『不機嫌なモノノケ庵 續』11話の感想
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

『不機嫌なモノノケ庵 續』11話の感想

2019-03-25 12:42

    第十一話「帰居(きい)」
    脚本/吉岡たかを 絵コンテ/川崎逸朗 演出/ながはまのりひこ 総作画監督/高橋敦子
    作画監督/Kim Hyun Ok、Lee Sang Jin

    <ストーリー>
    安倍と芦屋は、妖怪のコモンの依頼で、コモンが面倒を見ていた5匹の小鳥妖怪を隠世に祓うことになる。
    ただ、5兄弟の末弟チュンゴはまだ飛ぶことが出来ず、隠世での生活には対応できそうにないため、コモンのもとに置いていくことになっていた。
    そんな中、訓練場の吊橋から落ちそうになるコモン。それを引っ張り上げて助けたのは、飛べないはずのチュンゴだった。何かを察する安倍。 チュンゴは飛べないふりをしていた理由とは――?

    いい話だなと思いました。
    チュンゴ可愛かった。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。