【東北ずん子×MTGO】瞬速のずんだ!反省会その29【向こう見ずな実験】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【東北ずん子×MTGO】瞬速のずんだ!反省会その29【向こう見ずな実験】

2017-11-16 13:08
    お久しぶりです、ぐらと申します。

    マジックオンラインを始めたので、対戦の模様を動画編集してみた
    …のは良いのですが、
    動画内で触れられなかった部分や、コメントで初めて気づいた部分が多々あったので、
    こちらの方で言い訳…振り返って補足していこうかと。
    (MTG歴1年ちょいなので、うまく説明できないかもしれないですが…)

    今回は第29回目、【向こう見ずな実験】とのマッチ戦:第1ゲームの様子を編集した
    動画その29についてです。


    コメント返しの前に、今回の動画ですが…
    7,000再生突破と、多くの広告(18,000pt!?)、
    そしてニコ動デイリーランキング119位を頂きました!

    ameretat様、東北イタコ様、とぅるき様、
    へやきた様(ロストレガシー茜からロストレガシー取るの…?)、
    celtist様(眼福眼福)、かかし様(デッキビルドの独創力が羨ましいです)、
    チャンドラパパ様(最近コンボと当たらなくて出番がないです…)、
    める様(勝因の7割は右手依存)、金剛様、予想外様、あオ様、ふらいごん3様、
    生薑湯様、すとんP(はんかく)様(こういう対戦はなかなか珍しかったです)、
    ななし様、こるの様、部長様、ツグン様、@glmd様、すらちー様、
    東北の女神様、緋勇様(3回!?)、空星様、
    きりたんジャンク様(締め切りに間に合えば問題ないのです)、
    nene様、けももっ様(ご都合ドローは主人公の特権なので)、

    そして立ち絵をお借りし、イラストを頂きました矢車草様、
    宣伝頂き、誠にありがとうございます!

    いつもお名前を次回の説明文に載せていたのですが、
    ついに動画説明文の枠に収まらなくなってしまいました…

    ------------------------------------------------------------------------------------------------

    ■『うぽつ、うぽつ~、貴方の動画を待ってたんだよ!!』など

    いつもありがとうございます。
    この頃はFight the VOICEROID 2017 "Origins"本戦直前で何も手がつかない状態でしたね。


    ■『デッキわかんなくて楽しいw』

    《思考囲い》で見たお相手の手札から《強き者の優位》が出てきた場面。

    この頃はいつもTournament Practiceに潜って対戦していたのですが、今回のようないわゆるメタ外のデッキと当たることも多く、復帰以降メジャーなカードしか追っていなかった自分にとっては、(動画の撮れ高的にも)新鮮で楽しいです。

    【フェアリー】というデッキの特性上、お相手の挙動を捌き切るためにそのデッキを見極め、把握する能力は確実に活きるため、幅広いカードを見られる環境はとても有益です。

    (…さすがにJust for Funに行くのはダメだと思いますが)



    ■『プロテクション(すべて)はやばい』

    《向こう見ずな実験》と《強き者の優位》により、《白金の天使》がすべての色に対するプロテクションを持って現れた場面。

    前の項目で記載した考え方に基づき、【ヴァラクート】などのサイドボードに積まれている、《向こう見ずな実験》と《白金の帝像》のコンボだと決めつけて動いていました。《否定の契約》が見えた段階で、ここまで察する必要があったんですけどね…

    飛行・到達持ちのエルドラージに止められるため、別の対策が必要だと思いますが、他のカードのシナジーも含めて、対戦中は常に驚かされました。


    ■『なんやこの呪文…』

    《謎めいた命令》で《強き者の優位》を手札に戻させようとしたところに《栄光の幕切れ》が飛んできた場面。

    直前の《思考囲い》で2枚あることは確認したのですが、『アモンケット』の新カードのはずなのに、細かい効果を知らなかったんですよね…

    ちなみに、《思考囲い》ではなく《呪文づまりのスプライト》を構えていれば問題なく勝てた場面ですが、この時の手札が5枚。土地である可能性はまずない場面だったため、すべてが呪文。しかも現状使い道のなかった打ち消し呪文である可能性が非常に高かったため、情報を引き出して次の対戦に備えるための、いわば"諦めの一手"でした。


    完全に勝ちの目がない状態での《思考囲い》や《ヴェンディリオン三人衆》よる最後の情報確認はよく行なうのですが、今回はまだ勝ちの目がある以上、これは選ぶ状況ではありませんでしたね。


    ■『クロパのくせに対応力高くてズルい』

    《栄光の幕切れ》により強制的にこちらのターンになった最後のドローで引き当てた、残された唯一の勝ち筋である《ヴェールのリリアナ》の-2能力。(引けたのはもう主人公補正とかそういうレベルの何かだと思いますが…)

    元々このデッキは極端な相性差がなく、解答を引き、それを間違いなく使いこなすことができればどんな相手ともそこそこ戦える…を目指して組んでいます。(理想論かもしれませんが)
    実際、続く第2ゲームでは危なげなく勝利しています。

    主な勝ち手段も《苦花》《霧縛りの徒党》《忍び寄るタール坑》《ヴェールのリリアナ》《殴打頭蓋》と分散されており、お相手がサイドボーディングで悩まれる話をよく聞きます。(この対応性と多様性がないと、この動画のネタすぐに無くなっちゃいますし…)
    ------------------------------------------------------------------------------------------------

    では今回はここまでです。
    次回はいよいよ投稿者大会【Fight the VOICEROID 2017 "Origins"】編
    第1回戦:『きりたんコントロール』を投稿されている、あオさんとのマッチ戦の模様を編集した動画その30について、コメントやプレイングについてあれこれ書いていく予定です。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。