【東北ずん子×MTGO】瞬速のずんだ!反省会その26【ボロスバーン】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【東北ずん子×MTGO】瞬速のずんだ!反省会その26【ボロスバーン】

2017-11-09 14:50
    お久しぶりです、ぐらと申します。

    マジックオンラインを始めたので、
    対戦の模様を動画編集してみた
    …のは良いのですが、
    動画内で触れられなかった部分や、
    コメントで初めて気づいた部分が多々あったので、
    こちらの方で言い訳…振り返って補足していこうかと。
    (MTG歴1年半ちょいなので、うまく説明できないかもしれないですが…)

    今回は第26回目、【ボロスバーン】とのマッチ戦:第2ゲームの様子を編集した
    動画その26についてです。

    コメント返しの前に、今回の動画ですが…
    6,000再生突破と、多くの広告(19,800pt!?)、
    そしてニコ動デイリーランキング81位を頂きました!

    みそ様、ameretat様、ツグン様、ふらいごん3様、
    きりしばる様(10ダメージ5ドローソース…)、予想外様、バヰケン様(いーやーでーす)、
    へやきた様(サイドから抜けてもロストレガシー茜の名は残るのでは…)、
    Kahmin様、TOY様、くっぱ様、89番様、sunatuki様、
    朧月様、金玉漂流在外様、紫衣様、nene様、緋勇様(2回!)、クルメガ様、
    空星様(それこの前紙の対戦でやったやつですね)、けももっ様、ピトー様、シャンディ様、
    める様(平日の夜と休日の午前中が狙い目)、
    そして立ち絵をお借りし、イラストを頂きました矢車草様、
    宣伝頂き、誠にありがとうございます!

    いつもお名前を次回の説明文に載せていたのですが、
    ついに動画説明文の枠に収まらなくなってしまいました…

    ■サイドボーディング

    コメント返しの前に、特に指摘がなかったのですが、
    当時のサイドボーディングは確かこんな感じです。

    Out
    《思考囲い》×3         中盤以降に引いても使い道がないため。
    《霧縛りの徒党》×1       全体のマナコストの軽減に1
    《ヴェンディリオン三人衆》×1  全体のマナコストの軽減に2
    《謎めいた命令》×1       全体のマナコストの軽減に3
    《ヴェールのリリアナ》×1    全体のマナコストの軽減に4

    In
    《集団的蛮行》×3 ハンデス、除去、ライフドレインと、このマッチのキーカード    
    《滅び》×2      打ち消し損ねたクリーチャーを一斉に除去するため1
    《仕組まれた爆薬》×2 打ち消し損ねたクリーチャーを一斉に除去するため2

    今考えると、《仕組まれた爆薬》まで入れる必要はなかったかなと思ったり。


    ■『うぽつ、うぽつ~、お前の動画を待ってたんだよ!』など


    いつもありがとうございます。
    反省会では約半年ぶりですね…

    ■『この(ゴブリンの)先達君たち気前良すぎない?』

    《ゴブリンの先達》3体が土地を3枚、
    次のターン2体が2枚土地をめくって手札が一気に5枚増えた場面。

    この試合はサイドチェンジ後の第2ゲームなのですが、《稲妻のらせん》をはじめとする多様な呪文が飛び交っていた第1ゲームよりも採用を優先したのはこれがあったからです。展開がほぼ変わらない試合だったので、両方採用するのもつまらないですからね。

    今回に限ったことではないのですが、採用試合で迷ったときは、より再現性が低い方を重視しています。

    なお、お相手からも「こんなの見たことない(笑)」とチャットをもらいました。

    別コメントでありましたが、《汚染された三角州》を先に置いているのは《ゴブリンの先達》で土地以外のカードがめくれた時のシャッフルのためです。また今回に限った話ではないですが、めくれたカードを優先して置いているため、必要以上に手札の情報を公開しないようにしています。


    ■『(僧院の)速槍のバウンスって意味ないなー』

    《僧院の速槍》2体が攻撃したターンの終了ステップに
    1体を《謎めいた命令》でバウンスした場面。

    《僧院の速槍》を唱えた時点で、お相手の手札が2枚。【バーン】というデッキの特性上、手札にクリーチャーや土地を抱える必要はないので、間違いなく火力呪文、特にインスタント火力と思われる状況でした。

    このターンの《謎めいた命令》は間違いないのですが、まず最初に取れる対応として、
    ①.2枚目の《僧院の速槍》を打ち消し&クリーチャーのタップ
    ②.2枚目の《僧院の速槍》を通し、果敢狙いで唱えた次の火力呪文を打ち消し&クリーチャーのタップ
    この2つだと思われます。

    改めて考えても、クリーチャーを1体のままにし、かつ果敢も防ぐ1の選択肢が最良だと思うのですが、2ターン目に《ゴブリンの先達》が3体並ぶ光景を見せられてしまったので、もう1枚クリーチャーがあるかもしれないという疑念を払拭できませんでした。

    そうした理由で②の選択肢を選んだわけですが、お相手は何も唱えないまま終了ステップに。

    《祖先の幻視》待機明けまで残り1ターン。この手札で巻き返すには《謎めいた命令》で《速槍》1体をバウンスし、次のターン《霧縛りの徒党》で《速槍》1体とにらみ合いの状況を作るしかありませんでした。

    ちなみに、《速槍》が2体いると火力(おそらく3点)、果敢誘発で攻撃し、どちらか1体の攻撃が通って(2点)ちょうど5点で負けてしまいます。

    覇権できるのが《変わり谷》1枚だけなので、これが除去されれれば投了ものでしたが、
    その可能性は考えない上での行動でした。

    改めて書いてみても、《霧縛りの徒党》での攻防をせざるを得ない以上、やはり最初の《速槍》は打ち消すべきでしたね。


    ■『記憶よりテキストをだな』


    《灼熱の血》に対して、《霧縛りの徒党》で対象のフェアリーを追放すれば対象立ち消えで回避できるところを、覚えていたテキストがあやふやだったため、《呪文づまりのスプライト》の能力で打ち消している場面。


    《スプライト》を唱える前にMO上で確認はしているのですが、
    プレイヤーとクリーチャーをそれぞれ対象に取る《焼尽の猛火》と完全に混同していますね。

    この時お相手の手札が0枚。そのままアップキープで《霧縛りの徒党》で土地をタップさせて終わりなので良かったですが。(というか手札枚数を確認してこういう使い方をしたわけですが)




    ■『全部で殴る必要ないんだよなぁ』


    ライフ14点のお相手に対して最後の攻撃。《忍び寄るタール坑》×2、《呪文づまりのスプライト》×2、《霧縛りの徒党》×2の計16点の攻撃力で戦闘した場面。

    《スプライト》の攻撃が必要ないか、《タール坑》1体の起動をやめて《集団的蛮行》の2点ドレインに置き換えても問題ないのですが、この辺りって他の方どうしているんでしょうね?
    ちなみに私は除去やダメージ計算ミスで落とした試合もあるので、最後の一撃は…せつなく全軍突撃させる人です。


    では今回はここまでです。
    次回は、この頃はトナプラに行けば投稿者とばかり当たっていた内の5戦目、晴野さんの【壁カンパニー】とのマッチ戦:第3ゲームの様子を編集した動画その27について、
    コメントやプレイングについてあれこれ書いていく予定です。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。