持ち持ちにする。②先回りしてスレイヤーする。③ピラーやR3に留まりスレイヤーする。という選択肢を取れるのだ。画像にするとこう。



    ピラーから射撃する敵R1経由等を経由してワンタッチにくる敵、R3やFlagの真後ろを追う敵
     Flagをせっかく持ち帰ってきたのに奪還されてしまった・・・そんな時、敵ははこのような動きで止めにきている可能性が高い。
     某お人のセリフだが
    綺麗にリスキルしてFlag運べるチャンスは少ない。だからこそしっかり持ち帰って確実に一点入れることが大事。」
     このセリフがDispatchにおける最大のポイントなのだろうと思う。

    往路については以下の通り対応する。




    赤:味方 緑:視線の動かし方 黄色:Flag
     往路に関しては、R3に一人、Flagの前後についてスムーズに運べるサポートが一人が必須。もうひとりは状況に応じて自由に動いてスレイヤーが理想。(リスキルの段階で一人死んでしまった場合はこの役目は諦めて復活してからスレイヤーに回ってもらう)画像の例ではFlagにもどって自陣に向かう敵をさらに後ろから一方的に撃てる形にしている。

     これで持ち帰れば1点Get!おおまかなFlagの流れはこれだけである。実はシンプルなのだ。しかしながらDispatchはその構造上押さえると有利になる部分が多く、それが俗に聞かれる「Dispatchは判らない。」という部分に繋がるのだと私は思います。Flagの基本の流れは上記の通り押さえつつ、Dispatchならではの要衝を押さえていきましょう。

    ・スナイパー
     このMAP最強の武器。相手は死ぬ。ただ持ってるだけで強い。とにかく強いのでしっかり秒数管理していきたい。相手側のも含めてかっぱらってくる勢いだとなおBene。当てられないよーっていう方も兎に角持っておきましょう。相手にスナイプがないってだけで有利なもんですよ。

    ・OB
     このMAP最強の盾。相手は死ぬ。取られると本当に辛い。のでしっかり秒数を)rySimplexの時もそうですが可能であればジャスト取得を目指しましょう。味方が早めにR2にいるのであればどこからR2に向かってる敵がいるかコールアウトしてあげるとR2の人は助かります。特にR2にスプリントしながら入る方が多いので、先にコールアウトで侵攻方向が判明していればスプリント解除中の敵を一方的に撃てる可能性が高い。
     OBを意識する場合最短取得のために1人は必須ですが、距離が遠い方もコールアウトや取りに来る相手に射撃をあて、減速させるなどできることはあります。Flagにも言えることですが共通の価値観を持って行動を合わせていきましょう。

    ・R3
     何が強いの?
    ①MAPほぼ全域を見渡せる。
    ②死ににくく、倒しやすいポジション。
    ③味方との挟撃が確定。
     箇条書きだとこんなところ。これだけだけど、R3を制したほうがDispatchを制すると言っても過言ではないHALO4に置ける屈指の強ポジ。まじで強い。押してる側=R3を長く保持していたチームなレベル。
     ちなみにここをとられた場合、降ろすのが最優先だが一方向からの射撃だけでは困難なので引かせるだけでも効果はあると考えておこう。下記で触れるがR3の生存率は異常。コールアウトでもかならずR3のどの色側にいるかをコールするのが肝要である。


    ・最短中央ルート
     基本を覚えるまでは非推奨。ただしそれなりにメリットはある。中央突破の場合、復路の時間が13-14秒である。つまり①同時に3-4Down取れた②Flagにタイムラグなしで触れる。③残りの敵の位置を完全にチームメイトが把握している。この③条件が揃えば狙う価値はある。先に書いた復路のリスクが少ないまま持ち運べるのだ。

    ・まとめ
     グッとおしてダダっと取ってグルっと見回してネットリ足止め。正直Dispatchは私が最も苦手とするMAPでもありますので、ここに書いてるよりも良い方法があるかもしれません。MAP研究をするときは誰かと話しながらフォージでグルグル歩いて見ると良い発見があるかもしれませんよ。





    ・おまけ
     ささいな位置取りで生存率UP!
    以下の画像二つをご覧ください。






     おわかり頂けたであろうか。上記はウインドに対して全身丸見えで隠れるまでに2Shotはもらってしまう位置。下記はウインドをみつつ撃たれたら即時隠れられる位置なのである。おなじR3でも、位置取りを意識するだけでダメージを大幅に抑えつつ同じだけの仕事量をこなせることができる。第三者視点で自分の動きを見ることは少ないけれど、こういった形で色々探して見るのも面白いですよ。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。