『盾の勇者の成り上がり』4話の感想
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

『盾の勇者の成り上がり』4話の感想

2019-02-01 13:28


    第4話「暁の子守唄」
    波が去ったのも束の間、メルロマルク城での祝宴のさなか尚文は元康から決闘を挑まれてしまう。奴隷を使役するのは勇者にあるまじき行為であり、即刻、ラフタリアを解放せよというのが元康の言い分なのだが……。

    脚本:江嵜大兄 絵コンテ:阿保孝雄/黒田結花 演出:孫承希
    作画監督:山村俊了/山本善哉/大高雄太/志賀道憲/池津寿恵/樋口香里

    今回も良かったです。
    尚文をラフタリアが庇ったところがいいなと思いました。
    誤解されたままでは悲しいから。
    元康は勝手な奴だなと思いました。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。